セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

幻想水滸伝2 プレイ日記4

ハイランド駐屯地
皇国軍兵士に変装して、駐屯地へ。
一度怪しまれますが、うまく切り抜け、食糧庫を調べました。
引き上げる時になって、ラウド隊長に見つかってしまうので、中央付近の大きなテントに逃げこみます。
しかし、隊長、人手を読んでくる前に、2人に斬りかかるなりなんなりすればいいものを。
仮にも隊長なのだから、一少年兵だった2人より強いはず・・・?

逃げ込んだテントにはジル皇女がおり、彼女が2人をかくまってくれました。
ほとぼりをさまして、出たはずでしたが、ラウド隊長の方が上手でした。
見つかってしまい戦闘。再び兵が現れると、ジョウイが自分に任せて、と主人公を逃がしてくれました。

ミューズ市
○ボタンを連打しまくって、ストーリーは斜め読み状態なので、ちょっと話が複雑になると分からなくなってきますよ。
結局ゲンカクと都市同盟ってどんな関係だったのだっけ??

ミューズに戻ってからは会話イベントが続きます。
ジョウイの事を知って、ビクトールがジェスに怒ったり、ジョウイが帰ってくるのを待ったり。
戻ってきた翌日、ジョウストンの丘で都市度名の会議を見学に。
会議が終わって宿屋にもどると、皇国軍のソロン・ジーとの戦争イベントが始まります。
長い、です。
自分の自由にならないから、見ているだけだし。
皇国軍の傭兵のギルバートが途中で、寝返ってくれますが、その場を動かないものだから、戦闘で負けてやがりますよ。戦死はしてないよね?
マイクロトフも負けてますが、彼はストーリーで出てくるので戦死はないはず。

戦争後、アナベルから話がしたいと言われ、夜になったら市庁舎に行きます。
ジョウイの決断の時です。
アナベルを訪ねると、その場には倒れ伏すアナベルとナイフを持つジョウイの姿が。
そこをジェスに見られ、と言う所に皇国軍が街中へ。
ピリカを連れて、またもや逃走です。

コロネの村
到着時の時間は04:08。
このペースで大丈夫なのかしら。
対岸のサウスウィンドウに行くための船は、王国軍に止められており困ったことに。
宿屋へ行くとアイリ達に再会。
船を出してくれる人を探します。
船と言えば、タイホー。
タイホーと言えばチンチロリン。
セーブをして会いに行くと、シーナが船を出して貰えず、文句を言いつつ引き上げている所。
チンチロリンに勝てなくて、このシーン、3回見たぞ。
タイホーは目を揃えるのに、どうして私は目ましが続くのか!
勝ったら、アイリたちも一緒に対岸のクスクスまで船に乗せて貰います。

クスクス→サウスウィンドゥ
クスクスは通り過ぎるだけ。

サウスウィンドゥに着いたらビクトールと再会。
彼と一緒に宿屋に行くとフリックとも合流。(到着時間04:27)
市長のグランマイヤーに会ったら、副官?のフリード・Yとともにビクトールの因縁の相手ネクロード退治に向かいます。

で、ノースウィンドウに行く前に寄り道。
どんどん東に行ってラダトから傭兵対の砦に。
イベントを見たらトトの村まで行ってテンプルトンを仲間に。
これで、水滸図が手に入るので、「町を探してウロウロ、あ、時間が掛かり過ぎ!リセット」なんてことは無いですよ。

ノースウィンドゥ
ネクロードさん、相変わらずパイプオルガンをお弾きになっています。
TOAでもヴァン総長が戦う前にオルガンを弾いていて、笑ってしまいましたが、ネクロードさんもやっていたのですよね。
いや、笑ってすまなかった、総長。
そして、忘れていてごめん、ネクロード。

さて、ビクトールの故郷である、この村に着いてみれば、1で倒したネクロードは本物ではなかった!という事実が判明。
今度こそ本物を倒す!
ということになれば、当然、あれの力が要ります。
皆に説明するのに歯切れが悪いビクトール。
百聞は一見にしかず、ということで、お休みになっているところに伺います。

風の洞窟
岩を動かす仕掛けの所で、ちょっとよそ見をして失敗。
居場所を戻されるのと、岩の配置も戻されてしまいます。
時間に追われているので、余計に焦る。

入り口まで送ってくれるおじいさんがいますが、丁重にお断り。
先に進むと吸血鬼退治がお仕事のカーンがお待ちかね。
星辰剣とビクトールのことを知っており、一時協力体制に。
星辰剣の所に行けば、相変わらずなお口ぶり。
そして、今度もご機嫌を損ないバトルです。
主人公とナナミのレベルが上がっていても残りが微妙なので辛いです。
スタリオン対策に逃げているからなあ。
アイリが倒れるもなんとか勝利。

一度回復に戻って、04:41。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

私の『ゲームメーター』のページはこちら

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

癒しコーナー

「Emperor Penguin Empire」さんの「ぺそぎん」

ブログ内検索

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム