セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

ペルソナ3 プレイメモ9

59階の番人・不屈の騎士とバトル。
弱点が無いので地道な攻撃。
はっきり言って主人公はメディア係。
仲間が戦うのを援護するばかりです。
ちょっと寂しい。
「人工島計画文書03」を拾ったので、ストーリーに戻ります。

7/7
「なるほどCERO Bなわけね。」なイベント。
ゆかりは自分が出撃することを強硬に主張。
残り二人を選んで大型シャドウが出現したポイントに向かいます。
ホテルの3Fでハイエロファントと戦闘。
志願したくせにゆかりは敵の攻撃が弱点なんて酷い!
滅亡の予言で恐怖にされてしまうのも結構辛い。
メパトラジェムなんて1個しかないよ。
雪人は一応パトラが使えますが、全体回復も必要なので治す暇がない。
なんとか勝つとイベント。
敵の精神攻撃により、記憶にない行動を取ってしまったようです。
ゆかりとまず合流。
2Fに行くと真田と美鶴が。
「何かあったか?」と問うと美鶴は動揺していました。
何かあったんだね?
結界を解いて再びボス戦。
今度はラヴァーズです。
いきなりマリンカリンをくらい、行動を指定できなくなった雪人。
しかも仲間への指示出しも忘れていたため、仲間は回復もせず攻撃するばかり。
何ターンもぼ~っと見ていたら、ハートブレイカーを受け、ゲームオーバー。
ひ、ひどい!

もう1度、突入からやり直し。
今度は美鶴ではなく伊織にしてみました。
2階での合流時に「何かあったか?」と聞くと真田から「何もあるわけないだろう」と返されました。
男同士だと無いんだな。
今度は最初に指示出しをきっちり。
マリンカリンがあまり出なかったし、出ても失敗ばかりでした。
(そういえば、1回目のハイエロファントでも恐怖にあまりならなかったな。)
お陰で2回目は簡単に倒せました。
相変わらず回復ばかりやっていたようなものだけど。

7/8~7/11
授業で質問が続きます。
もう魅力はMAXなので無くてもいいのに。

風花に調べてもらった結果を踏まえて、ゆかりがついに美鶴に数々の疑問をぶつけました。
美鶴はやっと知っていることを話してくれました。
タルタロスが出来た原因は美鶴の祖父にあるそうです。
他人の不始末を片付けるために、自分たちを騙して利用したと怒るゆかり。
当事者は誰一人残っていおらず、このままでは全ての人にとって危険だからと理事長が宥めますが、まだ納得できてはいないようです。
ついでに言えば、伊織も色々不満をかかえているようです。

*Comment

 

こんばんは。

自由に行動できる主人公は、その分
みんなのお世話係になってしまうのがとても悲しいです。
そして状態異常になると、なあんにも出来なくなって
やられるのを待つだけという・・・。
運次第で状況が一変するので気が抜けません。
ここはちょっと改善して欲しい部分ですよ。
まあ、メガテンらしい難易度といえばそうなのですが。

>「何かあった?」
妙に真田が怒ってるので、ひょっとしたら・・・?
  • posted by 縁永(ゆかりな) 
  • URL 
  • 2008.02/14 20:23分 
  • [Edit]

縁永(ゆかりな) さん 

おはようございます。
回復大好きな私ですが、ここまで回復役を期待されると寂しくなってしまいます。

>まあ、メガテンらしい難易度といえばそうなのですが。
確かにメガテンでは普通ですよね。
でも、満月時はイベントを見た上でのバトルですから、ゲームオーバー時にはかなりがっかりします。
上書きセーブしてドツボにはまるのを防ぐ為なのかもしれませんけど。

>妙に真田が怒ってるので、ひょっとしたら・・・?
!!!v-12
  • posted by ペンタ 
  • URL 
  • 2008.02/15 09:22分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター

右サイドメニュー