セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

プリンセス クラウン プレイ日記6

ヴァレナディン城
リィランドでお城で何かあったという話を聞いて、戻ってみると姉のエリエルが行方不明になっていたのです。
ジェストナイの反対をおして、エリエルがいると思われる黒い森へ向かうのでした。

でも、その前に。
お城の兵隊が教えてくれた、兵の訓練所の地下ダンジョンへ。
ボスのグールを倒すとアーリアのアイテムが貰えます。
アーリアは飛んでいる敵を叩き落としてくれることもある優秀な助手です。

黒の森の塔
ここのダンジョン広めで、次までボスまで連戦なんですよね。
何故宿屋がないのか問い詰めたい気持ちです。
ダンジョン内自体は単純なマップ。
宿屋はないけれどアイテム屋はある。
もっともそれに気付いたのは2回目の訪問の時。
1回目の時は、本道の方に辿り着いてしまったのですよね。
最上階右手がボス戦のある部屋。

ここで驚きの事実が発覚。
セイレーンを陥れていた魔女は、なんと!
城の秘密の部屋に封印されていた「ラルヴァの書」に、妹シドラエルの病を癒す方法を知ることが出来ると誘惑された挙げ句憑依されたエリエルだったのです。
そんなエリエルと戦闘。
景気よく魔法石を使って倒したのですが、戦闘後、ラルヴァの書によって、魔界のゲートが開かれてしまい、そこから出て来た魔物達が城を襲撃。
急いで城に戻るイベントに移ります。

そして、城でジェストナイやグラドリエルの正体を知ったエドワードなどと「ここは任せろ」をイベントを見て、そのままボス戦に入るのです!
どうする!魔法石ないぞ。
回復アイテムはいっぱいあるけど!
魔界のデーモンのスカルグと遭遇し、襲われますが間一髪の所でエドワードの父ゴルゴダに助けられます。
が、彼は瀕死の重傷を負ってしまいます。
そして、スカルグは魔界のゲートを完全に開放し魔王の復活をさせようと、その鍵となる王家の血を持つものとしてシドラエルを攫おうとしていました。
グラドリエルの身代わり提案は断られちゃうのですよね。やっぱり弱い方が安心だものね。
となれば、戦って止めるのみ。
いや、もうハラハラドキドキの戦いでしたよ。
回復アイテムは食べている間に、攻撃されたら落としてしまいますからね。
といって、距離を取ろうにも、あちらが突進してくればねえ。
どうにか勝ってイベント。

事態の解決の為に魔界に行くことを決意すしたグラドリエル。ゲートのある黒の森の塔へ再び向かいます。
出発前に、エドワードから女王を助ける為に命を落とした父ゴルゴダが、そのような心があったにもかかわらず魔人となってしまった理由を知る為に、全てを知るというドラゴンのハインデルへ会いに行くと告げられました。
ハインデルってオーディンスフィアにも出ていたよね?
どこかの神話にいるのかね、そういう竜。

黒の森の塔
再び魔女と戦った部屋に向かうと、そこにはデーモンが。
今度は隣の隣のフロアで買ってきた魔法石をがんがん使って、デーモンを撃破。
しかし、肝心のゲートは城の破壊に巻き込まれて瓦礫の下に。

別の方法で魔界に行かねばなりません。
手がかりはアーソントゥラにあるようです。まずはそこに行く為の船を求めてリィランドへ。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター

右サイドメニュー