セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

閃の軌跡 プレイ日記12

翌日も恒例行事の実技テスト。
パートナーは自由に選べる中、相手は現在も引き続き微妙な雰囲気を漂わせるラウラ&フィーです。
二人の問題をより明確にさせるようなテストでしたが、充分二人とも自覚していると思うのだけどなあ。

そして、今回の特別研修の発表。
班分けはこの前とほぼ同じ。ただしリィンだけ移動。
つまりリィンにラウラとフィーの調整頼むね、な編成。
行き先は、両班ともに帝都ヘイムダルになります。
となるとちょっと不公平じゃない。リィン達の方には、マキアス、エリオットと地元民2人ですよ。
ここは分けるのが筋なのではないですか、ただでさえ広い(と思う)帝都なのに。
とはいえ、マキアス、エリオットの家族の様子や事情を見せるためには、プレイヤーが操作するリィンと一緒に行動させる必要があるわけで。
そうだよ、せっかく2チームに分けるし、先頭キャラ帰られるのし、別の班の方もやらせてくれればいいのに。
と、今思いました。


研修1日目はまずは列車で移動。
切符購入シーンは毎回無くても良いと思います。(超せっかちの意見)
帝都ヘイムダル中央駅では、レーグニッツ帝都知事のお出迎え。
今回の実習は理事でもある知事から与えられます。
話を聞いたら班に分かれて行動。
まずは自分たちの宿泊先を探す所からです。
住所はエリオットの家の近く。「せっかくなので寄ってみたら?」と言う提案にエリオットは皆を誘って帰宅。
お姉さんの大歓迎にあいました。お母さんはいないみたいですね。
熱烈歓迎と夕食のお誘いを受け、今度こそ宿泊先へ。
そこはかつての遊撃士ギルドのあった所でした。
一体どういう思惑でここが宿泊先になったのか全く想像も付きませんが、まずは実習と手紙の確認。
うーん、相変わらず雑用おつかい系複数と戦闘付きが1個。
しかも帝都地下道の手配魔獣って、これは「公僕は何をしている!」と言う話ですよね。
仮にも皇帝が住む街でさ。ギルドにおまかせだったってどうなんですか。しかもそのギルド追い出しているし。

各地区の様子を見て、お使い系を全て終わらせてから、地下道の魔獣退治の依頼人の居るホテルへ。
ここでは、著名なオペラ歌手クロチルダとの出会いが。
うーん、ゲームに声が付くことの最大の問題は、この手のイベントですよね。
実は○○と××は・・・という驚きが少なくなってしまいます。
でも、それだけでは無い気がするんですよね。
だって、軌跡だから!
更に執行者だったとしても驚かないぞ。

さて、帝都の地下道は広いです。
何度も戦闘をやってレベルもどんどん上がって、手配魔獣のところへ到着。
戦う前にラウラとフィーが戦術リンクを今度こそ成功させたいと言い、強制メンバーに。
で、マキアスとユーシスと同じパターンですよ。
戦闘途中で戦術リンクが途切れてしまいます。
戦闘後、ラウラは自分を戦闘メンバーから外すようにと申し出ますが、リィンが「2人は出来さえすれば、最強の組み合わせだから」と、自分の方がサポートメンバーになると言い出します。
ここまで言われてしまったら、ラウラとフィーもなんとかしないと、とお互い歩み寄る一歩を踏み出しました。

帰りは、新たな脇道発見をしながら、入った所とは別の場所から出ることになりました。
出た先は公園。
そこではエリオットの音楽仲間達がいて、彼が彼らと音楽学校に進みたいと思っていた等のお話しを聞きました。
エリオットの家での夕食後もそんな彼の事情と決意を聞いて、ラウラも奮起。
フィーとの真剣勝負を申し出ました。
これは、あれですね、お約束の殴り合いからの友情の法則ですね。
場所は河原ではなく、公園ですが。
やっているのも女子ですが。
力と思いをぶつけあい、2人の間のわだかまりは消え去りましたが、男子組はとばっちりを受けます。
今なら戦術リンクが出来ると2人がリィン、マキアス、エリオットに対戦を申し込んできました。
こうしてみるとマキアスが一番良い味出しているキャラな気がしてきましたよ。
リィンはなあ、ロイドと似た感じでマンネリを感じる。
主人公が仲間調整キャラになるのは仕方がないとは思うのだけどね。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター