セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

テイルズ オブ エクシリア プレイ日記3

ニ・アケリア
ミラノ帰還を喜ぶ人々。彼女に敬意を表す姿を見て、「本物のマクスウェルだったんだ」と改めて思わされる二人。
とはいえ、あまり普段から接しておらず畏まりすぎてお手伝いを頼みにくいので、ミラはジュードとアルヴィンにお手伝いを頼みます。
村に祭壇にある4つの世精石を集めて、ミラの社に運びます。

ミラの社
4大精霊の再召喚の儀式を行うミラ。
しかし、彼らはミラの召喚に答えません。
そこへイバルというミラの巫子がミラの帰還を聞きつけ戻って来て、一騒ぎ。
3人はミラに先に村に戻るように言われますが、ジュードは表で待っています。
アルヴィンは何かに気付いたようですが、ジュードには何も言わずに先に村へ。
社から出て来たミラはジュードの願いを聞き入れ、共に再びイル・ファンに戻り捕らわれたと思われる精霊達の救出に向かうことに。

ニ・アケリア
村長からミラを護衛した謝礼を貰ったアルヴィンとはここでお別れ。
ミラに同行を希望するイバルを諭し、ミラとジュードも出発です。
そんな彼らを見送る人影。
公式サイトに書いて有るからネタバレでもないか。
ア・ジュールの「四象刃(こういう名前は、変換に困るのよね)」の3人ですね。ハ・ミルに来ていたジャオとキジル海瀑で会ったプレザとウィンガル。

キジル海瀑
今後の進路を決めていると、先に出ていったはずのアルヴィンが現れました。
仕事に見合わない結構な額の報酬を貰ってしまったのと、イバルに頼まれたということで、また一緒に行ってくれることになりました。
そして、ワールドマップをくれたのですが、なんと超便利!!
今まで行った場所に一瞬で行けますよ!
すごい、すごい。アイテムも要らない。
なので、ぴゅんと次の目的地ハ・ミルへ。

ハ・ミル
ジュード達のせいで兵隊に酷い目に遭わされた村人達は、先日とは打って変わって恨みがましい態度。
また、彼らの恩人であったジャドに託された女の子も、恨みの対象となり石をぶつけられそうになっていました。
それを助けたジュード。
その女の子エリーゼと話してみて、ジュードはミラに彼女を連れていきたいと言い出す。
ミラは賛成も反対もせず、ジュード自身の意志、彼の最善と思うことで決めればいい。と。
エリーゼの意志を確認したジュードは彼女を村から連れ出すことに。
エリーゼはこの段階ではまだ、パーティーキャラではありません。

サマンガン樹海
カイドウで検問が敷かれていることを見た一行は脇道の樹海へ。
エリーゼもいるのに危険だというジュードに、「このような事態は予想できたはずだ」と答えるミラ。
少々険悪な雰囲気になったところに、エリーゼが「大丈夫だから。ちゃんと頑張るから」とジュードに声を掛けます。
しばらく行くと、お約束イベント。
キノコを踏んづけ、煙が巻き上がったところに魔物が襲いかかってきます。
魔物は攻撃が協力で近寄れません。
不意を突かれて、攻撃を受けて倒れるジュード。
あわやのピンチを助けるのは、強力な術を使ったエリーゼでした。
「ちゃんと役に立つから。頑張るから。置いて行かないで。」
泣きじゃくるエリーゼに、ジュードとアルヴィンから促されるようにしてミラは謝罪し、友達として一緒に行くことに。
また!アルヴィンさんったら裏切りポジションと思わせるような台詞を!
1度遭難しかかりましたが(マップがほぼ丸見え状態なのに)、無事セーブポイントに到着。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター