セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

幻想水滸伝 紡がれし百年の時 プレイ日記1

真2をやりながら、ディスガイア2とどちらを先にしようか悩み、こちらをやってみることにしました。

名前入力画面時の音楽を聴いて「おお、幻想水滸伝だー」と感動。
「Now Loading」時の画面を見て、「おお、幻想水滸伝だー」とまた感動。
が、戦闘画面で、ちょっとがっくり。1,2(5もだったよね?)のようなさくさくとした動きじゃないのよ。
3の時のようなもっさりとした動き。剣士がそんなにとろくてどうする!と思いましたよ。
あ、仲間が入った時の効果音はいつも通りでした。

さて、ストーリーです。
300年前に現れた異常な魔物達。
以降、100年ごとにこの魔物達は現れ、「百年目の怪物」と呼ばれるようになった。

主人公は、100年前に「百年目の怪物」を倒した英雄トルワドの子孫。
数年前に亡くなった母から剣を教わり、修行に励む少年です。
今年はついに100年目。
今回も怪物が現れるのか。

友人の魔術師のミュラ、魔石職人のジーノ姉弟と共に修行に出かけた帰り道。
村を治める頭領が留守にしているところへ、アイオニア聖皇国からの使者デューカス隊長に出会った。
アイオニア聖皇国は「百年目の怪物」に備えるために、各地に過重な負担を強いて従属させていた。
頭領の留守中にそんな国の使者を招き入れては大変と、なんとか交渉し、この場は引いてもらえた。
安堵し、村へ戻る3人の前に現れたのは・・・見たこともない怪物。
「百年目の怪物」だと確信した3人。
戦えないジーノは先に警告に村に戻ってもらい、二人でなんとかしようとするも、次々に現れる怪物に二人は近くの砦まで退却。
ここで一息ついていると、なぜか怪物達が入ってこない。
不思議がって周りを見渡すと、今朝「花が咲かない木」と話していたばかりの木が花をつけていました。
驚く二人に一人の見慣れない少年ゼフォンが声をかけて来ました。
そして、「なんとかする方法を教えてあげる」と言われ、彼に言われるまま木・時代樹に触れると・・・。

扉が壊れていたはずの砦の入り口がきれいな姿に。
どういうことだ?驚いているところに、一人の青年が現れ、声をかけられる。
話をしてみると、信じられないことに二人は100年前に飛ばされたと思われる内容。
ゼフォンも姿を現し、本当に彼らが100年前に来たことを告げられるも、3人はちょっと半信半疑。
しかし、ある事態を経て、信じざる状況に。
そして、主人公達が100年後に怪物と出会って苦戦していることを知ったトルワドは、主人公に技を教えてくれることになりました。

現代に戻り、彼から学んだ技を用い、怪物を倒して村に戻った主人公。
しかし、村は・・・。
悲しむ主人公とミュラの前に姿を現したゼフォンは時代樹の苗木を渡し、これを過去に持って行き植えたら、この事態を防げるかもしれない、と話し出す。
再び時代樹に触れ、過去に向かう二人。
トルワドに事情を話し、村の近くに植えてもらい、元の時代に戻ると。
村は怪物の襲撃を免れ、皆の無事な姿が。

何か理不尽な思いを抱えた主人公に、ゼフォンは百万世界の話をし始めた。

とまだ始めたばかりの所までです。

フィールドは各地とも1マップ程度しかありません。
カメラワークがちょっと微妙。
あと狭い脇道に入ろうとするとすぐに引っかかるのですよね。
人物と物の辺り判定がちょっと大雑把なのかもしれません。
モンスターとはシンボルエンカウントなのですが、当たったと思っても当たってない時もあったし。

町中は自由に歩けません。
場所を指定して移動するだけ。
まあ、このカメラワークなら、その方がマシですが、宝箱を探す楽しみが無い・・・。



Comment

 

私も始めました。
同じく名前入力画面やロード中に懐かしさを覚え、カメラワークやフィールドの狭さ、街中の場所指定移動に抵抗感がありました。仲間探しとかどうするんでしょうね。

エンカウントも、接触してないのに戦闘に入ったり、後ろから接触しようとしても先制が取れるわけでもないので、カメラワークが悪い分こちらに不利なところが多そうで。

しかし、時代を超えての歴史改変やその結果が後々どう響くのか、ゼフォンの狙いなど気になる話運びなのでわくわくしながらやってます。
  • posted by 縁永(ゆかりな) 
  • URL 
  • 2012.02/15 18:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

はじめまして。
私も現在幻水プレイ中です!
カメラワークは非常に残念な仕様になっていますよね。R+○またはR+□でもカメラ回せるので知ってたらちょっとは楽になりますよ!もうすでに知ってらっしゃったら申し訳ないです。
今後もちょくちょくブログ拝見させていただきますね!
  • posted by くろ 
  • URL 
  • 2012.02/15 20:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんは。
フィールド、めちゃくちゃ狭いですね。
でも、カメラワークが良くないので、広くても困ってしまいますけどね。

エンカウントは当たったのに当たってなかったり、当たってないのに当たったりです。
先制やバックアタックがないので、もうよってくるのをじっと待っています。

ストーリーは先が気になる展開なので、今のところ楽しめています。
  • posted by ペンタ 
  • URL 
  • 2012.02/15 20:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

くろ様
初めまして&ようこそいらっしゃいませ。
カメラワークは、皆さん使いにくいと思っているのですね。

>R+○またはR+□でもカメラ回せるので
う、また取説をしっかり読んでいなかった・・・。
教えてくださってありがとうございます。
次からはそのようにします。

はい。また遊びに来てくださったら幸いです。
幻水ワールドをご一緒に楽しみましょう。
  • posted by ペンタ 
  • URL 
  • 2012.02/15 20:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター