ディシディア デュオデシムFF プレイメモ1

今月はまとまった時間が取れなさそうなので、これをプレイするつもり。

前作からの引き継ぎは「強くてコンティニュー」にしてみました。
バトルモードは強気に「アクション」を。
でもストーリーモードの難易度は「ひかえめ」に。


序章 聖域へ
ライトニングをメインに、新規参入メンバーのラグナ、ユウナ、ヴァン、ティファ、カインのご一行様の様子。
もう、この時点で皆、事情はある程度分かっているようです。
このメンバーでコスモスの所に向かうようです。

1章 新たな敵
ここまでラグナの引率で、あちこち寄り道&遭難をした挙げ句、やっとコスモスの間近まで来たようです。
ですが、ここからはライトニングの先導で進んで行きます。
クレセントレイクのひずみ
ここでの戦闘はほぼチュートリアル。
開始直後のモグのチュートリアルでうっかり「戦闘に慣れている」を選んでしまったら、すっかり操作を忘れておろおろ。
ここで改めてチュートリアルがあって良かった。
ライトニングはオプティマチェンジが特徴ですが、一度も使わずアタッカーのまま通り抜け。
あ、アシストも一回も使ってないわ。

コスモス側が全員集合して、コスモスから力を授けられました。
この力をクリスタルの形にしないといけないようです。
力を貰ったら解散、最初のご一行とともに聖地を去りました。

今回はフィールドがありますが、仲間が立っていたり、アイテムが落ちていたりする程度です。
結局、先に進むためには「ひずみ」に入って前作のようなマス目移動ですよ。
賢者のひずみ
イミテーション達に邪魔をされつつ、先に進むご一行。(そう言えば、どこに行く気だろう)
多くのイミテーションにうんざりしているところに、カオス側のメンバークジャ、ケフカが顔を見せます。
後ろから押し寄せる大量のイミテーションを仲間に任せ、クジャと対決するライトニング。
が、負けちゃったよ!難易度控えめなのに!
そういえば、前作でも私、クジャ相手は苦手だったのよ。(もっと思い出せば苦手では無い敵は少なかった)
2度も負けた後、やっとオプティマを変えればいいんじゃない?と気付き、3度目はブラスターに変えたらやっと勝てました。
ところで、やっぱりアシストを使うチャンスが無いよ。

不条理と軌跡のひずみ
やっぱりカインは裏切りポジションなのか!
倒れているヴァンと側にいるカイン。
ライトニングが助け起こそうとヴァンに近寄ると、エクスデスとゴルベーザが現れ「やはり~~」とカインがヴァンを倒したと話出す。
「どういうことだ?」問い詰めるライトニングにカインが襲いかかる。
はい、お約束の敗北。
もう、ブレイブは稼げてもHP攻撃が当たらないのよ。
ついでに回避も出来ません。
一度当たったらもう避けようもない、というのはなんとかならないものか。
2度目で何とか勝てましたけどね。
カインはヴァンを連れてどこかに行ってしまいました。

ところで。
1時間以上賭けてインストールしたのに、それでもロードがマメに入るってどういうことよ。


2章 揺るぎ無い瞳
ヴァンは声優さんが変わったそうですが、前のヴァンの声をさっぱり覚えていないので、全く気にならない。
皆とはぐれ1人になったヴァンは、聖域をめざします。
あ、通常のフィールドに敵がいる!
でも、無視。
今までとは色が違う「抑圧された闇のひずみ」を発見。
白っぽいひずみは何度でも挑戦できるようです。
強い敵相手に、初めてアシストブレイブを使いました。
アシストに来てくれる時間、短いのね。
慣れないヴァンのHP攻撃は外しまくりで苦戦しています。

テーマ : ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル : ゲーム

tag : デュオデシム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)