セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

幻想水滸伝 ティアクライス プレイ日記6

攻略サイトを見てしっかり、神行法の呪符を取って、多少移動が楽になりました。
でも2周する気力は出なさそうなので、仲間集めもしっかりカンニング。
こういう風に集めるのは如何にも幻水らしくて楽しいわ。

あ、それと、毎回パチパチしてくださっている方、ありがとうございます♪

さてプレイ日記は多少遡って。

ナイネニス
ホーパス族に会いに行くと町に行くと、まずはその形態にびっくり。
貝だーーー、大きな貝だーー、ロマンだわ。
主人公達もびっくりする中、ランブル族の親子が中から出てきて、ボーパス族がすっかり人間への信頼を無くしてしまって、会ってくれないと話してくれました。
クーガがここは自分の出番と、入り口に来たボーパス族と話をつけ、中でしっかり話しをすることに。
なかなか出てこないクーガを心配して待っていると、主人公達を族長たる巫女ネイラに会わせてくれると中に招き入れられました。
先日ホーパス族が襲撃したことを詫びられ、その事情を聞かされていると、ホーパス族が信仰する神ニヌルネダ様
が巫女に降りてきて(主人公、思いっきり疑いの眼差し)、協会に盗まれたボーパス族の大事な歴史書でもある連珠を取り返すように、言われました。
なんでも、どうしても倒せない敵がいて彼らだけでは取り返すことが出来ないのだとか。
ということ、主人公、クーガ、リウ、ニムニと言う強制メンバーで海岸の洞窟に向かうことになりました。

海岸の洞窟
この段階ではまだ神行法の呪符がないから辛いです。
回復魔法が使える星の印持ちが主人公のみなので、アイテムをごっそり持ち込んで探索です。
真ん中をひたすら進んで行くと本道でした。
途中で本道っぽいと気付いて、戻って宝箱を探しに行く自分が悲しい。
宝箱は全部開けたいのよ!
ボーパス族が倒せないと言う敵はレネゲイトでした。
どうやら私、勘違いしていたようです。
レネゲイトが来ている世界の人は倒せないけど、それ以外の世界から来た人には倒せる(元々、同じ世界所属である
必要はないっぽい。クーガとこのレネゲイトが同一世界出身という説明はなかった)ようです。
レネゲイト戦。
ダンジョンに入る前に、交易でお金を稼いで、装備を調えていたおかげで、ニムニもピンチになることなく、せっせとアイテムで回復していました。
主人公はたまたま剣を装備していたのもばっちり。
宝箱取得のためにうろついてレベルもそこそこだったため、難なくクリアでした。
トドメは当然クーガで。

連珠を手に入れてみると、実はこれも書のひとつと言うことが判明。
早速届けようと帰っていると、司書のコノンが奪い返そうと現れました。
今度もどうせイベント戦闘・・・と思ったら、初めてまともにダメージが入りましたよ。
ということは、真面目に戦わないといけないのか。
セーブポイントがここまで無かったのだものね!!
倒すとお約束の捨て台詞を吐いて逃げていきました。
初めて撃退できて、「俺たちが強くなったんだ」と言ってましたけど、そんなに強くなった気がしないよ。

ナイネニス
巫女ネイラに渡すと再びニヌルネダ様が出てきて、これを取り戻してくれた人間に力を貸すようにとお告げ。
こちらから頼む前に、協力が申し出られ、これで砦を攻略することが出来る目処が立ちました。
急いで帰る主人公。
リウは部屋を辞去する前に巫女に「連珠や書って何?」と聞いてみると、ニヌルネダ様が現れ「『世界の記憶』、この世界すべての歴史が書いてあるのではないか。しかし、それは大きすぎて我々には断片としてか受け取ることができないのでは。書が複数有るのは、百万世界である別の世界の記憶かもしれない。」とのことでした。

ラザの砦
「いよいよ攻略の準備が整った」と思って帰ってきたのに、帝国の方が焦って、あの後一度再攻撃してぼろ負けしたそうです。
皇宮に行くと皇帝やシャイアに冥夜の剣士団との対立を煽られ、危うく恨みを買う所でしたが、主人公が意外にも観察力の有る所を見せてくれたことや、クロデギルドの明晰さと指導力で、出陣前に解消。
協力して砦攻略に向かいました。
今回もヴァズロフは倒すことが出来ませんでしたが、ボーパス族の奇襲により無事砦を奪取出来ました。
しかし、あっさりと引き上げていった協会軍も気になる所。
とはいえ、まずは主人公達の第1の目的である、クーガの帰還を見送りました。

引き上げた協会軍は近くに捕虜は残していった模様。
彼ら態度は非常に気になります。
もしかして、砦に何か起きる??
用心のため、帝国兵達に外に出るように行っても聞き入れてはもらえず、仕方がないのでこれ以上人が入ってこないように、そしてシャイアに命令を出して貰うことにして、冥夜剣士団は使者として赴き、主人公達は外で見張り番。
すると案の定、砦は大地震により崩壊。
多くの帝国兵が犠牲となったのでした。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター