セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

ファイナルファンタジー零式 プレイ日記1

体験版「ナツビ」はシッカリDLして、を全員分の制服を集めていました。
が、これ、戦闘中の操作が多くて、反射神経が残念な私には厳しいかなあ、と思っていました。
ですが、同じくプレイした息子がやるというので、予約して購入。
その後、ずっと子供が遊びまくり、やっと先月末に使用権を渡されましたよ。

積みゲーがTOS一本で、そちらの気分ではなかったので(ついでにPS2は子供がプレイしているアバドン王が入っていて入れ替え面倒なので)、気合い入れてこちらをプレイします。
レベルアップで下手さをカバーできると信じるよ!!

第一章「開戦、運命の3時間」
相変わらずムービーが綺麗ですね、スクエニゲーム。
厨二が全開の固有名詞はさっぱり覚えられません。
白虎を冠する国が、大陸間協定を破って朱雀を攻め入ってきました。
魔法国家である朱雀の魔法の源であるクリスタルを封じる手段、クリスタルジャマーをもって、朱雀国内を制圧。
そんな中、1人の兵士がなんかの任務を持って市内に入り、目的を果たし戦死。
受け取った側の視点になって、やっと操作ができます。

チュートリアル的な物を受けながら、先に進んでいきます。
メンバーはエース、クイーン、ナインです。
私は遠くからちまちま頑張れるということでエースを操作。
しかし、チュートリアルだけでは操作を覚えられなかった私が、メニューを開いていると、その間もゲームは進行しています。
勘弁してください。
落ち着いて、説明ぐらい読ませてください。
しばらくの間はリレイズ機能が付いた腕輪を装備できているので、問題は無いのですが。

章全体がチュートリアルになっているので、ボス戦も割合簡単。(ただし、しっかり回避は必要)
ボスに斬鉄剣が効くくらい。
その後の戦いのトドメはキルサイトでと指示されて、「あれ?どうやるんだっけ?」とまごまご適当に操作していたら、終わりました。

第ニ章 朱雀の旗が立つとき
ジャマーが発動する中、魔法が使えたエース達のおかげで、朱雀の地が完全に失われる事はありませんでした。
朱雀のお偉いさん達は集まって、今後の方針を相談。
アギト候補生達を戦力として投入する事が決定しました。
で、アギトって何?

エース達は元々魔導院に属していた訳ではないようですね。
詳しい事情説明はありませんでしたが、この度、ドクター・アレシアの意向で魔導院0組に属する事になったようです。
また、アレシアによれば、エース達12人に加え、新たに2名マキナ、レムが0組に属することになるとのこと。
ただし、この2名にはエース達が知っているファントマの秘密については、語らないように、と口止めされました。

始めて魔導院に来たので、あちこち見て回ります。
ここでもチュートリアル的な物が。
イベント会話で時間が経過していくのですが、全部が終わらないうちに、時間切れ、ミッション発動です。
そんなああ!

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター