セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

俺の屍を超えてゆけ(ご新規体験版) プレイ日記12

そういえば、時々、健康度がそんなに減っていない割には一気にお亡くなりになることあるよね。
また、剣士が引き継ぎ無しでお亡くなりになっているのですよ。
戦闘に参加させても、復活しない・・・。

1036年3月
銀朱(壊し屋 風評:潔癖症)、誕生。
紫紺、奥義”紫紺落雷撃”を創造。

1036年4月
花、常立ノ東洞院と交神。

1036年5月
討伐。

1036年6月
菫(弓使い 前世は:占い師)、誕生。
白骨城にて恨み足、右カイナ、左カイナを打倒。

1036年7月
青、万屋玄亀と交神。
真朱、永眠、氏神として昇天。

1036年8月
白骨城にて、大江のノ捨丸打倒。
そして、2体目の髪、四ツ髪打倒!
ここは季節限定なので、攻略サイトを頼ってしまった。(何度か失敗しているし)
メンバーは刈安(拳法家)、桑茶(薙刀士)、紫紺(槍使い)、瑠璃(剣士)。
前回と同じくまずは素早さを上げました。その後、防御力や攻撃力を上げ、拳法家で攻撃。
あまり育っていなかった槍使い、剣士とついでに槍使いは今までの敗因となっていた「壱与姫」を使われないように、回復の合間に魂寄せで技力を吸い尽くしまくり。
据える量が0になったら攻撃にも参加。
薙刀士による毒はすぐに付着できますね。
現在、特注の刀『村正』に混乱効果がついているのですが、最後は前のターンに付着した混乱効果で、自身に攻撃して終わりましたよ。

1036年9月
久木染(ひさぎぞめ)(踊り屋 得意:ゴマすり)、誕生。
相翼院にて、歓喜の舞を打倒。
そして、調子に乗って、二ツ髪の所まで乗り込んでいきましたよ。
新人の壊し屋の銀朱と弓使いの菫を鍛えに来たつもりなのに!
その他メンバーは、桑茶(薙刀士)(彼しか防御アップを持っていないから)、紫紺(槍使い)(当主だから)。
今までと同じく、まずは素早さをアップしてから、防御、攻撃力を徐々に上げつつ壊し屋が攻撃。
1度、印虎姫を受けたのですが、その後、壊し屋の技で寝っぱなし。(選択肢に出て来たら必ず使っていた)
一応起きたときのためにと補助をかけつつ、一斉攻撃。
目を覚ましました時は、もう瀕死だったらしく、次の攻撃でお亡くなりでした。
叩きたい、突きたい放題で余裕の勝利。
あ、ついでに毒にもなっていましたよ。ステータス異常は複数付くのですね。
前、寝ている所に他のが付いたら消えたから、一つしかつかないと思っていたけれど偶然だったのね。

1036年10月
刈安、万珠院紅子と交神。

1036年11月
九重楼にて六ツ髪を打倒!!
メンバーは紫紺(槍使い)、瑠璃(剣士)、銀朱(壊し屋)、菫(弓使い)。
後ろ2人はあまり育っていなかったですが、ちょっと忠誠度が下がっていたので連れていました。
もっとも攻略サイトを参考しちゃいましたけれど。
この髪は、攻撃力強化を使って来るので、清水で取り消しつつ、技力を奪い取りまくります。
技力を完全に奪い取ったら、本格的に攻撃開始。こちらの強化をかけて・・・あ、防御力上げられない。攻撃力を上げられる人が1人しかいない!
でも、まあなんとかなりました。
髪の攻撃は単体が多かったですから。(ダメージは大きいけれど)
あと1ターンだけ混乱になってくれましたよ。
それとお土産に貰った、昇龍の爪が非常に強力で、後の戦闘がとても楽になりましたよ!

戻った後、花、青、永眠。双子だったのでご一緒に・・・。

1036年12月
若葉(拳法家 弱点:うなじ)(幻水にワカバっていう拳法家いたよね。幻水、もう出ないのだろうか・・・)、誕生。

1037年1月
桑茶、芭蕉天嵐子と交神。
刈安、永眠、氏神として昇天。

1037年2月
討伐

1037年3月
辛子(地獄にいるウサギから取った訳では無い)(薙刀士 愛称:お大尽)、誕生。
忘我流水道にて、氷ノ皇子を打倒。
桑茶、永眠。

1037年4月
紫紺、赤羽根天神と交神。

1037年5月
銀朱、清乙女東洞院と交神。
男性は早死にしやすいので、そろそろ危ないと思い連続で交神したのですが・・・。

1037年6月
一重梅(槍使い 口癖:あのねえ)、誕生。
辛子、奥義”辛子鏡返し”を創造。

1037年7月
弁柄(壊し屋 日課:腕立て千回)、誕生。
むしろ、女性の瑠璃の健康に不安が!
慌てて、おぼろ幻八と交神。

1037年8月
久しぶりに討伐選考会に参加、優勝。

1037年9月
藤煤竹(剣士 得意:早飯早グソ)、誕生。
瑠璃、永眠。ああ、引き継ぎ間に合わなかった・・・。

1037年10月
藤煤竹、『村正』継承。

1037年11月
菫、常立ノ東洞院と交神。
第14代当主紫紺、永眠。藤煤竹、第15代当主就任。

1037年12月
紅蓮の祠にて一ツ髪打倒!
ここも攻略サイトを参考に。
体力が半分過ぎたら、強力な術を使って来るらしいので、まずは技力を吸い尽くす!
素早さもしっかり、防御はそこそこ上げておきました。
吸い尽くしたら、攻撃開始。
強力な武器を手に入れた拳法家が、ほとんどのダメージを稼ぎ出しましたよ。
敵の通常攻撃も結構なダメージですが、死ぬことはないので、余裕の勝利。
せっかく赤い火の時間に着きましたが、何も良い物は貰えなかったよ。

銀朱、永眠。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム