朧村正 プレイ日記3

無双モード、ちょっと楽すぎじゃない。
そんな風に思った時期もありました・・・。

百姫伝 三幕
再び、魂を移し替える技を使おうにも、それが行える唯一の刀、黒光の太刀をなくしているので、どうにもなりません。
まずは、百姫に使ってしまった後、どうなったのか、雪之丞から聞き出すことにしました。
部下の乱菊に情報を求めさせ、駿河へ。

宝箱を取る為、回り道しつつ、新吉原~武蔵~相模~伊豆~駿河~東海道間道。
途中の雑魚もだんだん強くなっています。
刀を作った方がいいのだろうか。
最終的には全部いるだろうから、上から順に適当に作るので良いのかなあ。
取得金や経験値アップなど、おまけが付いているのが先か。
悩むので、ぎりぎりまでは作らずに、乗り切っていこうと思います。

この章のボスは雪之丞。
雪之丞の刀を折り、攻撃力をそぐのは成功。
で、最後のHPバーになるまでは、比較的順調にいっていたと思います。
が、最後のバーで、防御して自分の方の刀が折れてから、総崩れ。
あっという間にHPが二桁になっていました。
ぐっと離れて、せっせと回復。
回復アイテム買ってないし、作ってないし、拾いものばかりでしたが、どうにか足りています。
慌てているせいか、奥義もあらぬ方向に放ってしまっていました・・・。
最後の最後辺りでまた大ダメージで、やり直しも覚悟しましたが、どうにか勝てました。
無双モードだからって、嘗めていたよ。
自分の大変なアクション下手は、さすがにフォローできるレベルではないようです。
真面目に経験値稼ぎ頑張ろう。

そう思いつつ、次の章へ。

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

tag : 百姫編

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)