セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

TOA プレイ日記9

テオルの森
ジェイドは皇帝陛下からみんなの通行許可を貰う為に先にグランコクマへ。
ルーク達は許可が出るまで待機。
ところが待っている間、神託の盾の兵士がやって来てマルクト兵を倒していました。
その神託の盾の兵士を追いかけることに決定。
警備の兵隊の目をかいくぐり、森を抜ける…はずでしたが。
途中で面倒になり、「敵を倒しながら進む」を選び、さくさく倒しながら進みました。
出口付近で、六神将ラルゴに遭遇。
更にガイがルークに斬りかかります。
どうやらシンクも近くにいてカースロットを使っている模様。
偶然起きた地震でシンクの居場所を突き止め、術の発動を止めることが出来ました。
ナタリアはラルゴのいうとおりお姫様なのに良い反応です。

水上帝都 グランコクマ
ジェイドに頼まれて迎えに行こうとしていたフリングス少将の出迎え。
イオンは城には付いていかず、宿屋でカースロットに冒されたガイの解呪をすることに。
そして、それを行う前にルークへ厳しい真実を告げるのでした。
「元々ルークを殺したいという気持ちがあったから操られた」と。
みんなが見捨てたとき、ただ一人待っていてくれたガイを信じたい気持ちと真実に揺れるルーク。
しかし、ティアの不器用な励ましに、少し前向き。
いや~、でも「前のあの性格なら恨み買っていてもおかしくない」って思うでしょうに。
そっと一人にしてくれていたナタリアと許可を貰ったならさっさと来てよのジェイドに声をかけてグランコクマ宮殿に行きました。
「あなたのジェイド」を連れ回してすみません、陛下。
「正面に向かって走る姿が変」とか「はしごを上り下りする姿が変」と笑ってごめんなさい。
夫はプレイしていた時、この「俺のジェイド」発言に特になにも感じていなかったようです。
隣で聞いていた妻は、不埒なことを思い浮かべていたのに…。
さて、思いっきり気さくな態度に、あたふたするルーク達一行。
今後の方針が決めて、宿屋へ戻ります。
カースロットを解かれたガイの過去話がちょっと。
そして、またまた事情を知っていたジェイドに驚き。
この後、「セントビナーへパッっと行く」という選択肢が出ますが、「行かない」を選んでサブイベントをいくつか。
奥義会の人々はあちこち行きすぎ。
海でエンカウントがないのがせめてもの救いです。

城砦都市 セントビナー
老マクガヴァンと話をして住民の退去の手伝い。
ルークもアクゼリュスの時とは大違い。
あまりに張り切りすぎて反動が恐い気もする。
そして、この忙しい中、空気が読めない六神将ディストが「導師イオンを渡しなさい」と登場。
カイザーディストRXと戦闘。
うう、結構HP大きいですよ。ライフボトル足りるか心配です。
できるだけ後ろを取ったつもりですが、何回か死にました。
適当に防御ボタンは押しているのですけどね。
なんとか倒し追い払うと、セントビナーの崩落が始まってしまいます。
しかし、一部住人の避難が終わっていません。
崩落はじわじわと起きているので、落ちてしまう前に救出手段を求めて、シェリダンへ行くことにしました。
そこには空を飛ぶ音機関があるらしいです。

*Comment

NoTitle 

ピオニーの俺のジェイド発言は…まぁ、アレな
ターゲットを狙った発言でしょうか?( ´ー`;)
そう思うこと自体が間違ってますでしょうか?w

ディストの空気の読めなさはさすが?w
六神将の中で彼は一番戦いやすい相手だと
私は思うのですが、油断してるとこの頃から
意外とダメージ食らったりしました(゚-゚;)

もうすぐ空が飛べますね…!音機関好きの
ガイがキラキラしちゃいますよ~♪
  • posted by ハルカ 
  • URL 
  • 2008.04/13 00:56分 
  • [Edit]

NoTitle 

ハルカさん
う、私はそうでは無かったつもりなんですが…。
思い浮かべた時点でもはや仲間入りかしら。

>六神将の中で彼は一番戦いやすい相手
そうなんですか。
ということは、私はかなり危ないですね。
仕方がありません。
レベル上げでカバーするしかないですね。

空を飛べるようになったので、探索ポイント巡りをやっています。
が、攻略本を読んでも、ディンの店のアイテムの作り方が今一つ分かりません。
とりあえず、アイテム納品だけやっています。
  • posted by ペンタ 
  • URL 
  • 2008.04/13 13:09分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター

右サイドメニュー