セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

戦国BASARA3 宴 プレイ日記3

全てのストーリーモードをクリアしないと、全キャラが出て来ないと知ったので、一気にこちらを進めました。

大友宗麟
第一章 「パラダイス・キョート」
第二章 「ジョシー・黒田・シューティングスター」
第三章 「見上げてごらん空の道を」

夢でザビーが戻ってくると思い込んだソーリン様。早速お出迎えに行きますよ。
いやあ、ソーリン様の声をやっている杉山さん、良い仕事していますね。
今まで、クールな役の声しか聞いたことが無かったのですが、大変お似合いです。
歌もいっぱい聞かせて頂きました。全編ほぼミュージカルでしたね。
京都で謙信様の宴を邪魔してかずがに切れまくられ、大阪城でジョシーを問い質す。
もうザビー教を抜けて、関わりたくないジョシー黒田。高名なタクティシャンを紹介して追い払いました。
ソーリン様は感謝していたけど。
そのタクティシャンとはサンデー毛利。しかし、彼ももはやあれは忘れたい過去。
しかし、ソーリン様の熱い思いと「ザビザビザビザビザビザビザ・・・・」の歌声に、ついに共に歌い出す。
そして、空に1つの扉を作り出し、ソーリン様と手を取り合い、扉への階段を登っていくのでした・・・・。
毛利さん、3で一番の悪役のはずだったのに、そんなことになるなんて・・・。
ソーリン様は遅くてちょっと使いにくかったですね。


立花宗茂
第一章 「奥への手紙・海流編 ~行けども行けども水ばかりです~」
第二章 「奥への手紙・飽食編 ~烏城紅葉が絶景です~」
第三章 「奥への手紙・古都編 ~秋の花火が目に染みます~」

そのソーリン様に振り回されている宗茂さんのお話。
各話でアニメ・漫画で有名な台詞が聞けましたよ。
あまりにザビー教への傾倒が酷いので、ここは心を鬼にして、主を諫めようと手を挙げてしまった宗茂。
「ザビー様にもぶたれたこと無いのに!」
とお怒りのソーリン様に地の果てまで島流しにあってしまいました。
奥様への手紙を綴りながら、行く宛のない旅へ。
うっかり迷い込んだ能島海軍の船。くしゃみでうっかり神事の邪魔をして怒られたり、顔が怖いのを悩んだり、折り鶴で鶴姫のご機嫌をとったりすると、ご神託を貰えました。
東に行くと吉、ということでやって来た鳥城。
様々な食事で大歓迎を受け、天海様に道を示して頂き、京都へ。
京都のお祭りの最中、思うはソーリン様との思い出ばかり。
慶次に諭され、自分の帰るべき場所を思い出した宗茂。
そして、聞こえる懐かしい主の声。
感動の再会・・・・・?
宗茂さんも動きは速くないけれど強いです!気持ちが良いくらい暴れられる。


最上義光
第一章 「舞い上がれ我輩! 天下への秘策!」
第二章 「天翔ける我輩! 家康君への吉報!」
第三章 「無垢なる我輩! 新たなる飛翔!」

家康君のお手伝いにと、前田家の手助けをもぎ取ろうと策謀する素敵紳士。
しかし、やることは汚い!まつを人質に奪い、東軍参加を強要するのでした。
前田家の参戦に漕ぎ着けたものの、時既に遅し。
もう最後の決戦ですよ!
今まさに雌雄を決しようとする家康と三成の間に入り、再び空を飛び、到着したのは豊後の国。(だったよね?)
頭から墜落してしまった吾輩は、記憶喪失に。
うーん吾輩は・・・・そうだ、素敵天使だ!
と勘違いし、ザビー君と仲良しとソーリン様に言ってしまいましたよ。
最後に記憶を取り戻し、ソーリン様を怒らせ、三度空へ!
最初覚えている固有技は使いにくかったですが、超吸引拘束棘棘突きは使いやすかったです。
私、タイミングが必要とか、キャンセルが効くとか言われても使いこなせないのよ。


小早川秀秋
第一章 「小早川秀秋、能島を喰らう」
第二章 「小早川秀秋、雑賀荘を喰らう」
第三章 「小早川秀秋、奥州を喰らう」

戦国の世を真逆に生きていく男、小早川。
そんな彼が伝説の食材を求めて一人旅立つ。
行く先々に天海様が手を回してお手紙を出してくれるのですが、その内容が相手を勘違いを起こさせるようなものばかり。
さて、金吾さんは無事、伝説の食材に巡り会えるのか。
技は面白いのですが、アクション下手には使いこなすのが難しいです。


天海
第一章 「首級と男」
第二章 「未来と罪科」
第三章 「人間と名前」

わー、天海様って光秀だったんだ(棒)
天海のストーリーなのに、出てくるのは光秀ですよ。
信長を討った直後からのお話ですが、よく分かりません。
信長を殺しておきながら、彼の兜を本人のように大事にしている理由とか 「人として生きたい」と言い続ける理由とか。
家康は割合、光秀のことを心配しているようです。そんなに親しかったのだろうか??
で、最後に松永さんに殺して貰うことを望むのですが、きっぱりとお断りされました。
何か彼の興味を引く物が光秀には残っているとか。
最後までプレイすると、天海は実は本当に金吾さんが可愛いと思っているのかな?と思うようになりました。
可愛がり方がずれているとは思うけど。
実は光秀さんなので、技は今までと同じ。
ただ今回、恍惚度で技威力が上がったり、範囲が広がりますが、面倒で普通に戦っていましたよ。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター