セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

幻想水滸伝2 プレイ日記7

マチルダ騎士団領
シュウは次にマチルダ騎士団と同盟を結ぶことを提案。
グリンヒルにいる王国軍に見つからないようにこっそりと。

と、ストーリーを進める前に寄り道。
クライブを入れて、森の村へ行きエルザのイベントを発生させます。
それが終わったらワカバとトニーを仲間にし、ミューズ・グリンヒルに寄ってメグとからくり丸を仲間に。

ここまで進めたら、ストーリーに戻って、抜け道へ。
抜け道では、お待ちかねのビッキーが仲間に入ります。
これで移動がちょっと楽になります。
しかし、この抜け道から、ついにレベルの貯金が尽きました。
とうとう「にがす」ではなくなりましたよ。
でも、逃げられる限り逃げる!

山道を通り抜けると、マイクロトフが迎えに現れロックアックス城まで案内してくれます。(多分ここまで08:00)

ロックアックス城
騎士団長ゴルドーと会見。しかし、とりつく島もない対応。
レックナート様の夜這いがあって、翌日。
流民を追ってきた王国軍が、領地の境に現れました。
この戦争イベントは長いばかりで・・・。
終わると、流民を見捨てるゴルドーの対応に苦悩するマイクロトフ。
流民が現れるミューズで王国軍が一体何をしているのか、見に行くと1人飛び出して行きました。
カミューの頼みで、マイクロトフを追ってミューズへ。

が、その前に、大事なクライブのイベント。
ロックアックスの宿屋でエルザの行方を聞きます。
自分の用が済んだら帰ると言い出しますが、無視、無視。ミューズまで連れて行きますよ。

ミューズ
ミューズの近くに来ると、巨大な獣の陰が立ち上ります。
この獣に市民の魂を捧げられているのです。
なので、市内に入ると市民の気配は全くしません。
やっと出会った瀕死の男性から、事情を聞いて、ロックアックス城に帰還。

ロックアックス城
ミューズを救うように進言しましたが、ゴルドーは王国軍と事を構えるつもりはないとばかりに突っぱねられました。
騎士の在り方を思い、マイクロトフは自ら忠誠の誓いを破り、騎士団を去ることに。
そして、親友カミューや部下達もそれに習い騎士団を抜け、全員、同盟軍に力を貸してくれることになりました。
(ここまで08:37)

本拠地
王国軍に占拠されたラダトの様子を探りに行き、キバ親子に見つかってから本拠地に戻ると、戦争イベント。
しかし、ここまで待機だけで進められる戦争イベント・・・。
決まったターン数までイベントが発生するのを待つだけのお仕事なので、待つのが長いです。
今回は腰の落ち着かないリドリーが途中で退却を待つのがお仕事です。

一度退却してイベント。
王国では政変が。
そして、再びの戦争イベント。
王国軍のラウドは、ルカの野望の妨げになるキバ親子を陥れる気満々です。
今回は、キバが同盟軍の側に車で待つのがお仕事です。
キバが同盟軍に囲まれると、王国軍は引き上げ。
キバ・クラウス親子を捕らえ、王国軍の動きを告げるとルカによる王の暗殺を思い至った親子は、同盟軍への加入を促されると、仲間になってくれました。(ここまで09:07)

バナーの村→グレッグミンスター
王国軍との戦いを有利にすするメル為に、かつて都市同盟と対立していた赤月帝国の後に出来たトラン共和国と同盟を結ぶことになります。
帝国と国境を接していたサウスウィンドウのフリードは少々複雑な気持ち。
ビクトールを訪ねてきていたトラン大統領の息子シーナの案内で、トラン共和国の首都グレッグミンスターに行く事になりました。

クスクスの鍛冶屋で久しぶりに武器を鍛え(グリンヒルで行き損なった)、ラダトへ。
クライブを酒場に連れて行ってイベントを見たら、船でバナー村へ。(ここまでに09:18)
道具屋の掘り出し物でバラの胸飾りを買ったら、グレッグミンスターへ。

山道でワームとのボス戦がありますが、そんなに強くないので、レベルが低いメンバーでも無事に勝利。

グレッグミンスターに到着後、レパントと会話し同盟を結んで、カスミを仲間にして帰りました。
街中は後回し。まだ交易で稼いでないから。

クライブイベントについてを参考にしているサイトさんでは、この帰り道にカスミを連れているとロッカクの里に入れるとありましたが、私のプレイ状況では入れませんでした。ちゃんとカスミが戦闘メンバーでいるのだけど。
仕方が無いので、バナー村へ戻ります。
戻ったバナー村にはお迎えが来ているので、一度帰還。
ピンチが来ていますが、またたきの鏡が手に入ったので、仲間集めをしますよ。(ここまでに約10時間)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム