セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

ディシディア デュオデシムFF プレイメモ4

13日に拍手&コメントをお寄せ下さった方
ありがとうございます。
大事なオタクグッズから片付けていますが、なかなか捗りません。
すぐに飽きてゲームをやっていますよ。

と引っ越し準備もそこそこにゲームをしていますが、プレイは主にマイソロ3です。
そっちのことは近日中に簡単に書こうと思うので、置いておいてディシディアの方を。
でも、ディシディアのプレイ日記って書きにくいのよね。
ストーリーはあっさりだし、私の戦いは微妙だし。


6章 形なき真実
カイン操作に変わります。
竜騎士なので空中戦が得意らしいですが(既にプレイ済みの息子によれば)、所詮操作するのは私。
空振りが大得意です。
カインが、一部の人に誤解されながらも、現在の道を選び取ったいきさつについてのお話。
FF4は遠い昔にやったので、記憶があやふやなんですが、カインってこういうキャラだっけ??という思いがずっとしています。
山ちゃんの声が格好良すぎる。

7章 仲間
最後の新キャラ・ティファの操作になります。
格闘家なので、接近して攻撃が基本です。
何も考えずに接近していけば良いので、ある意味操作しやすいかも?
EXモードはやっぱりスロットかあ。
目押しなんて、私の辞書にありません。
アルティミシアとの戦い後のイベントであわやの危機。
その危機を助けてくれたのはカイン。
しかし、アルティミシアはカインを信じて良いのかしら?とティファに囁く。
ティファの後ろには倒れているジタン。
そのジタンを倒したのはカインという。
ティファはカインを信じ、傷を負っている彼を手助けすることを選びます。

と、ここまででやってレポートを全然見ていないことを思い出しました。
どうせ、各章のまとめが書かれていると思っていたら全然違った。
各章の別視点の話がありました。
前作からの引き継ぎキャラ操作の時は楽ちん!だってレベル100なんだもん!
前回頑張ってレベル上げしておいて良かった。

終章 記されぬ戦い
ライトニング、ヴァン、ラグナ、ユウナの4人組はティファとカインに再会。
ちょっとお怒りモードなライトニングもカインの参加は反対せず、皆でイミテーション発生場所に向かいます。
この章はライトニング、ヴァン、ラグナ、ユウナ、ティファのパーティーバトルとなります。
(カインはアシスト参加。)
敵が1体の時は戦闘キャラがバトルで負けたら後続が順番で操作キャラに変わっていきます。
敵が複数の時は総当たりのラウンド戦か勝ち抜け戦か選ぶことが出来ます。
私は全員に経験値が貰えるようにラウンドを選ぶことが多かったです。

最後のひずみは3層からなっていますが、HP回復は最後の層に入った時のみ。
イミテーション発生場所にカオスの5人が妨害に現れ、この連戦がラストバトル。
最後だからずっと温存していたスキル、メーザーアイを使って開始。
ヴァンはケフカ、ティファはアルティミシア、ユウナは皇帝、ラグナは暗闇の雲、ライトニングはガーランドと戦うことになります。
パーティーですが、今回は負けたら後が無いいつもと同じ条件。
この戦いではブレイブが全然貯められなかったので、全員素直にHP攻撃オンリーで戦う下手くそさん。
でも、こういう戦いだと、あと一息というところで、ブレイブが4桁まで溜まった敵から殺されます。
リトライ機能をどれほど使ったことか!
やっとこさっとこ5連戦をクリアすると、イベントムービー。
結局コスモスは戦士を守る為に自ら敗北を選び取り、世界は破壊され次なる戦いの場へ。

という形でストーリー「12回目の戦い」は終わり、「最後の戦い」が追加されました。
新たに加わったレポートの方は推奨レベルが現レベルより高いので、ちょっと保留。
楽なレベル上げ方法はないのだろうか・・・。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター