東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 プレイ日記4

第参話 東風の使者
鴉羽神社に住まう主人公を監視する怪しい人影。
忍んでいるつもりらしいけど、全く忍んでいない忍者の少年。
登校しようとした主人公はしっかり声をかけておきました。
非常に可愛らしい顔の子ですが、仲間キャラなのか敵キャラなのか。
このドジっ子、ツンデレ属性を漂わせる雰囲気から仲間キャラと見た!
逃げ去った彼を見送り、学校へ。

本日は、事件はありませんでしたが、巴が情報を持ってきました。
先日、花札を奪っていった奴が、寇聖高校の学生だという事がわかりました。
でもって、そいつの事を知るために、放課後に喫茶店ドッグタグにいるという腕利きの情報屋さんに会いに行く事になりました。
で、情報屋さんって、そんなに普通にいるものなんですか?
一介の女子高生にでも耳に入るくらいなものなのだろうか?
都会だと普通なんだろうか??

さて、放課後。
店の前で富樫と言う燈治と顔見知りの女刑事さんと出会いました。
鴉之杜学園で起きた怪事件について調べているようで、色々聞いてきましたが、当たり障りのない事を答えてお別れ。
さて、中に入ってみると厳ついマスターだけしかいませんでしたが、今日はその情報屋さんが来る日というので待ってみる事に。
そして、現れれたのは、なかなかの美貌の持ち主である高校生・香ノ巣 絢人でした。
あれ?この人、朝の忍者っ子と一緒にいた人じゃないか。
ということは、主人公の事を知っているのか?
しかし、彼は主人公の事は見向きもしないで、巴と弥紀しか相手にしません。
そして、彼が情報提供の見返りとして出してきた条件は!
「自分を殴る事」でした・・・Mの人かよ!!
勿論、主人公が殴って上げました。
それでも対価を払った事にしてくれた絢人は、いい人なのかもしれない。
先日、花札を奪った男の名前・鹿島 御霧と、彼が属する鬼印盗賊団について教えてくれました。
これ以上関わる事を止められ、また「彼らに興味を持たれるようなモノなど持っていないだろう」と言われたので、花札の一件を話すと、花園神社のことを教えてくれました。

ということで次の目的地は花園神社なのですが。
実は、ここまで、主人公の学校や家がある地区以外に出られる事にずっと気付いていませんでした・・・・。
なので、クエストが何時までも出てこないなあ、と思っていたのですよ。
今更、この喫茶店でクエストが受けられると知り、現在クエストをやりまくっているところです。
止め時が分からないよーー。
次から次にクエストが出るし、依頼人が増えるし!
終わりがないのかと、つい調べてしまいましたよ。
この段階で一区切り付く依頼人がいるようなので、それまでは黙々とやり続けますよ!
あ、依頼の都合で春の洞・第一階層の途中までは進んでいます。


テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

コメント

NoTitle

こんばんは。
やあ、以前×ボタンで探索エリアを広げられると書いたのですが
うまく伝わってなかったようで申し訳ないです。
さあ、こんな言葉足らずな僕を殴って(以下略

クエスト内容は、ストーリー後半になればなるほど面倒な依頼ばかりになるので
(その時進行可能な限りの洞からランダムに選ばれるので)
2~3話あたりで特別依頼以外は全員分こなしたほうが結果的に時間短縮になります。
強い武器も手に入りますし。
延々と作業を続けていく面倒さはあるのですが、気付いた時には一介の高校生が大富豪に!

NoTitle

こんにちは。
違うの!違うの!
間違いなく伝わっていました。
が、何故か時間が経つにつれ、「×ボタンを使えばよい」が「×ボタンを使わないが良い」に変換されていたのです!
(私には良くある事Part2です。ちなみにPart1は、Aを買ったつもりでその隣に置いてあったBが何故か買い物袋から、です。日曜日もピリ辛ウィンナーを買ったはずなのに何故かたこさんウィンナーがあったよ・・・)

いい加減ストーリーを進めようかと思いましたが、止めました。
しっかり全部終わらせて、「ふ、上から下まで全部くれたまえ」と太っ腹な買い物ができるくらいになります!
(今でも充分お金持ちですけど♪)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)