ロマンシングサガ2 プレイ日記1

積年の心残りの一つ。
ロマンシングサガ2の未クリアが、覆るときが来た!
Vita版が出ると知ったその日から、待っていましたよ!
購入はDL開始すぐにすませましたが、FFTがもう少しで終わりそうだったので、そちらを優先して、1週間ほどプレイは遅くなりました。

昔の失敗原因は、術の開発がさっぱり間に合わなかったことです。
JPをケチってあまり使わなかったから、術レベルが上がらなかったので、復活手段がなかったのが痛かった。
今度は、いつでも強くてニューゲームがあるので、いつかはクリア出来るはず!
とりあえず、兄ちゃんの時に、ソードバリアがあって便利だったのは覚えている。

ゲーム開始に、最終皇帝の性別と名前を決定。
テンプテーション見切りを万が一覚えなかった時のことを思えば、女がいいのかもしれないけれど、よく考えたら、今回は強くてニューゲームがあるから、覚えなかったら最初からやれば良いんだよね。
ということで、男にしました。

封印の地
最初は皇帝レオンの時代。
2番目の皇子ジェラール視点で。
父皇帝に連れられ、封印の地に来ています。
簡単な状況説明で、あとは自分で自由にダンジョン内を探索。
ダッシュ移動を標準にしていたら、敵を回避し損なって、隊列を乱されてばかりでした。
画面が小さいから大きく動いたらだめなのよ。
分かっていてもぶつかる。
宝箱2つ回収したら、出て行きます。
エンカウント数は気にしない。

アバロン
兄ヴィクトールの出迎えを受けて、城内で解散。
召使いの皆さんは、ジェラールに「無理しないで」と優しいのか甘やかしなのか微妙な台詞を言っています。
宮廷魔術師アメジストから火の術法「ファイアーボール」を教えて貰ったので、これで戦闘時も肩身が狭くないね!
レオンの元に訪れていた魔術師オアイーブの話が終わるまで、城内と町中を散策。
もしかして、外に出て戻るだけでも良かったのかもしれないけれど、せっかくなので綺麗になった背景を見て回った。

オアイーブからクジンシーに対する忠告を貰ったという話を聞かされましたが、とりあえず気をつけるレベルで終わり、次の目的地へ。

ウォッチマンの巣
ここの記憶はさっぱり無かった。
武器も防具も買わないで来ましたが、よくテレーズのLPが減るので、「少し進んではセーブして、死んだらタイトルへ」とちまちまと進めます。
開発費がかかるから、出来るだけケチりながら行くよ!
ところで、このゲーム。シンボルエンカウントですが、この手のゲームでは、「隣の部屋に移動したら、追いかけてこない」が普通だと思っていましたが、このゲームはしっかり追いかけてきます。
階が変わらない限り、追い回されるのね。怖い。
ボスの直前では、4匹に追い回されて、セーブという準備も出来ないままボスに激突。
ゲットー×3+ウォッチマン×2
ボス戦ですが、ジェイムズが剣技をジェラールが集気法を覚えただけでした。
そして、テレーズは途中で倒れました。
LPは回復しないから、出来るだけリセットしたいところですが、今回はそのまま続行。

ボスを倒してアバロンに戻ってくると、町の人がいっぱい倒れていました。
瀕死のお兄ちゃんが、クジンシーが襲って来たとのこと。
オアイーブの忠告を重く受け止めていなかったと、悔やむお父さん。
敵討ちにいくぞ!ということで。

クジンシーの館
敵が強くならないように、あまり戦いたくないけれど、なかなか避けることが出来ません。
うーん、アナログスティック使うと、上手く動かせてない気がする。(不器用)
宝箱にはハズレがあるので、開ける前にセーブを。
途中で一度戻って大剣の開発までお願いして(完成はしていない)、クジンシーの元に。
またもやテレーズが倒れ、レオンとジェイムズが毒になりましたがどれも放置して、無事クジンシーの本気まで。
ソウルスティールを受けたお父さんは、死の床へ。
ジェラールが皇帝継承しするとほぼ同時に、ゴブリンの襲撃。
ジェラールのように弱い人では協力できないとかいう奴は放っておいて、魔術師アリエスを仲間にして、ゴブリン退治。
見事殲滅すると掌返しとなります。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)