セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

真・女神転生4 プレイ日記9

スカウトで連れている仲魔を増やしまくっているので、なかなか特殊合体の機会がありませんでした。
しばらく勧誘を止めて、やっと空きが3ヶ所できたので、特殊合体をちょっと。
配信のオレオードから。
手持ちの凶鳥チンとナラクでフケイをスカウトして精霊をつくり、ペレも素材悪魔から作成。
いや、全書の呼び出し料金が高いから。
ということで、素材悪魔の勧誘と合体を繰り返し。
今のレベルで作れて、なおかつ素材が分かっているハイピクシーとじゃあくフロストの3体を作りました。
これだけで結構な時間かかりましたよ。
で、時間が掛かっている割にはスキルは微妙。
うん、野良が素材だからね。
こうやって苦労して仲魔を作りましたが、今作は全書の埋まり具合と喚びだし料金は関係ないのよね。
アプリで下がるのだもの。
収集率の表示もないし、有料配信でしか仲魔に出来ないのもあるのに、何やっているのだか。
でも、解説も楽しみたいので、出来るだけ集めます。


ストーリーを進める前に、1つチャレンジを。
「クー・フーリンの武芸修行」とにかく物理攻撃がきつい。最初はタルンダとラクカジャをかけまくり。
あとは地道に攻撃です。弱点はなさそうで、時間が掛かったですよ。


ストーリーを進めて、池袋に到着。
いや、池袋までの道のりは長かった。
どこに行けばいいのか分からず、新宿内の施設を中途半端に回ってきました。(どこも封印されていて、途中までしかいけない)
「そういえば、渡し守が居る所もう一ヶ所あった」とだいぶ戻って上野で川を渡ってみると、そこには宝箱が複数あったのみ。
まあ、売れば船賃ぐらいは取り戻せるか・・・・
(このだいぶ後に、各街のハンター商会で、受けられる仕事が違うと言うことに気づき、クエストでここに来ないと行けないことに知りました。700マッカ無駄に使った、と悲しくなりました)

さて、池袋のサンショイン前。
そこは悪魔セイオウボによる障壁があり、ガイア教団の皆さんが、警戒中。
「一般ハンターはお呼びじゃないよ」と教団の実力者カガさん。
「地霊の護符があれば」結界は解けそうと聞かされ、持っていたそれを使ってみると、見事結界が消え去りました。
護符を持っていたことに、ちょっとだけ認められましたが、後は任せろとばかりにさっさと先に行ってしまいました。
そんなカガを「素敵な女性ね」とちょっとあこがれの眼差しのイザポー。

「セイオウボ狩りのススメ」がメインクエストとなりました。
セイオウボの作った結界内に突入。
先行していたカガと遭遇。
彼女は2体の悪魔と戦おうとしていました。
こちらに気付いた彼女は「1体任せる」と押しつけて来ましたよ。
セイギュウカイはそこそこの強さ。
倒すとイベントがあり、カガはまた先行。
したはずなのですけどねえ・・・。
セイオウボの所に着いたのはこちらが先。
イベントが始まるまでは、何をやってもダメージは1。
カガやって来て、彼女の強い意志の力を見たら、セイオウボが弱るので、そこからが本番。
しかし、公式サイトで登場人物として紹介されていたカガが出て来て早々お亡くなりになるとは。
「何度でも」と言っていたのはフラグ?
セイオウボにはちゃんと弱点があったので、途中で衝撃属性を持っている仲魔と入れ替えつつ戦闘。
「桃園の守護者」という攻撃・防御・回避能力が上がる技を使いますが、こちらにはデカじゃ持ちがいるのだよ!
ただし、攻撃スキルがメギドしかないがな!
精神異常無効、物理耐性、メギド、テトラカーン、デカジャ、ドーピング、タルンダ、チャージという捨てるには勿体ないスキルだけを寄せ集めたマカミがな。
衝撃スキル押しで無事倒し、次の場所を目指します。

池袋地下街
街だけど、ここは悪魔が徘徊中。
ターミナルがある場所ではお約束通り戦闘。
キウンとインキュバス2体。
雑魚なのに強いです。
アイスブレスみたいに複数に数回当たるタイプの技が、本当に当たりませんよね。
もしかして、速と魔にばかりポイントを振って、運を上げていないのがいけないのだろうか??

東口駅前のジュラク堂内の結界に入ります。
途中でリリムの群れと遭遇。
今度は魅了されないぜ!と気合いが入る男性陣。
いつもは問答無用で戦闘ですが、今回は何故か準備OKか聞かれた。
氷結魔法を使えばあっさり。しかし、1回しかアイスブレスが当たらないのは非常に悲しいですよ。

更に進んで小部屋に入るとイベント。
「イザポーは例の漫画の続きが読めないかな」なんて期待をしていたら、黒きサムライがやって来て、ネタバレし始めましたよ!
やっぱりベルばらだったんだ。
それはさておき。
黒きサムライは主人公達と争う姿勢は見せずに、話しをし出します。
この東京と東のミカド国は鏡を挟んだ世界で、実は何ら変わらないところ。
だから「東京に住んでもいいと思える」と聞かれますが、優柔不断にも「わからない」と答えてしまいました。
すると、「あなた達は何も分かっていないのね。」と言われ、更に「好きにしてちょうだい」と捕らえられることも辞さない態度。
言われて捕らえるのもなんですが、お仕事なので捕まえました。

するとここからイベントが続きます。
けど、日記はここで中断。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://penta9116.blog68.fc2.com/tb.php/2271-65f909b5

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

私の『ゲームメーター』のページはこちら

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム