FC2ブログ
ファイナルファンタジー13 プレイ日記16
第11章 グラン=パルス
ミッション35からファルシ=タイタンの試練となっていて連続クエストとなっています。
途中で止めることが出来るというので始めたのですが、D1(41番)のトンベリ3点セットで躓きました。
1匹でも苦労するのに!
違うルートで再スタートしましたが、次に辿り着いたE3(47番)も3度失敗したので、ストーリーを進めることにしました。

ヲルバ郷の冥碑はワープポイントではなかった。
イベントを見させる為の物でした。
ヴァニラ達が使命を果たした後に置かれた物らしく、彼女達の戦いにについて記された物でした。
ここに出てくる女神はバルトアンデルスが待ち望んでいる神とは違うのかな?
なんで女神はコクーンが破壊されるのを防いだのかしら?
グラン=パルスのファルシは何故、コクーンの破壊を使命にしたのかな?
こういう疑問は、ストーリー上で説明されるのかしら?
ここまで話は淡々と進んで、説明はクリップで、とされるとストーリーや世界観が分からなくなってくる。


第12章 聖府首都エデン
自分達の意志でファルシの思惑を止めるために、コクーンに戻ることにしたご一行。
(この辺の感情説明もクリップとは少々味気ない)
なにもそんな派手な場所に飛び込んで戻らなくても良いじゃないですか。
飛行機からレース会場に舞い降りる。
このシーン、PVであったね。
ずっと思っていたけど、FF13ってゼ○サーガと似てない?
ストーリーが淡々と進んで、説明がメニュー上でされるところ(Ep3)とか
PVがストーリーの全てであったところとか(Ep2。FF13の方はまだ終わっていないので全てとは言うのはなんですが、見せ場の多くがPVに出ているということで)

レース場を召喚獣で縦横無尽に駆け巡るのは良いですが、目的はなんですか?
聖府首都エデン中枢部に行きたいなら、もっと地味に行くほうが良いのではないでしょうか?
無駄な体力や殺生をやらずにすむ。
まあ、鳥さんに落とされたのかもしれないけれど。

グランプリサーキットではオーディンに乗ったライトニング1人で守護騎アナヴァタプタとボス戦。
オーディンに乗ったまま○ボタン連打、最後に△で余裕でした。

そうそう、ライトニング達の帰還に合わせたかのように、異跡からグラン=パルスの魔物達がどんどんワープしてきて、市内を暴走し始め大混乱が起きています。
そんな騒ぎの中、中枢を目指しますよ。
戻ってくればほぼ1本道なので迷わないのが嬉しい。

固定ボス戦がいくつか。
機甲兵キュラシェーア、聖府親衛兵×2は余裕。
キングベヒーモスは安全第一で戦います。
起ち上がって回復されてしまうのが悲しい。

おや、ロッシュさん、まだ生きていたんだ。
またもや一行の前に立ちはだかります。
プラウド・クラッドという乗り物に乗っていますよ。
む、妨害系が全く効きません。
そういうオプティマを組んでいなかったので、サッズが補助魔法を唱えている間、ヴァニラは役立たず状態よ。
報復攻撃というのがかなり強力です。
ヴァニラとライトニングの2人ヒーラーで回復。
ミッションで鍛えておいたお陰か、適当なオプティマ&装備でなんとか耐え抜き勝利。

更に先を目指します。
今度はアダマンケリスと強制戦闘が待ち受けています。
ミッションで1度倒しているから、大丈夫なのではないかな?
今度も安全第一、2人ヒーラーのオプティマを多用して乗り切る。

途中の公園はできるだけ避けながら移動。
つい避けられると戦闘を避けてしまう。
どうせCPを稼がないといけなくなるのに。

交戦中のタイラントと防衛騎スヴェリンが出口を塞いでいるので、仕方なく戦闘突入。
どちらを先に倒した方がいいのか。
とりあえず出てきた剣から倒しておきましたよ。

そして、出口付近でイベント。
シャッターが降りてしまって、中に入ることが出来ません。
悔しさにシャッターを叩き付けるスノウ。
するとシャッターが開き・・・出てきたのはノラのメンバー。
心が疲れていたのか、このイベントはさっぱり感動できませんでした。
ホープ君はノラのメンバーへのわだかまりはすっかり無く、一緒にコクーンを守ろうな気持ち。

やっと中枢入り口っぽいところに辿り着きましたよ。
宝箱が2つ並んでいたので、1個取って、もう1個をと移動したら、アダマンタイマイが降ってきて、地面事落としてくれましたよ(泣き)。
事前にセーブしていたからロードして、今度は反対側から取ったけど、やっぱり落ちた。
(あとで攻略サイトを見たら、両方取る方法があることが書いてあった。(泣き))

セントラルタワー議事堂では、通行の邪魔になっていたジャガーノートと戦闘。
ミッションをやらずに12章に入っていたら詰まっていたわね、と思うくらい難敵続き。

さらに道を進んでいくと、警備兵達の登場シーン。
そして、一行に銃を向けたと思ったら、彼らはいきなりシ骸になってしまいましたよ!
そんなの有りですか!

そして、再びロッシュ乗り込むプラウド・クラッドと戦闘。
また出てくると思っていなかったから、メンバーもオプティマもそのままよ。
また効かないジャマー&エンハンサーの組み合わせを使わないといけませんでした。
(リスタートしないで1度は挑戦しておく人です)
今度は攻撃形態にあせてモード変更。
ミューオンバスターが脅威。
報復行動も恐い。
防空モードの時が落ち着いて攻撃できるチャンス。
1度全滅が目前になりましたが、ギリギリ耐え抜いて無事撃破。

降りてきたロッシュは歪みは更なる歪みを引き起こすことを認め、部下にルシ討伐は止め、市民を守ることに全力をという希望をアナウンス。
セントラルタワー中枢に向かう一行を見送り、人間としての意地を見せ最期を迎えます。
このお話はこういうサブキャラとの絡みがあんまり無いよね。
もっと色々あれば、最期に感動するものがあるかと思うのだけど。


第13章  オーファンズ・クレイドル

そうやってサブキャラの影が薄いから、ずっと触れるのを忘れていたわよ、騎兵隊。
ライトニング達がレース場に降りた時から、活動していました。
ファルシ=オーファンを破壊する為に。
裏切り者となったレインズとリグディ大尉(出番があまりなくて名前すら忘れていたよ。公式サイト見てきたわ)とのイベントもちゃんとあった。

で、この騎兵隊のご一行もこの中で、シ骸になってしまったようです。
リグディ大尉はどうなったか分からないけど。

そしてイベントマークの所でよく分からないムービーを見せられたら、ワープポイントが出現です。
セントラルタワー議事堂やグラン=パルスに戻ることが出来ますよ。

さて、戻ってミッションをやる方が良いのか、1度終わらせてロールのレベルが上がるようにした方が良いのか。
悩むなあ。

テーマ:FF13 ファイナルファンタジー13 について - ジャンル:ゲーム

【2010/01/15 16:05 】 | ファイナルファンタジー13 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ファイナルファンタジー13 プレイ日記15
第11章 グラン=パルス

ヲルバ郷の突き当たりに行くとイベント。
セラの姿と声でコクーンの破壊を促す言葉を発するバルトアンデルス。
姿形に惑わされることもなく、彼を見破るスノウとライトニング。
元の姿(人間バージョン)に戻って、現在のコクーンの状況を語り出すバルトアンデルス。
例えライトニング達がファルシを破壊しなくても、他の原因でファルシは崩壊へ向かうようにと既に準備完了だとか。
その一因として上げられたのが、レインズを聖府代表とし騎兵隊の不審を煽ること。
またコクーンの人々自身の不安が崩壊への道へと至るかもしれない。

バルトアンデルスと戦闘。
前回のように部分に分かれていません。
メンバーは面倒だからずっとヴァニラとサッズですよ。
オプティマいじるの面倒。
2人は、最初はいつもジャマーとエンハンサー。
ジャマーで能力低下が付いたら、あとは攻撃主体。
HPバーが黄色い人が出たら、ヒーラーを交える。
そんな感じで戦闘。
全体ダメージを受け全員のHPバーが黄色くなった時に、ヒーラー設定があるライトニングとヴァニラが虚脱になってドキドキ。
ステータス異常を完全に防止できるアクセサリーって無いのだろうか?
今のところ「○%確率で」ばかりよ。
改造しないといけないのかしら。
確率のなんて、自分の運を信じていないので装備できないわよ。
これ以外は特にピンチもなく無事に終了。

今回も倒してもバルトアンデルスご本人は無事です。
それどころかライトニング達がコクーンに戻れるよう鳥さん飛行機を準備してくれましたよ。
でも、移動選択は冥碑です。
なんで?

まだまだグラン=パルスに心残りがあるので、無視です。
ミッションです。
34番まで無事終了。(冥碑を探すのも大変だった。32番的に。ここにあるの、すっかり忘れていたよ。)
33番はアダマンケリス。
平原にいるのよりは小さいけれど、それでも充分大きいよ!!
歩くだけでクエイクのダメージです。
2人ヒーラーで回復、回復。
これで無事勝利。
大きい方のはまだ無理でしょうね。

34番は六死将との戦闘と思いきや、それを倒したトンベリと戦闘です。
1度「HP0にした!」と思ったら全快されていました。
その後、何度目かの「うらみ骨髄」(だったと思う)で即死。
2回目のチャレンジも同じような形で負けました。
3回目は回復よりも攻撃重視で戦っていたら、全快される前に倒すことが出来ました。

テーマ:FF13 ファイナルファンタジー13 について - ジャンル:ゲーム

【2010/01/13 17:28 】 | ファイナルファンタジー13 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ファイナルファンタジー13 プレイ日記14
第11章 グラン=パルス
テージンタワー
「石像達からのミッションをこなして、新たな通路を拓いて貰う」を繰り返し、やっと最上階へ到着。
お陰様でCPをかなり稼げたけどね。
最上階では、途中のイベントで2度ほど石像に攻撃されて、よれよれ気味のファルシ=ダハーカとのバトル。
ご一行はグラン=パルスのルシなのにグラン=パルスのファルシをやっちゃってよろしいのでしょうか?
ここまで、寄り道したり、途中の敵をなぎ倒して進んできたお陰で?この戦いは、全く苦戦しませんでした。
落ち着いてオプティマを操作していれば問題無し。

むしろ、この後に出てきた冥碑のミッション「六死将・隠棲の独唱者」の方が大変でした。
アクセサリーに雷耐性のを装備させて、3度目の正直でクリアでした。

さてさて、これでここに用はなし。
ヲルバ郷に向かいます。
ヴァニラ達が生活していた頃とは、すっかり様変わりしてしまっているようです。
それでも烙印を止める手がかりを求めて、故郷へ。

ヲルバ郷にはヴァニラのペットロボット?の「パクティ」が残っていました。
修理部品を集めるイベントがありましたよ。
最後の1個がなかなか見つからなくて。
まさかモンスターが持っているとは。
ここで何度もウロウロしていたために、メインの(ストーリーで拓かれる)ロールのクリスタリウムは埋まってしまいましたよ。

テーマ:FF13 ファイナルファンタジー13 について - ジャンル:ゲーム

【2010/01/12 20:41 】 | ファイナルファンタジー13 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ファイナルファンタジー13 プレイ日記13
第11章 グラン=パルス
昨日と今日もストーリーの方を。
マハーバラ坑道を進んでいると、走り回って道を作るファルシに遭遇。
新しい道を造るのがお仕事だとか。
グラン=パルスのファルシは聖都のファルシとは随分毛色が違いますね。
冥碑を見ると、○○というモンスターを倒す為だけ、とかお手軽にルシにしてくれたりするし。

抜けたところでイベント。
ファングが突然、ヴァニラが隠し通していたことを「思い出した」と語り出す。
その内容にヴァニラは動揺。
その心に呼応して、ヴァニラの召喚獣ヘカントケイルが登場。
なんと、ここはファングとヴァニラの2人で戦闘。
ヘカントケイルの物理ダメージが非常に大きいです。
だからと言って回復重視(ディフェンダー&ヒーラー)にしていると時間が足りない。
5、6回ほどやり直しましたよ。
アクセサリーはダッシューズとHPが上がるバングルや物理防御が上がるものを装備。
まず開始時は2人ともジャマー。弱体させてもゲージが溜まるから。
ステータス下降が付いたら、アタッカーとブラスターで攻撃主体。
リベンジモードが解けたら、ディフェンダー&ヒーラー。
この時にかなりのダメージを受けたらヒーラー&ヒーラー。
(あまりに勝てないからファングにケアルを覚えさせました。が、上手くいって撃破した時は使いませんでした。)
こんな感じで戦って、あと一息という所でファングが死にそうに。
しかし、もう死んでもいいと敵の攻撃中も気にせず攻撃主体で戦って、やっと勝利。

今度はスーリヤ湖というところ。
ミッションがあったので引き受けました。
これでテレポで移動可能に。
もっと先まで行って平原にもどりますか。

湖を抜けるとテージンタワーという大きな塔が。
そこはファルシの住処。
しかし、ここを通り抜けなければ、ヲルバ郷には行けません。
現在、塔内で石像の依頼を聞きながら、上を目指しています。
で、この石像なに?
なんで手助けしてくれるの?
【2010/01/10 15:24 】 | ファイナルファンタジー13 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ファイナルファンタジー13 プレイ日記12
第11章 グラン=パルス
シ骸?ナンデスカソレハ?
な状態です。
大平原から出ていかない。
ミッションを求めて、西へ東へ大移動。
でっかいあのモンスターは結構近寄ってもエンカウントしないのね。

えー、ミッション17まで終わりました。
オートヘイストがあるとテンポ良く戦える。
あれ?
この前まで、戦闘のスピードが速い、と言っていたよね?
目が慣れたのかな。
今は、オートヘイストが切れると遅いなあ-と思っています。

17番までに新規に結界の冥碑のミッションがありました。
脅される割りには出てくるモンスターは弱かったです。
それとチョコボを助けるミッションがあり、それを終えるとチョコボに乗れるようになりました。
チョコボは地面に埋まっている隠しアイテムを見つけることが出来るんだよ。
えらいねえ。
でも、その埋まっている範囲を示す「!」ですが、かなり広範囲で表示してくる。
あのだだっ広いマップでピンポイントに示されても困るけど、もう少し狭い範囲内で教えてくれると嬉しいわ。
いくつも見つけないまま通り過ぎていました。

東の方の高台にチョコボで登ったら(なくてもアダマンさん達の隙間を通っていける)、サボテンダーのイベントが発生しました。
1度、前方が見えないまま移動していたらエンカウントしちゃいました。(「!」にばかり注意して、マップのモンスターの印は見ていなかった)
恐い攻撃はきませんでした。
倒したらCP5000。これは美味しいかも!

次のミッションを求め北の方の道に行ったら、ストーリーの本道でした。
イベントマークの手前で脇道に入ったら、ジャガーノートがいました。
ええと。これって強い、のかな?
多くのRPGで強いモンスターになっているよね。
3度挑戦しましたが、勝てませんでした。
ファングを入れて防御&回復中心にしてみたのですけどね。
また後日にして、とりあえず、本道を進めます。

テーマ:FF13 ファイナルファンタジー13 について - ジャンル:ゲーム

【2010/01/08 15:52 】 | ファイナルファンタジー13 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ