零の軌跡 プレイ日記3

土曜日は思いっきり時間が取れたので、どっぷりやりましたよ!
1日でほぼ1章クリア!進みすぎて、書くのが面倒なレベル。
どれだけやったんだ、私。
ということで、書く方はさくっと。
だって早く続きがやりたいのだもの。


第1章 神狼たちの午後
エステル&ヨシュアの着任にニヤニヤ。
でもすぐの段階ではアリオスさんがいるだけでした。
残念。

警備隊の副司令ソーニャ・ベルツ二佐が尋ねてきて、協力を求めてきました。
市外で起きた連続魔獣被害事件の解決のメドが立たないとか。
初の市街活動。

出掛ける前にサブクエストを2つ終了。食材集めは外に出ないことにはどうしようもない。

まずは最初に被害のあったアルモリカ村へ。
しかし、アルモリカ村行きのバスはロイド達の目の前で出発して去って行きました。
走って合図ぐらいしたらどうだね!
バス通の時、追いかけるそぶりをしたら止まってくれてたよ、バスの運転手さん。(田舎は1本のバスを逃したら、待ち時間が長いので必死になる)
2時間待ちするくらいなら1時間半掛けて歩いて行こう、ということになり、てくてく歩く。
ええと、ちっとも背後を付けないし、気絶させられないのですけどね。
段々面倒になって普通にぶつかる女。
途中で休憩を挟み、やっとこさっとこアルモリカ村に到着。
村長さんに魔獣の話とこのクロスベルに伝わる神狼の話を聞いた後、村長さん宅で知り合いになったハロルドさんの車に乗って戻ります。

ハロルドさんからもらった地図のお陰で市内がショートカットで移動出来るようになりました。
ふ、これでやっと移動が楽になるわよ。これがなかったら、クリア後感想に無茶苦茶書いてたね。

さて、お次はロイドの実のお姉さんのようなセシルが勤める聖ウルスラ医科大学へ。
ランディが大変はりきっております。
今回もバスに乗り損ない。
今度は待てども待てどもやってこない。
何か問題が発生した模様。歩いてバスの様子を見に行くことになりました。
今回はフィールド相当のマップが長い気がする。
気のせいかしら。
2,3マップ進むと立ち往生しているバスを発見。
故障を修理している運転手さん、そこへ魔物がやってきました。
運転手さんを車内に逃がし、魔物を片付けます。
ゴーディアン×2ですが、仲間をどんどん呼んできます。
Sクラフトは使わず、範囲攻撃が出来るクラフトを中心に。
貯め行動をしたら、ロイドでスタンブレイク。
エリィのホーリーバレットが便利すぎ。
なんとか2匹を倒したものの、新たに3匹が登場しピンチになったところへ助っ人登場。
エステル&ヨシュアが華麗にさくっと倒してしまいました。
倒した後、屈託なく挨拶をするエステル。
そんなエステルに釣られて挨拶をする面々。
ヨシュアがバスの修理の手伝いを申し出、ここは任せてとエステルに仕事へ行くように促され、ちょっと躊躇いましたが、後を任せて病院に。
自分とあまり変わらない年頃にもかかわらず、この実力差。
ちょっと落ち込む面々ですが、アリオスよりは追いつける可能性があると励ますロイドでした。

病院で楽しみで仕方がないランディ。
セシル姉さんに抱きつかれるロイドに「身体を交換して下さい」とずっとテンション高めです。
感動の再会をすませ、真面目に調査モード。
あちこち案内してもらった後、魔獣の侵入経路を探し出しました。
セシルに報告に行くと、彼女はアリオスのお嬢さんのシズネちゃんの所にいました。
え、シズネってアリオスさんの子供なの!!
前に「シズネちゃんがどうの」と言う話を聞いた時、勝手に妹と思いこんでいた。
さて、そのシズネちゃんからも気になる証言を入手。
どういうことだろう。
とりあえず侵入経路を塞ぐように忠告して、街に戻ります。
セシル姉さんの爆弾発言に送られながら・・・。

書くのに疲れたので、今日はここまで。

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)