セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

世界樹の迷宮4 プレイ日記10

レベルの上限まで来たので、3竜に挑戦してみます。
3竜は、このゲームでは強敵なので、遠慮無く(何故、誰に遠慮する必要があるのだろうか?という意見もあると思いますが、出来るだけ自力でやりたいと思っているので、なんとなく遠慮気味になる)攻略サイトを見ます。

ふむふむ。赤さんが一番弱いと。
というわけで、まずはその前の「炎の暴君の庭」。
今回はいきなり対戦クエストが出るのではなく、その前に竜から人を救出するクエストがあり、一手間かかります。
救出したら、さっさとアリアドネの糸を使って帰還。追いかけられて失敗したら嫌だもん。
報告後に本番の「決戦、偉大なる赤竜」が発生します。

偉大なる赤竜
戦う前に同じ山の上にある「黄金ガチョウの卵」を食べて炎耐性及び混乱耐性を上げておくことが大事らしいです。
あと当然、アクセサリーの炎の守りね。
それと赤竜と戦う前に近くで待機していたバルドゥールと話をして、共闘することにします。
6人いるとだいぶ楽だよね。

1ターン目は必ずファイアブレスを使用するらしいので、これをイージスの護りII防いで、あとは3種類の強化、弱体化スキルを使われたら消すことが大事、とか。
ということで、フォートレス+モノノフに咆吼を覚えさせて挑戦。
防御陣形、炎の聖印、邪衰身の邪眼(装備品でスナイパーに)を使い続けて、氷属性攻撃(フォートレスはないので、アイテム係兼通常攻撃兼ピンチのキャラのダメージ引き受け)で戦っていたら・・・
ああ!解剖水溶液使い損なった!!!
このターンで倒れると思わなかったよ!!
と、これまでのシリーズの3竜と比べたら楽に勝ててしまいましたよ。
まあ、バルドゥールのフリーズドライブがかなり強力、かつ運良く混乱に一度もならなかった、ということも楽だった要員だと思いますが。
(レアドロップを貰いに再挑戦した時(レベルは76になっていた)は、バルドゥールいないし、混乱になって、ちょっとだけ大変でしたから)

レベルの上限が上がったので、もっとレベルを上げて楽になってからにしようと、第6迷宮へ。

第6迷宮 暗国ノ殿 B1F
ということで、経験値をいただきに参りました。
以前通れなかった図書館の北西の扉を通り抜けて、外に出て再び気球に乗ると辿り着きます。
中に入ると、全体的に暗いマップ。
そして!
雑魚とは思えないほど強い雑魚!
巨大な邪花 力溜の後のあとの全体攻撃が酷い
痺れエリンギ 最後っぺの全体攻撃+麻痺が怖い
かぎづめモグラ 攻撃だけではなく、防御力まで下げてくるのがいやらしい

おかげさまで、ちょっと進んでは戻りの繰り返し。

あ、ついでに解剖水溶液の原料こと「悪夢を運ぶもの」はこっちからぶつかっていかない限りエンカウントはしないので、助かります。追いかけ回すタイプ奴嫌い。

第6迷宮 暗国ノ殿 B2F
やっとこさっとこB1Fを突破すると、そこには・・・
ぎゃああ、破滅の花びらがいる!!
今までのお花ちゃん達と違って、過去作に劣らないくらい酷い!
しっかりと石化させてくれます。(危険と邪悪には、あまりステータス異常を受けなかった。念のために真っ先に倒していたから、受ける間も無かったのかもしれないけれど)
ホロウメイガスの氷属性攻撃のダメージが!!!
ライデンジュウが、仲間が死ぬと強くなる!強いってもんじゃない!(泣き)

更に強い雑魚敵がいる中、正解以外を踏むと入り口に戻される仕掛けが待ち受けています。
北側の狭い方の部屋は頑張れましたが、南西の大きな部屋は途中で挫折して、カンニングしました。
南東にはお馴染みの南瓜がFOEとして、ウロウロ。
ええい、まだ無視よ!

B3Fになんとか辿り着きましたが、B2Fですら苦戦しているので、とりあえず先に残りの竜に挑戦します。
(現在レベル77)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター