セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

ブレイブリーデフォルトFtS プレイ日記9

3章 いとしい絆よ
火のクリスタルの解放で章が終わるかと思ったら、まだまだ続きます。
火山内でイベントを見て、鉱山の外へ。

外へ出ると、シュタルクフォートにてサブクエストが発生しています。
カミイズミとのイベントでした。
ポジション的にイデアの父の1つ前に戦うのだろう、と予想していたのに、もう戦うのね。
しかも剣聖なるポジションの相手に勝てと。
この世界の剣聖はそんなに強くないのかしらね。
うん、火のクリスタルの所のチャウグナルに比べれば楽でした。
技名では何をしてくるか分からなかったので、最初の数ターンは反撃をうけていましたが、次からは技を使われた後はそのキャラはデフォルトするようにしたら、苦戦することはありませんでした。
ちょっと肩書き負けしてないでしょうか??
倒すとソードマスターのアスタリスクをゲット。

ハルトシルトに戻って、エギルを司令官の奥さんに預けることになりました。
ここでのクリスタル解放が終わって、海に出てもまだ次に章には入りません。
まだ何かあるのか?

海に出たら、ファンキー・フランキスカ号という船に遭遇。
あ、これが、海岸の小屋で噂されていた船か!すっかり忘れていたよ!!
「乗り込む」を選択すると、唯一の人間キャプテン・バルバロッサと遭遇。
弱点属性の準備は出来てはいませんでしたが、ちゃんと相手のBPを確認しながら戦ったら、問題ない。
海賊のアスタリスクをゲット。

グランシップに寄って、カルディスラの宿屋のおじさんの噂話を聞いて、久しぶりにカルディスラに戻ることにしました。
息子を亡くしたおじさんはすっかり弱ってしまっていました。
そんなおじさんに元気を出させる為に、亡き息子を思い起こさせるエギルをここに置いて貰ったらいいのでは?とティズは提案。
王様もエギルをこの国に来たら、幼年兵として迎えようと配慮してくれます。
しかし、エギル本人、おじさんの意志の確認はいいのでしょうか?
ちょっと現実的なことを考えれば、突っ込みを入れたくなりますが、ここはほのぼのといかないといけませんね。
エギルは引取先が変わることに納得し、おじさんもまた子供の成長を楽しみに、と大団円を迎えて、出発です。

で、目的地はグランシップですが、サブシナリオのお知らせがあるので、ハルトシルト。
こちらでは長いサスペンス劇場(連続殺人事件発生。司令官の部下の対立&奥様への疑いなど)の後に、これまでのストーリー上で現れていた、カミイズミの配下の忍者キキョウとのご対面。
忍者だけあって、回避系の技を使用。
攻撃自体はそんなに強いわけではありませんでした。

グランシップに戻り食事をしていると、船が沈み始めるという大事件発生。
住民のほとんどが脱出しましたが、酒場の女将さんなど一部残る人も。
なんとか元に戻せないかと、議事堂の古文書を調べると、オリハルコンを動力炉に投入すれば良いという文書を見つけます。
エギルが拾っていたオリハルコンを貰いに行って、動力炉へ。
動力炉への道は一本道ではありません。
メンテナンスが大変じゃないのだろうか、思ってしまいますが。
動力炉の前でボス戦。
一度戦って、沈黙対策と、雷属性を必殺技にセットして本番。
毒はあきらめです。

倒してオリハルコンを投入すると、グランシップは元の姿勢に戻るどころか、空を飛んでしまいましたよ!!!!
これだけの飛行能力があれば、高い山々に阻まれたエタルニアにも行ける!
とエタルニアの大陸に降りた所でこの章は終了です。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター