セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

幻想水滸伝 紡がれし百年の時 プレイ日記8

以降のどこかで鎧職人の伝承イベントをやりました。
ワイバーンの巣にいるバダムハタンと話したら、メリスマ平原に苗木を持って行ってくれました。そこで、鎧職人と会話。氷結洞で氷結石を取ってくると伝承完了でした。

他にも過去に戻って伝承イベントを。
フラグが立っていないのか、会話だけの人もいましたよ。
しばらくは行き当たりばったりで回収していきます。


では、本編の方を。
ワフディに頼んで、当時の前線であった砦に植樹をしてもらい、現在を経由してそちらへ。
途中のペリエの森で、朱キ斧と戦っているエルミオーネというアイオニアの女性兵士を助けました。
所属する隊が壊滅し、復讐心にとらわれていた彼女は、朱キ斧を戦う主人公達の仲間になりたい、と言ってきますが、ここでは主人公君は大歓迎とはせずに、じっくりお話モード。
復讐心だけで戦うというのなら、それは朱キ斧と全く同じであること。
また自分の母はアイオニア軍に殺されておりエルミオーネの主張を取るなら、自分は彼女を殺しても良いと言うことになってしまうと言うこと。
まだ自分にはどうしたらいいのか分からないけど、復讐の連鎖ではいけないと考えていること。
そんな話をして、彼女も復讐心だけにとらわれないのでしたら、と了解を求めました。
エルミオーネも、目の前にしたら約束できないけど、時間があるときは考えてみると言って、仲間になりました。

ぼちぼち同じ職業の人が出てきたけど、技の継承は結構かかりますね。
持っている技によって使い分ければ良いのかもしれないけれど、どうせなら好みの方をつれて歩きたいしね。

砦の跡地から過去のティオス砦へ。
こちらで指導者的立場にあったアイオニアの魔術師の女性ベレニケにお目にかかります。
あら、結構なおばあさん。
その人柄で、出自に関係なく慕われているようです。
彼女にテラスファルマについて聞いてみますが、主人公達が知っている以上のことは何も知らないようです。
周期以外にも現れたことはない、とも。
何も役に立てなくて、と恐縮する彼女と彼女の仲間のおじさんから槍の技の伝承を受け、帰ることにしました。
ただ、彼女がふと漏らした「宿星」のお話がちょっと気にかかる主人公君とレギウスでした。
帰る直前に、ルージンという職人に呼び止められ、今後の助けにと武器を渡してくれようとしましたが、お持ち帰りは不可、と聞き、「じゃ、100年後まで残るように何とかして地面に埋めておくから」と約束されました。

現在に戻ってみると、地面をやたらと掘り返す魔石職人の女性フォルネに遭遇。
ルージンの日記を読んで何かが埋まっていることを知っていたようです。
彼女と取引をした後、仲間になりました。

本拠地に戻ると、約束の石版が発見されており、母屋に設置済み。
あれ?ここに○○星って書いてあるよ?これが宿星ということ?
というお話がちょろりと。
正直、このお話で宿星はいらないと思うの。
時代が違う、同行できないキャラがいるのは、不満よ!!

この後、アピロ丘陵、アピロ砂漠、巨獣の骨と移動し、過去のベレニケに頼んで、ここに苗木を植えて貰いました。

アピロ丘陵では、ボス戦あり。
復讐心に捕らわれる朱キ斧のザヴィドとテラスシュヴァリエです。
あのーー、そろそろ復活の薬くださーーーい。
なんで、最初にダメージを受けたキャラばかり狙われるの!

アピロ砂漠では、スニルを仲間にするイベント。
ちょうどモーディーを仲間に入れていたら、二人の会話イベントがあったけど、居なかったらわざわざ無嘉永に行かないといけなかったのかしら??
それと丘陵地から顔出ししているスケイルホードの人はまだ仲間にならないのかしらね。

巨獣の骨では拾った骨のカケラをプレゼントしたら、仲間になってくれるスケイルホードが一人。
骨(鎧の一部。これを作った顔無しキャラが宿星っていうのは嫌だ!!)

続きは長くなりそうなので、また明日。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター

右サイドメニュー