セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

真・女神転生2 プレイ日記8

やっぱりゲイリンさんは格好いいなあ、と家族がプレイ中のアバドン王を見ながら思う。
しかし、真シリーズもペルソナもデビルサマナーも何もかも、次世代(というのももはやアレだけど)据え置きで出ませんよねえ。
もう、出ないのかなあ。
悪魔が動き回るのが、本当に見ていて楽しい。


さて、プレイ日記です。
もう1度、イェツラー回廊に戻って、今度はネツァク。
今度は満月の時に、ボス戦。
マスターテリオンもいつものメンバーで。
結局、使うメンバーは一緒。
こういうタイプの人間には真3以降のように悪魔のレベルが上がるシステムはありがたいです。
(そして、いつまでもだいそうじょうが手放せなくなる)

2つの鍵を手に入れ、イェツラー回廊を経由しティフェレトへ。
今度はターミナルが使えるようになっているので、街に入って1度セーブ。

ベリアー回廊へ行くとゴモリー(顔がはっきり見えませんが美人に違いないと信じています)に攫われ、ケテル城の魔王ルシファーの元へ連れて行かれ、サタンの話を聞かされて帰りました。
すると今度はガブリエルが現れ、エデンへ。
ザインの元に連れて行かれると「真の千年王国建設のため協力を」と頼まれましたが、お断りしました。
今回はカオスにするつもりなんで。
NOと答えると冷たい口調で、追い払われてしまいました。

今度こそベリアー回廊に入る!と思ったら、今度は魔王アスタロトという邪魔が入りました。
いつものメンバーでバトルを終えると。
あれ、アスタロトってイシュタルだったんだの台詞が。
アスタロトが去った後、ルイ・サイファーが現れ、こちらも協力を要請してきました。
はい、勿論ご協力いたしますとも、閣下!
ということで、カオスルートへ突入です。

で、今度こそ本当にベリアー回廊に入るよ!
しかし、今度はアバドンの邪魔立て。
アバドンの中に吸い込まれてしまいました。
何故、お腹の中がダンジョン!(ifでもあったけどさ。ついでに言うとセンターの設計士にも文句言いたいね。あんなぐたぐたな通路では、働いている人が困るよ!)
お腹の中では、以前吸い込まれたヴァルハラのスラム街が残っていました。
目加田と会うと、主人公とヒロコの秘密をある程度話して、アバドンを倒す武器、MAGプレッサーをくれ、消えてしまいました。
MAGプレッサーでアバドンを実体化。
・・・内臓の一部だけが実体化しても・・・。
倒すと、ちゃんとしたベリアー回廊に戻るので、中の探索。

ゲブラー砦へ到着。
ここでは十二神将と魔神アタバクとのバトルが。
剣攻撃を反射するサンティラ以外は苦労もせず、仲魔はクーとパールヴァティの2体で余裕でした。
(だいぶ前に拾った獅子の軍扇が非常に役立ちます。最近拾う物よりもずっと良い)
アタバクはさすがに強くて、全員集合でした。

砦→アティルト回廊→ビナー。
ビナーの中で、羽衣の話を聞き、北の湖で盗んできました。
ルシファーはここではなく、コクマの塔にいるというので、そちらへ向かいます。

ここはまた落とし穴が・・・。
何度も行きつ戻りつを繰り返し、マーラ様の元へ。
知恵があれば通してくれるようですが、こちらの知恵は10しかありません。
5もレベル上げをするのが面倒だったので、嘘をついて「はい」と答えてみると、怒って戦闘となりました。
そっちの方がお望みよ!
しかし、ラクカジャメンバーがいない身には少々危険でした。
ヒロコが1度死亡。
サマリカーム持ちのケルベロスを手放さないで良かった。
倒すと通路を通してくれました。

ケテル城到着。
しかし!ターミナルはおろか、ただのセーブすら出来ません!
1度セーブに帰りますよ。

で、再び向かおうとしたら、サブイベントを幾つかやっていないことを子供に聞かされました。
羽衣、まだ使ってない!
ベリアー回廊のダークゾーンを適当に抜けてきたから、別の出口に行っていない!
アスタロトも分離させてない!
ということで、まずはそちらからやりますよ。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター