セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

閃の軌跡 プレイ日記18

久しぶりに発売日前に、密林さんから発送メールが届き、金曜日にDOD3が来ましたよ。
なので、急いで終わらせたいと、頑張っています。
あ、おかげでGE2が捗ってない!(左手捻挫のせいもあるが)
でも、この次のゲームは頼んでないから、ゆっくりでもいいか。(BASARA4は悩んで予約しなかった。DOD3がある程度片付いたら頼む)


クレアと会って、アリサにぷんすかされた翌日。(彼女でもないのに、こういう態度を取るのはどうなのでしょう。絆システム的にも矛盾を感じる)
実習の手配魔獣退治をして戻るとRFの工場で火災が。
駆けつけてみると、ただの火災ではなく、中で謎のメカが暴走中とか。
軍の助けを待つ間に工場に勤める人の被害が広がっては、と投入する7組メンバー。(だからリーダーではないと言いつつ何故号令をするのかなあ、リィン君)
苦心して倒した所で、駆けつけたクレア以下鉄道警備隊。
リィン達の先走った行動を叱りますが、リィンは見過ごす事は出来ないとか何とか、ちょっと良いことを言っているような気をさせられるような台詞を言って反論。
「結果的に良い方に行ったので、まあいいでしょう」とクレアも許してくれました。
いや、駄目でしょ!この前ナイトハルト教官にも先走った行動を窘められたというのに!
今回、この「閃の軌跡」にはまれないのが、こういうところなんですよね。
ゲームだから細かいことは突っ込まない方がいいのは分かるけど。
誰かが良さ気なことを言って仲間も賛同する→いや、でも、君たちが失敗したら、一般人は??
と思ってしまうのですよ。
ここのロボットの所だって勝てたからいいものを負けたら・・・ここは本人達も被害者になるだけか。
次のアリサの「将来継ぐかもしれないラインフォルトの現状を見過ごすことが出来ない!」だって、主に本人だけの問題なのに、仲間も一緒にテロリストの所に突入させることになるわけじゃない。
自分がテロリストに負けると思わないんだろうか、とか考えてしまうのですよ。
自分たちどれだけ強いと思っているのよ!って。
あとイリーナだって、理事として他の生徒を危険にさらすことをどう思っているんだ!とか。
ラストダンジョンの突入決意表明もねえ。あれお前ら学園祭を楽しみたいだけだろう!」と言いたくなる。
あのシーン無しで、いきなりAUCUSの共鳴イベントの方が良かったと思う。

ともやもやを抱えながらイベントは進んで行きます。
導力演算器並みの能力を持つクレア大尉が、この場に領邦軍が来ないことを疑問に思っていると、部下が駆けつけご注進。鉱山にテロリストが現れ、そちらに領邦軍が行っていると。
急ぎそちらに向かうクレア達。7組メンバーもそちらに移動。

ところで、クレアさんのキャッチコピー「導力演算器並みの能力」は凄い計算能力と言いたいのでしょうけど、今作では後手後手に回っているだけの人に見えちゃうのですが・・・。
アルフィン皇女が襲われる確率も40%と予想していた割に、手抜き警備としかいいようがなさそうな展開でしたし・・・。主の失点になりそうな事、主の盟友を危険にさらす事に対して、もうちょっと手を打つべきだったのでは、と思うのですよ。40%の降水確率だったら、私、折りたたみ傘持つよ?

さて、鉱山の領邦軍と警備隊の様子を見た所で、「一度戻って、鉱山に入り込む手段を母から手に入れる」というアリサの提案にのることに。街に戻ると、家の様子が気になって戻っていたアンジェリカとジョルジュと遭遇。情報交換をし、以降、協力作業となりました。とりあえずアリサ達は鉱山への別の入り方を聞きに。
イリーナとの面談で、アリサは辛うじて母への訴えが認められ、脇道の入り口の鍵を貰えました。

アンジェリカとともに、脇道から鉱山へ。
鉱山内では、結社から手に入れたと思われる機械たちが動き回っています。
人質である鉱山の人達の救出に成功し、怪我人もいる彼らをクロウが街まで送ることに。
で、この潜入中に思ったのですが。
外部からの連絡って、外の方からするのかなあ?
通信コール音が敵に聞こえたらまずいのではないかなあ、敵から隠れている最中だったらどうするのだろうと思ったのだけど。

さて、いよいよテロリストと遭遇。
2周目ともなれば、雑魚はここまで割合余裕でしたが、さすがにボス戦はそうもいきません。
1回戦はヴァルカンと意外に強いがお供の帝国解放戦線・剣と帝国解放戦線・小銃。
2回戦は、1周目は負け戦闘と思いましたよ!
とても強いCとゼフィランサス2体なんだもん!
でも、全部倒さないといけない。2周目でも楽ではない戦いです。

倒したと思った後、見事に逃亡されましたが、謎の銃撃によりC達の乗った飛行艇は墜落。
逃げる直前に駆けつけた警備隊と領邦軍。領邦軍隊長は、相手の失態と決めつけ大騒ぎ。
やってきたオリヴァルト皇子により、仲裁され以降の調査は彼の名の元に行われることになりました。

7組メンバーは、これで研修を終了し、学校へ戻ることに。
そして、その夜。
鉱山で、テロリストを襲撃した銃を見つけ出したシャロン。
それを後ろで見つけたクレア。
シャロンの素性が推察されるイベントがありました。
クレアはそれを知っているようですが、イリーナも知っているのかな?
その上で雇っているとなると?

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://penta9116.blog68.fc2.com/tb.php/2339-2be63aa5

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

私の『ゲームメーター』のページはこちら

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム