セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

ディシディア デュオデシムFF プレイメモ3

月末の引っ越しの準備をしているので、あまりゲームをしていません。
オタクグッズが大荷物になりそうよ。

4章 想いの行方
今度はユウナが操作キャラ。
攻撃すると各種召喚獣が現れますよ。
で、相変わらず空中戦が苦手。
メルモンド西のひずみ
仲間とはぐれジェクトと2人で行動をしていたユウナですが、ジェクトともはぐれてしまいました。
合図に指笛を吹くと、会いたい人を思い出す。
と、物思いにふけっていると、思い出している当人登場。
が、相手のティーダはユウナのことを覚えていないよう。
「急いでいるから」とあっという間に去って行きました。
そういえば、コスモスの元に集まった時、彼は居なかった。
ということは彼はカオス側?
でも、そんなの事は関係無い。
追いかけなきゃ。

メルモンド北のひずみ→神殿を望むひずみ→神殿南のひずみ
チェインを使わないと戦うことが出来ない場所が、出てきましたよ。
そんなに都合良く持っていないので無視。
今回はストーリーのクリア率がないので、気にしないわよ。
ユウナがティーダを見つける前に、ジェクトとティーダが会っていました。
ユウナのことは忘れているけどジェクトの事は覚えているのね。
2人が戦い始めようとするのを、「絶対に思い出せる」と戦いを止めようとするユウナ。
必死に語りかけ思い出させようとしていると、皇帝が邪魔しに来ました。
ということで、ユウナの最後のボスは皇帝です。
うん、皇帝も苦手よ。
あのフレアにかなりの確率で当たります。
籤には当たらないけどね。
今回もボンボン当たって、何度やっても勝てません。
こういう時は大きなダメージは狙わず、HP攻撃オンリー勝負!
それでも何度かやり直して、やっとクリア。
やっぱり勝つにはフレアに当たらないことが肝心ね。

皇帝と戦っている間にジェクトとティーダの間にも何かがあったようで、二人して倒れていました。
皇帝はジェクトの方をお持ち帰り。
倒れているティーダを前にオロオロとしているユウナの所へラグナとヴァンが到着。
ラグナの大人な対応で、落ち着きを取り戻し、やるべきことを自覚したユウナでした。
やっぱりラグナの声に違和感。

5章 選択
操作はライトニングに戻ります。
フリーの聖域北のひずみをクリア後、消え去りし王国のひずみへ。
途中のイミテーションのジェクトとはレベル差が11もあり苦戦。
何度もやり直してやっと勝てましたよ。
とりあえず無闇にR+△で移動するのを止めた。

聖域に戻ってきたライトニング。
先に戻っていたのはウォーリア・オブ・ライトのみ。
コスモスにカインの裏切り?を報告し、このままでは負けてしまうと言い出すと、ウォーリア・オブ・ライトが「そうだ。我々は負ける」とライトニングに剣を向けてきました。
が、勝てない!!
あと1回攻撃すれば勝てる、というところで必ず反撃を受け撃沈。
10回近く負けている間にレベルが上がったぞ。
一度、カスタマイズ画面に戻って召喚獣の設定を変えます。
マジックポットを使えるようにしました。
ブレイブを貯めるのが苦手なので、相手に貯めて貰う!
が、せっかくコピーしても、肝心なところでHP攻撃を空振りしまくり、やっぱり何度も負ける。
やっとコピーと攻撃のタイミングがあって勝利。
そして、イベント。
ウォーリア・オブ・ライトとカインがなぜ仲間達に剣を向けたのか。
それは今回の戦いではイミテーション全てを倒すことはできずに力尽き、負けて消滅してしまう。
ならば、今回は敢えて負けることを選び眠りについて、繰り返される次の戦いでの戦力となれるように、と言うことだったようです。
で、ウォーリア・オブ・ライトは次の戦いまで主を守る、というつもりだったようです。
それを聞いたライトイングは、眠りにつくことを拒み、次の戦いまでに敵の数を減らす道を選びます。
途中で話に加わったラグナ、ヴァン、ユウナもライトニングとともに、ラグナが得た情報を元にイミテーションの侵入を阻む旅に向かうことを選びました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター