セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 プレイ日記6

第四話 陽炎の魔女
鬼印盗賊団の集会風景からスタート。
なんか御霧さんが気の毒なポジションな気がしてきた・・・。

さて、鴉羽神社の朝。
朝子さんが早起きして朝食を作ってくれようとしました。
が、早起きした事が思いっきり無駄になるくらい話し込んでしまったため、お手製の朝食は無し。
ただ雨が降るのではないかという予想しか残されませんでした。

学校に行くと朝からクラスがざわめいています。
主人公が転校してきたばかりだというのに、再び転校生がやって来たとか。
しかもこのクラスに。
そして現れたのは、アンジーと言うスペイン人の少女。
・・・ええと、このゲーム、ストーリーが短いのよね。
だから、彼女の正体を隠す気はナッシングのようです。
おかげで、主人公との会話では警戒気味の答えばかり選びたくなってしまいますよ。

主人公達がちょっと不審に思い始めたのは、体育の時間に足を痛めた弥紀にアンジーがおまじないをかけた時から。
ただのおまじないのはずなのに、本当に痛みが消えてしまったのです。

さて、そのアンジー、その外見とお得意の占いでわずか数時間でクラスの人気者。
展開が早いわ!
女子が次々に占いを頼む中、主人公は頼んでもいないのに順番を無視して占ってくれました。
悪意があるようなないよな言い方で、主人公の未来を指し示すカード「白」の解説をしてくれました。
どんなセンサーを内蔵しているのか蒐が占いの後に現れ、タロットカードについてを話してくれました。

放課後は、絢人にアンジーのことを聞いてみようと、ドッグタグに行こうとしていたら、朝子に呼び止められました。
どうしようか悩んでいるつもりで「困」を選んだのですが、お断りになってしまったよ。
おかげで面談は中止。
ちょっと申し訳ないですが、下校しようと靴箱に行くと・・・果たし状?ラブレター?
どっちかわからない「屋上に来て」というお手紙が。
通りかかった蒐が、この手紙に書かれていた紋様が不吉な物と教えてくれ、更にそのまじないを解いてくれるというので、贈呈しておきました。
彼もかなり怪しい人物ですが、正体はなんなのでしょう?本当にただの四角マニア?

屋上で待っていたのはアンジー。
結果で言えば、果たし状兼ラブレターでした。(段々、書くのが面倒になっている)
自分が鬼印盗賊団のメンバーである事を明かし、主人公の札を奪ってその場から姿を消してしまいました。

ドッグタグは千客万来。
いちると伊佐地さんと久しぶりに会ったり、伊佐地の知り合いが来たり、と。
しかし、肝心の絢人は来ません。
マスターも来ないのが気になったのか、絢人は仕事で花園神社に向かったと教えてくれました。


花園神社に行ってみると、そこには花札を奪われ、倒れた絢人と付きそう輪が。(あ、輪って女の子だったのね。好みの相手を聞かれたときに、名前が出てきて驚いたよ)
絢人が怪我をしたのかと心配したら、アンジーが華麗に殴ってくれたのを喜び語りだしたので、こっちも1発殴っておきました。

春の洞
クエスト全終了効果はまだ健在。雑魚敵なんて余裕で倒せてしまいます。
ただ仕掛けとか、移動できる所を見つけるのがやっかい。
ついでに特別クエストも終わらせておく。

ボスは当然アンジーです。
このゲームの戦闘時の人間キャラは今ひとつだなあ。
余裕で倒せそうだったので、雑魚を全部片付けてトドメを。

アンジーを倒し、彼女が奪った花札と元々持っていた方を取ろうとすると、前と同じく矢が飛んできました。
盗賊団のボス義王と御霧の登場。
義王は奪った花札を更に奪い返すのは認めるけど、元々の方は認めないとのこと。
しゃべり方のせいで中ボスぐらいにしか思えないんですが、どうなんでしょう?
いや、本当にミギーと呼ばれる御霧さんがおお気の毒で、お気の毒で。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター