サモンナイト プレイ日記3

何があって忙しいという訳でも無いのですが、なんとなく時間が取れません。
おかげで10日も開いてしまいました。
その間のプレイを忘れ気味。

成功した召還は装備できる、ということにしばらくして気付きました。
何も無かった時の組み合わせを忘れているので、相変わらず不便です。

第4話 さまよう拳
居候の主人公が更にもう一人の居候を連れて行く話。
オプテュスともめてしまった、よそから来たジンガ少年を助ける次第。
さて、あと何回オプテュスの皆さんと戦うのでしょう?
いい加減しつこいです。
相変わらず誘き寄せて、皆で囲んでぼこる。
ああん、もう!すかっと倒してみたいよ!

アジトに連れて帰ると、今度もガゼルにとやかく言われました。
うん、まあ、当然ですよね、貧乏な所に、お金を稼いでこない奴が、更に食べさせる必要がある奴を連れてくれば。
が、結局、アジト住まいを続けていますけど。
主人公はアネゴになりました。

第5話 追憶の荒野
フリーミッションでお金と経験値を稼ごうと街の外に出たら、森でサブストーリーが始まりました。
狼に父を殺されたスウォンの復讐話。
まずは復讐の為にVS森の主ガレフと仲間たち戦。
これが発生したために、一番低いレベルのフリーバトルが無くなったため、なんとしてもクリアしなければなりません。
収入以上の薬の使用で、なんとか乗り切りました。

狼たちが暴れた原因を突き止め、VS寄生キノコ戦。
また無駄に召還してしまった・・・絶望。
最後のキノコ相手に志望者名。
勝てばよいのです、勝てば。
経験値の振り分けは、最初は妙な気がしましたが、こういうことが重なるとありがたいですね。

メインストーリーでは一番微妙な性能のキールと二人で荒野にお出かけ、という事態に。
断ったら3人目が来るのでは、と期待しましたが、ストーリーが進まないだけでした。
そんな!
しかし、荒野で偶然行き会った謎の剣士が、しつこいオプテュスメンバーとのバトルを手伝ってくれました。
そのまま仲間になるかと思ったら逃げられた。

第6話 静かなる凶鬼
あの・・・RPGのお約束的、世界を救うという話ではないのでしょうか?
今回もオプテュスとの因縁話です。
ちょっと親しげにオプテュスのメンバーのカノンと、バノッサのことを話していたら、見つかってまたバトル。
「実はあの人は、こんな風に良い所もあるんです」的なところだったのに。
カノンはおっとり好少年というだけではありませんでした。
もしかして、彼がキーパーソン?

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)