セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

TOA プレイ日記19

ベルケンド
イオンの預言を受けて、障気を消す方法を求めてベルケンドに。
ルークは「預言を否定するのに預言に頼るなんて」と言っていましたが、それより「その前が外れているのに、都合の良い部分だけ信じてみる」というのもどうなんでしょう?
それとも「預言は少しの歪みも物ともせず、その方向に進む」というから気にしなくていいのかしら?
スピノザに会いに行きましたが、明確な方法も無かった…と思う。
じゃ、預言はどうなるのよ~~。
すいません、ストーリーに置いて行かれています。
でも、ルーク達の超振動+ローレライの剣なら可能性は無いこともない。
ただし使用者&1万人のセブンスフォニマーの命の犠牲付き。
と言う話をルークとジェイドでこっそり。
この方法は取れないので、ちょっと障気については一時保留。

問題山積み、なのにこちらの情報は不足している、と言う事態を解決する為、様々な事情を知っていると思われるアッシュを問い詰めることにしました。

ロニール雪山
スピノザの話によりアッシュを追いかけてロニール雪山へやって来ました。
漆黒の翼3人組も来ていました。アッシュはローレライの剣と対になるローレライの宝珠を探しているようです。
セフィロトに向かうとアッシュに会えました。
そして、やっとローレライからの言葉について教えてくれました。
分かったような、分からないようなお話。既に世界観でついて行っていません。
簡単に言えば、「地核に居たローレライは同じ振動数を持つルークとアッシュに解放をしてもらいたいと思っていたけれど、地核にヴァンが落ちてきて、何かが起きてヴァンの体内に取り込まれてしまった」ということらしいです。
お探し中の宝珠はローレライ解放の為に必要で、ヴァンとの戦いの後、ローレライがルークに渡しているはずなのだとか。
ルークは受け取った記憶は全く無しなので、アッシュが探し回っているということ。
でもって、ローレライ解放を望まない六神将も妨害で探しているということらしいです。

多分、話について行ったと思う…。

ここでアルビオール強化イベントをやりました。
スイッチを押す為にあっちの入り口、こっちの入り口と激しい移動が多い。

バチカル
更に別問題の解決の為バチカルへ向かいました。
教団の教えを守らず、勝手に預言を詠んでいる度の預言士を追いかけるのです。
しかし、預言士はいませんでした。
代わりにもっとすごい物登場。
マルクトの牢獄から脱獄したディストが同じく、連行中のモースを解放し連れて行こうとしていました。
その時に、導師と同じ力を望むモースに術をかけると、あらまあびっくり。
化け物になってしまいました。
素養のない力を注入させられたのが原因だそうです。
でも、力を手に入れたモースは満足しているらしいです。
その姿でもいいの!!
2人はエルドラントとか言う場所に向かったようです。
でも、他にも問題山積みなので、追いかけません。

今度は雪山で拾ったロケットの調査。
中にあった写真と名前はナタリアの物ではないかと思われます。
では、誰が落としたのか。
ナタリアを丸め込み、彼女1人を置いて国王に聞いてみることにしました。
国王に確認すると中の写真は間違いなくナタリア。
するとアニスがとんでもないことを言い出しました。
「そのロケットを六神将のラルゴが持っているのを見たことがある」と。
まさか!ということで、ナタリアの本当の父親について知っている元乳母に会いに行くことになりました。

ケセドニア
ちょうど旅の預言士が来ていて、人が集まっていました。
やめさせようと近づき、その預言士を見ると。
シンクでした。
そして、シンクは六神将全員&ヴァンの生存を告げ、預言を求める人々と去っていきました。
ついでにイオンのマネをしてアニスを動揺させてくれましたよ。
「旅の預言士についてアスターに報告に行くので、落ち込んでいるアニスについていて上げてください。」としっかりちゃっかり利用してナタリアを置いていくことに成功させるジェイド。
アニスに睨まれたよ。
興味津々だったアニスを置いて、乳母に会いに行きました。
外見を聞く限り、ラルゴで大当たりのようです。

ユリアシティ
テオドーロのモースのことを報告。
彼からも報告。セブンスフォニムが大量消費されている場所があるそうです。
一つはかつてホドがあった辺り、もう一つは海上を移動しているとか。
その海上移動をしている巨大なものを探してみることになりました。

フェレス島廃墟群
海上を移動している巨大な物はホド消滅時の津波で滅びたフェレス島が浮島になったものでした。
ちょっとマップが複雑。
強制戦闘も何度もありますが、ボスと言うほどの敵ではないので問題なし。
いよいよ怪しい場所に来たら、アリエッタに会いました。
ここは彼女の故郷。ここで1人取り残されたところをヴァンに助けられ、更にここの復活を約束してくれたのがヴァンへ従うようになった理由のようです。
決闘の立会人はラルゴがやってくれるからとここでは争うことなく去っていきました。

中に入って調査を開始するとレプリカ達と遭遇。
彼らの話を聞いていると、海の中から新生ホドが現れました。
彼らはモースの元に行く為にレムの等に向かい始めました。
こちらもアルビオールで新生ホドに近づいてみましたが、プラネットストームに覆われて近づくことは出来ませんでした。
ホドの情報を求めてグランコクマの軍本部へ向かいます。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター