セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

タクティクスオウガ プレイ日記17

2周目Lルート

1章のルート分岐ポイントに一番近い、アンカーポイントへびゅんと飛びます。
マップは、ボルドュー湖畔からになりますね。
以降ゾード湿原(ガンプ対決はしなかった)→バルマムッサの町の1度目の戦い。
そして、会話選択で虐殺に賛成するか反対するかの分かれ道。
今回は思いっきり反対に行こうと思うので、公爵様に従うとレオナールに告げると、ヴァイスはあくまでもデニムとは反対の道行くのですね。
今回は、デニムをなじり、去っていきます。
その時にカチュアに意見を聞くのですが、もうこのブラコンったら「デニムに付いていく」ですよ。

バルマムッサの町の2度目の戦いでは、今回はラヴィニスは敵。
しかし、倒したらいけません。
仲間フラグのために、彼女は無視して進軍です。
すぐ近くにいるから、通行の妨げになるのですけどね。そして、足が遅い人が、攻撃の的になるのですけどね。
残りの人々を倒してクリア。

そして、「誰も僕を責めることはできない」いやいや、デニム君、虐殺に荷担しておいて、それは酷いのじゃない、なタイトルな2章へ。

そして、気付くと称号が「虐殺王」になっていた・・・。

2章に入ってすぐ、またバルマムッサの町でのバトル。
実質3連続ですね。
敵も強くなっていますが、こちらもスキル的になかなかになっていますので、そんなに苦労はしません。
その後、ゾード湿原→リィ・ブム水道まで進めたら、ラヴィニス加入条件イベントのレイゼン街道に寄り道。
どちらの民族からも同胞とは思われず、ガルスタン人の捕虜となり護送中のラヴィニスに遭遇。
彼女を助け出します。
助けた後、戻ってこないかと誘ってみるものの、断られてしまいます。
ですが、捕らえることなく彼女を見送るデニム。
ラヴィニスはカオスルートで仲間になりそうな設定なのですけどね。

本道の港町アシュトン。
ここでアロセール対決。自軍のアロセールはかなり育っているので、彼女の通常攻撃とダブルショットでリーダーのアロセールを倒しクリア。
自軍のアロセールさん、以降もリーダー狙いで大活躍中ですよ。

クァトリガ砦では、前回は敵として登場したザパンが敵に追われていたので、共闘。
報酬を貰うために公爵の所に戻るというので、一緒の船で帰ることになりました。
      
タインマウスの丘
今後のために将軍を逃がそうとする、決死の覚悟の救護兵達との戦闘。
リーダーのウィノアを倒すと、ちんたらと前線に居残っていた将軍グアチャロを倒せ、に目的が変更。

お城に戻ると、ロンウェー公爵とレオナールと軍議。
公爵はレオナールの反対意見を聞かず、暗黒騎士団の助力を求めるための使者として、デニムを送ることを決めます。
報酬を貰ったザパンですが、より多くの報酬を稼ぐためにと、このまま危険な任務に赴くデニムと同行すると言い出しました。やはり立場が違えば、相手の態度も見方も違いますよね。
暗黒騎士団の方の視点でみたら、また違って見えるのでしょうね。

ゴルボルザ平原 リーダーの義勇兵のガズンがカチュアに思わせぶりなことを言ってきますが、さっさと倒してしまったので、何が言いたかったのやら。

古都ライムについたらイベント。
レオナールから、もはや指導者としての力量が無い侯爵の暗殺計画を聞かされました。
代わりに解放軍のリーダーとなることに対して返答の選択肢がありました。
暗殺の上でのりーだーなんてなりたくなかったので、お断りしたらら「責から逃れる者」なんて不名誉な称号を頂きました。

敵さんの方が良い装備をしているので、勧誘活動をした方が良いのかなあ。
それとも、フランパが出てくるまで待つか。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム