セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

ロマンシングサガ2 プレイ日記16

6人目はムー族を皇帝にして、忍者、陰陽師、ホーリーオーダー女、フリーファイター男を仲間に。
コムルーン島で火山噴火の予兆。今回は浮遊島を出したいので、火山には行きませんでした。

浮遊島
最深部の宝箱の前にいるモンスターを倒すと魔道士登場。
彼の目的が、この宝箱の古代魔術書と判明。
彼の手助けとなるようなことをしてしまいましたが、最後に責任は果たす為に、魔道士と対決。
補助魔法などは使わず、一気に畳みかけたら、ダメージが酷かったですが、1ターンで勝つことができました。
陰陽師が一番役になっていなかった、育っていない冥術を使ったので。

倒すと皇帝は、責任を取って退位。パーティー内から皇帝を出さないといけなかったので、フリーファイターにしておきました。
追加は、6人目の皇帝になったときにお金を出して出来た、インペリアルガード女。

そして、まずは、イベントはやらないけれど人魚薬の作成をしておきました。

次は石船を取っただけで放置しているサラマット。
移動が面倒なので、エイルネップの塔で出会ったロックブーケのお願いを、「何とも出来ない」とお断り。
すると男性皇帝なので、戦闘となります。
テンプテーションはばっちり付けてきた!
と気合いを入れて戦闘に入りましたが、テンプテーションをやられる前、開始2ターンで終わってしまいました。
さすが2周目。

そして、ヤウダのイベントの為に、まずはテレルテバの解放。
真ん中の塔の小物を倒して終わり。
それから本命のヤウダ制圧に向けて、チョントウ城→ハクロ城→浮遊城の攻略。
浮遊城までは、イーリスの村を通って行きました。
新市街が間に合うなら、イーリスを仲間にしたいので。
ワグナスはロックブーケに比べると強かったですが、それでも楽でした。追憶装備のお陰で。

そして、ここで年代ジャンプ。
8人目の皇帝はインペリアルガード女。
仲間は忍者、軍師、ホーリーオーダー女、インペリアルガード男。
ここで、一気に3人の七英雄を倒す予定。
最終皇帝を出さずにクリアの手順はこれでいいのかな。

まずは無事に現れた南ロンギットの沈没船。
ギャロンを倒すとそのまま自動で脱出して、スービエと戦闘。
さすがに第2形態のスービエは強く、適当な装備では駄目でした。
ちゃんとメイルシュトローム対策装備で。(クイックタイムは持っているけれど、出来るだけ使わない)
1回目は適当装備で、リヴァイヴァなし組のLPが減らされたのでリセット。
2回目はちゃんとした装備でしたが、1回目に比べて攻撃も大したことがなかったので、LPは減りませんでした。

ダンターグは苦戦することなくクリア。
子供は放置でダンジョンを出ます。

そして、移動湖に行って最後のノエル。
ロックブーケを倒しているので問答無用で戦闘。
2回攻撃のパターンになっているので、少々大変でした。
しかし、クイックタイムのお世話になる必要はないくらいでしたけどね。

倒して玉座に座るとラストダンジョン出現。
最初に待ち受けるのはダンターグなので、楽勝。
ラスボス戦は前回よりステータスが低かったけれど、ダメージは大きかったので、次々と七英雄が増加。
全部揃ってからの、アビスゲート→アストラルゲートで、皇帝が混乱して仲間に攻撃をしてきてヒヤリ。
立て直すのに手間取り、アビスゲートの状態のままに。
しかし、今回はメイルシュトロームを全然してこなかったので助かりました。
その後も、ずっとアビスゲート状態のままでしたが、毎ターン回復されてもこちらのダメージ量が多いので気にならず無事撃破。

エンディングを見終わると、「もうひとつの英雄譚」のトロフィーゲット。
これで、残りは「アバロンの大樹」と「すべての~」になりました。
なので、ラスダンに入る直前のデータで地道に戦っていこうと思います。
1周目のデータの方が戦闘回数多いからそっちで取った方が良いのか、せっかく戦うのだから、いつかやるかもしれない3周目で更に楽々にボスを殴れるように2周目を続けるべきか。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター