セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

TOA プレイ日記7

昨日は午前中買い物、午後は入学式だったのであまりゲームが出来ませんでしたが、今日は久しぶりにゆっくりゲーム。

監視者の街ユリアシティ
ヴァンに連れて行かれたはずのアッシュもユリアシティに来ていました。
でもって、アッシュと戦闘。
イベントバトルだよね!このレベルでは絶対勝てない。
あ、大丈夫。負けても問題なく話は続きました。
そして、ここから操作キャラはアッシュに。
市長テオドーロに会って、オールドランドに戻れるよう力を貸してくれるようお願い。
ティア以外のパーティーメンバーはアッシュとともに帰還しちゃいました。
ジェイド、アニス、イオンはルークに付き合う義理も無いですが、ガイはいいの?
ナタリアもだけど彼女は心情的にアッシュについて行きたいでしょうね。

ベルケンド港→音機関都市 ベルケンド
ヴァンの思惑を調べる為に彼が出入りしていた研究所を調査。
研究所のスピノザを問い詰め、ヴァンの行動を聞き出します。
次の目的地が決まったところで、ガイが離脱。
やっぱりルークのことが気になるようです。
「あのように育てた責任がある」と言っていますが、ガイは一応使用人という立場ですからね、色々言いにくいでしょう。やっぱり責任は親ですよ。
そう言うガイにアッシュはユリアシティからこちらへ戻る道の在処を教えてあげました。

ワイヨン鏡窟
なんとなくアッシュはルークと同じスキルを持って装備していると思い込み、ステータスを全く確認することなく入ってしまった戦闘。
何ボタンを押したら技が出てくるのか分からずオロオロ。
何かのボタンを押したら、譜術が指定されていたらしくじっとして動きませんでした。
(挙げ句に敵に攻撃されて中断)
仲間に活躍して貰い、どうにか切り抜けました。
ルークが使えないのは劣化しているから?(単に勉強していなかったのか、それとも後になったら使えるようになるのかな?)
最深部で、ヴァン達の研究の一部が分かりました。
かつて滅びたホド地方のレプリカを作ろうという途方もないものらしいです。
ここではこれくらいしか分からないので帰ります。
帰り道でボス戦。アンキュラブルブとブルブ数体。
小物が数体居るときは、小さいのは何度も復活するパターンが多いので、アンキュラブルブ狙いで。
だいぶフリーランに慣れましたが、すぐ端っこに追い詰めてしまい後ろを取れなくなっています。
回復役が一人で不安でしたが、そんなに苦労することなく倒せました。
入り口に戻ると場面転換。ルーク操作に戻ります。

ユリアシティ
寝ながら、ここまでのアッシュの行動を彼と繋がることで見ていたルーク。
セントビナーが崩落しそうと言う話を聞いて目覚めました。
ただ一人ユリアシティに残っていたティアに会い、その危機を告げますが、「また他人の言葉のまま、自分の考えがない」と言われてしまいます。
省みて、その通りだと自覚したルークは、「これまでとは違う自分になってみせる」と誓い髪を切ってしまいました。
そういうルークを完全に信じるのは難しいですが、「セントビナーが崩落するかも」というのは見過ごせません。
ティアは義理の祖父である市長にルークと会いに行きました。
そして、聞かされる衝撃の事実。
「ティア達の故郷であるホドの消滅も今回のアクゼリュスの崩落もユリアの預言通りのこと。世界の繁栄の為のこと」とあっさり口にしてくれました。
この町が監視しているのは上にあるオールランドが預言通りの道筋をたどっているかということだそうです。
「ヴァンも監視者として活動しているので、預言通りにしたまでのこと」とこれまたあっさり。
「じゃ、さっきまでのルークの悩みはなんなんだ~」ですよ。
あまりのことにティアも納得できず、セントビナーの崩落を止める為、オールランドに一緒に戻ることになりました。

アラミス勇水洞
ユリアロードを通り抜け戻ってくると、ガイが待っていてくれました。
ルークは今までの横柄な態度とは一転、今度は卑屈になっています。
ガイに叱咤され、新たに歩み出すルークでした。
ダンジョン自体は単純。ボス戦もありませんでした。
出口でジェイドと遭遇。
イオンとナタリアをダアトに奪われ、ガイの力を借りようと探しに来たそうです。
ルークは完全におまけ扱い。
それでも一緒にイオン達を取り戻す為、ダアトに向かいます。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター