FC2ブログ
終焉

*3回目 (固有イベント有りのルート その2)

1章 6つ目の獣 ベルベット(固有イベント)
ベルベットもオーバーロード+ペインキラーで割とあっさり。
メルセデスとのイベントの方が萌えるかと。

2章 冥府の王
誰でもOKということですので、後を考えて再びメルセデス。
1回目の時よりうまくいった感じ。

3章 灼熱の化身 オズワルド(固有イベント)
オーバーロード+ペインキラー+アンリミテッドパワーでがつがつ削りました。
面倒なのでバーサクはしませんでした。
オニキスと獣は楽勝ですね。
最後が~~。

4章 結晶炉
誰でもOKということですので、グウェンドリン。
グウェンドリンは2段ジャンプ+方向キーで滑空するので、ホース移動時に位置調整をしようとしてあらぬ方向に行っていました。
核が出た時、オーバーロード+シャドウアレイをやったら、すごくHPを削れました。

5章 最後の竜
グウェンドリン以外の誰かということですので、コルネリウス。
戦い方はベルベットの時と同じ。

*4回目 (叙事詩(ベスト)ルート)
このルートでは叙事詩に見合う人物で戦います。
そして、このルートでのみエンディングにたどり着くことが出来ます。

1章 6つ目の獣 コルネリウス
コルネリウスもオーバーロードを使えば楽勝。
ここで初めて、終焉を回避する方法をイングヴェイが思いつきます。

2章 冥府の王 オズワルド
4回目となるとお手の物。
オズワルドの父親の正体にびっくり。
メルヴィンも実は良いところもあったのかもね。

3章 灼熱の化身 メルセデス
ラウンドショット最強伝説再び。
数発放ったら終わりでした。
ここで、メルセデスの真の名が解ります。
なるほど、共通イベントでは見せなかったはず。

4章 結晶炉 ベルベット
ベルベットが一番ホース移動をしやすかったです。
コルドロンが壊れることなく停止。

5章 最後の竜 グウェンドリン
竜の背の移動が一番やりやすかった気がしました。
青い小鳥の正体は…。

叙事詩ルートを辿ることで、7冊目の「生と死の糸車」が出現し、エンディングへと向かいます。
ここは見るだけです。
そして、感動のエンディング。
色々言いたいことはあるけれど、見てのお楽しみ。
「お幸せに。」と言う感じで。

スタッフロールで流れるテーマ曲が綺麗で良かったです。
感想はまた後日に書きたいと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://penta9116.blog68.fc2.com/tb.php/219-f9dc8826