サモンナイト プレイ日記2

いやあ、さっぱり捗っていませんよ。
最近のご親切なゲームに慣れた体には辛い。
フリーバトルでの経験値、少ない!お金も少ない!
ついでに、一度誓約のちからで使った石とアクセサリーの正解の組み合わせが、見られないのが困る。
緊迫した所で、何も出てこなかった時の悲しみといったら!

第2話 その名を知る者
台所でリプレと会話したら、釣りのミニゲームが始まりました。
・・・一度も成功しませんでした・・・。
一生懸命連打したのに。

主人公がこの世界に現れる儀式を行ったと思われる場所に、戻る手がかりを求めて、男子3人とともに出発。
しつこいオプテュスメンバーと再びバトル。
慎重に誘き寄せつつ、無事終わったとほっとしたのも束の間、彼らのボスバノッサが来て、バノッサ率いるオプテュスチームと2戦目。
今時のゲームじゃないから、ここは連戦ですよ、セーブはなし。
負けたら・・・やり直しだよ、最初から。
ということで景気よく回復アイテムを使ってクリア。

主人公を召還した召還師の下っ端だったキールと出会い、ガゼルに反対されながらアジトに連れて帰る事にしました。
主人公、居候の癖に、結構図々しいですよ。

第3話 金の派閥
キールに聞いても、やはり戻る事は簡単な事ではないことが判明。
ついでに主人公がとっさに使う力は召還術だということを教えられました。

キールを仲間達と打ち解けさせるようにしたり(このまま置いておく気か)、エドスと川辺で話してみたり。
川辺の花が綺麗だったので、翌日は皆でお花見に行きました。

が、そこは既にお貴族様たちが集まって宴まっただ中。
仕方なく、河原ではないところでお弁当。

お弁当を食べ終わった後も、もやもやしていたガゼルは貴族の宴会に忍び込み、調理場で下働きの振りをしてお菓子を盗んでしまいましたよ。
巻き込まれた主人公も一緒に。
しかし、すぐに見つかってしまい、主催者の召還師とVSイムラン率いる兵士達
召還術を使う敵相手では誘き寄せも、簡単にはいきません。
どうしても攻撃を受けてしまいますよ、しかもダメージ大きい。
ついでに主人公が死んだらゲームオーバーだから、つい後ろに置きがち。
そうこうする内に仲間が犠牲となりましたが、クリアすればいいとばかりに強引に。

そして、クリア後にイムランの台詞「平民ごときが召還術を使うとは」という台詞を聞いて、召還術が付けるようになっていた気付きました・・・。
まさか、キールのあの程度の話を聞いただけで使えるようになっているとは知らなかったよ。
もっとこう、派手なイベントがあると思っていたのよ。(ピンチの仲間を助けるために、無意識で出来るとか、よくあるそういうパターン)

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)