セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

幻想水滸伝2 プレイ日記6

トゥーリバー
途中でコボルトの村に寄ったけど古文書売ってない。大儲け出来る交易品をぼちぼち集めておかないとね。

トゥーリバーに着いて早々、ウィングホードの少年チャコに財布をすられてしまいました。
追いかける前に、宿屋でハンスを仲間にしました。(太っ腹にもただで店を出す許可を出してあげた)
ウィングボード居住区でチャコを追いかけ回しましたが、紹介状すら返してもらえず、諦めて人間の居住区に。
結局、紹介状は無くとも主人公の手の輝く盾の紋章が身の証となり、市長と会談が出来ました。

翌日再び訪問すると、市長マカイとコボルとの代表のリドリーが口論中。
この街に住む3つの種族間の問題に巻き込まれて、なんやかんやで(長いので書くのは略)、地下水路に行きます。

地下水路
ところで逃げる回数はもう満たしているのか。
城レベルがまだ1なので、スタリオンと勝負が出来ないからわからないよ。
というわけで、逃げまくり。
そのせいで、主人公とナナミ、オウラン以外は、皆、途中でお亡くなりのボス・ペストラット戦。
おかげで時間がかなり掛かってしまいました。
ボスを倒して、その奥の部屋に進むと、コボルとの村に抜けます。
ここで、リドリーと話をして帰ります。(ここまで06:42)

トゥーリバー
街に戻ったら、またチャコのイベント。
それを終えて翌日には、王国軍が攻めてくるので、主人公達も応戦の手伝い。
先程のボス戦で後衛はあっさり死んだので、王国兵は主人公の紋章でさくっと倒し、皆に経験値を。
む、こんなに簡単に上がるのなら、やっぱりボス戦前にちょっと戦ってレベルを上げておけば良かった。

トゥーリバーの人間達の応戦だけでは、王国軍は防げません。
焦る所に、ウィングボード達がやってきて、「自分たちだって、自分たちが住むこの街を守りたいと思う」と参戦。
その姿を見たコボルと達も他種族へのわだかまりよりも、自分たちの街を守る、と言う思いで参戦を決意。
3種族の力により王国軍は追い払われ、彼らは同盟軍に力を貸すことを決めました。(ここまで06:42)

さて、本拠地に帰る前に、寄り道。
コボルと居住区に行ってタコスフライを購入よ!

レイクウェストに戻るまでにほかほか状態になって、テツを仲間にしますよ。
テンガアールとヒックスのカップルにも会ってフラグ立て。
あれ?シロウがいなくなっている。

本拠地
テラスに行くとハイヨーが加入。
それから、やっとスタリオンを仲間に出来ます。
出来ても次のイベントのせいで、しばらくパーティーには入れられないのだけどね。

大広間に行くとグリンヒル陥落の知らせ。
市長のテレーズを助けるために、潜入することになりました。
学園都市なので、学生として入れる年齢の人と付き添い人役のフリックです。
グリンヒルからの帰り道に勧誘が出来るように、ゲンゲンとチャコを入れます。
あと1人は、ルックにしておきました。(ここまで07:10)

グリンヒル
ここも長いのよねーー。
なので、余計なことはしないで、毎日早寝を心がけます。
テレーズの側近のシンの行動を監視して、数日後の夜にやっとイベントが進みます。
隠し通路の仕掛けは、しっかり覚えていました。
覚えておく必要もないくらい簡単なんですけどね。
仕掛けを解いて森の中を進んで行くと、テレーズの隠れている小屋を発見。
テレーズと会い、共にグリンヒルから脱出しようと説得しますが失敗。
仕方が無いので、翌日に帰ろうとすると、王国軍がテレーズに懸賞金をかけ、市民達の心を揺さぶるのでした。
そして、そこにジョウイが王国軍の士官として登場。
喜び近づいたピリカにより、ラウドに正体を見破られてしまいました。
急いで、テレーズに事情を説明しに向かいます。
しかし、テレーズは自分さえ捕まれば、と逃げることを拒みます。
が、投降しようとしたテレーズの前に、ニナを含む市民達は、彼女への信頼と敬愛により、逃亡を促すのでした。
その言葉を受け、テレーズは必ず、この町を解放すると約束し、同盟軍に身を投じるのでした。

グリンヒルは強制戦闘以外戦いませんでしたよ。
ナナミ以外レベルが低いのだもん。ルックはそこそこあったけど。
戦闘は紋章で一掃で切り抜けましたよ。

グリンヒルから本拠地までの帰り道に、トゥーリバーのコボルト居住区でガボチャを、地下水路でシドを、紋章屋でジーンさんを仲間に。レイクウェストでシロウ(初めてチンチロリンで2連勝!)を仲間にして本拠地へ帰還です。(ここまで07:56)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター