セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

テイルズ オブ エクシリア プレイ日記11

旅船ジルニトラ
約20年前、エレンピオスのシェル破壊実験に巻き込まれて、この世界にやって来た旅客船が本拠地です。
そんなエレンピオスの話をちょっと聞きながら、ジランドを探します。
直通の道が封鎖されているので、その仕掛けを壊して、ジランドの元に到着。
ジランドがエレンピオスにおいてどのような立ち位置なのか知りませんが、彼を倒して異界炉計画を潰そうというわけです。
アルヴィンに「この地に残る覚悟が出来たのだな」と裏切り行為を責めるジランド。
アルヴィンの方にはそこまでの覚悟があるようには見えませんでしたが、ジュード達に協力する意志は変わらないよう。
対決姿勢を見せる一行に対し、ジランドが出して見せたのはオリジン。
そこから出てきたのは大精霊セルシウス。
化石からオリジンで再生させた彼女を顎でこき使うジランドとバトルです。
先に倒すなら手強い方かな、とセルシウスを追いかけ回しますが、やっぱり動きを追うのが大変です。
エフェクトが派手すぎて、見えん!
秘奥義があるのかないのか分かりませんが、とりあえず受けることなく勝てました。

このままではジンの元がなくなりエレンピオスは滅んでしまうというジランド。
「その道を選んだのはお前達だろう」と答えるミラ。
「俺が選んだのではない!」
だよねえ。
決めたのは自分達ではなくても、先人達のツケは払わされているよね、今の日本。
ただゲームで説教臭いことは止めて欲しいです。ゲームは心癒されるための手段なのに。
それにテイルズではどうせ「え?いや、それラス敵が言うのも一理あるよね。自分は○○言っているのに、そうする??」ということになるのだからさ。

そして、この辺りからストーリー展開が良く分からなくなります。
展開速すぎだよ。
ミラが、今度こそクルスニクの槍を破壊しようとすると四大を呼び寄せると(あっさり解放されていた)、オリジンが暴走して、なんか空間に影響が出て皆が動けなくなってしまいます。
この影響を断ち切るには槍を使うしかありません。
しかし、マナはもう尽きているかも。
ミラは自分の命を使い、槍の力を使用(したんだよね?)、仲間達とやって来ていたガイアス達を助けました。

ハ・ミル
ミラを失い、すっかり道を失い引きこもりになったジュード君。
同じく、またフラフラ状態になってしまい、故郷に戻して上げるというミュラと取引をしたアルヴィンがジュードとレイアを殺しに来ました。
レイアの励ましで、先に立ち直ったジュードとどこまで本気だったか分からないけど撃った弾がレイアに当たって愕然としてしまっているアルヴィンの対決。
ストーリー的にジュードが勝たないとおかしいですが、久しぶりのジュード操作で負けてしまいましたが、問題なく話しは進んで行きました。
ジュードの言葉に益々凹んで去って行くアルヴィン。

アルヴィンはミラが死んだあとのミュゼの行動を振り返り、今後の行動を考えます。
ミラが死んだ後、ミュゼはマクスウェルに与えられた己の使命だと言って、シェルの存在を知った人間達をどちらの世界に属するか関係無しに、殺し始めたのです。
「ミラがそんな事を望むはずがない」と言ったジュードに彼女は「ミラはアルクノアのような連中をおびき出すために用意された餌に過ぎない」と吐き捨てるがごとく告げました。
その時のことを思い出したジュードは、「ならば本物のマクスウェルがいるはず」と考え、その真意を問いに行くことにしました。
レイアと、様子を見に来たエリーゼ、ローエンと共にミュゼから話しを効くために、彼女の居場所の手がかりを求めてイル・ファンへ。

イル・ファン
王を失い、すっかり惑っていたラシュガル国はア・ジュールの王であるガイアスに頼る状態となっていました。
ガイアスに会って、自分の推測を話し、ミュゼの居場所の心当たりを聞いてみると、自分に付いてくれば会えるかも、と言う話。
海に沈んだクルスニクの槍の回収作業に付いていくと、それを破壊しに来たミュゼと遭遇。
話しを聞く気が無いミュゼとバトル。
あと一息と言うところで、強引に攻撃していたら、秘奥義を2度も受けてしまいゲームオーバー。
しかも、ライフボトルの補給を忘れていたよ!!
次は慎重に、慎重すぎるくらい避けまくって、自分はあまり働かないで、ミュゼを撃破。
逃げるミュゼとワイバーンで追うガイアス。
こっちも追うよ。
イラート海停で降ろして貰いましたが、ジュードを危険視し始めたウィンガルによって拘束されそうになりました。(そこまでする必要があるかな。例えジュードの正義がガイアスのそれとぶつかったって、現実での力の差は歴然としているのだから、放っておいても良さそうなものだが)
仲間達の活躍で突破。
マクスウェルがいると思われる霊山を目指します。

霊山はミラの社の裏手から通じています。
とにかくジュードが気に入らない状態のイバルから挑まれますが、そんな場合じゃないから、と1対4の卑怯バトル。
イバルのお供のワイバーンが鬱陶しかったです。
私、飛んでいる敵を相手にするの苦手なのよ。

さて、ニ・アケリア霊山です。
もうなんかストーリーに置いて行かれています。
今までの丁寧さというか、遠回りを思うと、どうしてそうなるの、と言うぐらい展開が早いです。
ちゃんと役目を果たしているのにマクスウェルは何も答えてくれず惑うミュゼ。
それを追うガイアス。
そのガイアスが選び取る道を何が何でも守るという決意のプレザとアグリア。
そして、どうしてか彼女達と一緒に居るアルヴィン。
ガイアスの妨げとなりそうなジュード達を片付けようとする2人に思わず助けようとしてしまったアルヴィン。
流されるままジュードと共にプレザ達と対決です。
アグリアの方が厄介そうなので彼女から。
私の動体視力に問題があるのだろうか。
すぐに画面でキャラの居場所が分からない状態になりますよ。
皆、このエフェクトを邪魔くさく思わないの??
(もしかして、私の辞書から抜け落ちているけど、カメラワークとかあるのだろうか??)
倒すと、2人は足場が崩れて崖下に。
元彼女のプレザを助けられなかったアルヴィンとアグリアから助けを拒まれたレイアは、それぞれ落ち込み状態。
が、どちらもすぐに空元気を見せ、マクスウェルが居そうな怪しげな空間に飛び込みます。
さすがにアルヴィンは色々気まずそうですが、一緒に行動。


Comment

 

こんばんは。
自分のプレイにあわせて拝見させてもらっているので、中途半端な所にコメント失礼します。

エクシリアもうクリアされたのですね!
確か私は発売翌日からプレイしていたので、ちょっと早かったはずが、あっという間に追い越されてしまいました。

私はアルヴィンに負けた時、思わず悔しくてリセットしてしまいました。
後から思えば、負けた場合のイベントだけ見てリセットすればよかったと後悔したのですが、もう勝って満足してセーブしてしまってました。

2周目のミラ編も読むの楽しみにさせてもらいます~。
  • posted by Sister☆ 
  • URL 
  • 2011.10/06 20:05分 
  • [Edit]

 

こんにちは。
ははは、追い越してしまいました。
もう1日どれだけやっているのか!
ダメな大人です。

アルヴィン戦
私も悔しくてリセットしようかと思いましたが、自分のあまりにも下手なプレーぶりに、再戦しても勝てる自信が持てずにそのまま進んでしまいました。
ミラ編では当然、見られないのですよね、このイベント。
失敗した。

ミラ編もがんばりますよ。
  • posted by ペンタ 
  • URL 
  • 2011.10/07 16:36分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター