セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

真・女神転生 if… プレイ日記16

2周目 アキラルート 弱気のイージーモード

第4ノモス
壁が豪華な金色!

探索の前に1度第3ノモスに戻って、ヒノカグツチを抜いてきました!
早速装備だ!
が、25Fに戻って来て早速エンカウントしたニャイアルラホテップに全く効かず、使えない・・・。

さて、25Fの各部屋の真ん中当たりにワープポイントがこっそりあるので(よく考えれば、メガテンに堂々としたワープ床は無いな)、端っこをこそこそ移動。
26FからCOMPが使えない場所が発生。
マップが見られないだけでなく、会話も出来ないよ!
あ、どのみちレベルが足りなくて仲魔に出来ないか。

属性宝箱はLAWで空けました。NEUTRALにしてソーマの方が良かっただろうか。
ハザマはどの周でも同じステータスらしいし。

途中アジ・ダハーカの咆哮に驚きながら、ご本人がいる28Fに到着。
(しかもプリパリがあんなに落とさなかった練気の剣をサマエルが3つも落として!)
あ、前回から仲魔つくってないや。
ということで、メンバーは前回からほぼ引き続き。
前衛 主人公、アキラ、ヴリトラ
後衛 ナーガラージャ(ラクカジャ&タルンダ) パールヴァティ(タルカジャ+メディラマ) ケルベロス(パワーブレス)
補助魔法を唱え終わった後衛はほぼ役立たず。
1度ナーガラージャはドミニオンに入れ替わり、天罰を使って貰いました。
アジ・ダハーカもデクンダ、デカジャを使ってきたので、今回はかけ直しを。
受けた毒攻撃はほったらかして、地味に攻撃し続け、無事撃破。

弱気なので、1度セーブポイントに戻ります。

残りの特殊宝箱の防具を回収しつつ、レベル上げ。
が、
どうせ高レベル悪魔を作っても全書があるわけでもないしなあ。
と、今一つ気分が盛りあがらない。

最高レベルのガーディアン・カルキが憑けられるようになったところで、レベル上げ終了。
アリスに付け替えて貰い、25階でセーブ。
レベル61しかないけど一応エストマを使い、エンカウントを減らす。
ま、ちょっと上の階からエンカウントしてしまうのですけどね。
主人公の無想正宗で寝かせるか、アキラの銃で石化させるか出来るので、意外に楽に戦えます。
さすがイージーモード。

そして、天のノモスに到着。
弾丸と銃は回収しないで、どんどん上に。
うん、ハザマにハンデをあげようとね。

37階到着。
ふ、ここまで上がってくる間にレベルが2も上がったわ。
ハザマがいる部屋の前で仲魔召喚。
メンバーはパワーブレス担当のヤマタノオロチ、回復担当のパールヴァティ、攻撃の要のドルガー、ラクカジャ&タルンダのナーガラージャ→MAXかけたらインドラに交代で。
無想正宗より銃での方が攻撃を与えられらので、途中から銃攻撃に切り替え。
こんなことなら人間2人は後衛にしておけば良かった。
ドルガーの冥界破は結構、会心を出していました。
インドラは良い技がなく今一つ。
パールヴァティは技が無いので、前衛に置いて殴らせていました。
ヤマタノオロチの技は効いていませんでした。まあ、ほとんどパワーブレスでしたけど。
ドルガー以外は攻撃力が今一つのメンバーでしたが、1周目メンバーに比べればずっとお役立ちだったので、危なげなくハザマに勝利を収め、エンディングへ。

アキラとのお別れシーンで、2度もNOと答えたら殴って帰されたよ。
帰ってみると学校は無くなっていた・・・。
ちょっと不安を感じさせる説明が流れつつ終了。

最初のうちは、今更昔のシステムで面倒と思いましたが、だんだん気にならなくなり、非常に楽しめました。(イージーだったせいもあると思いますが)
とはいえ、もう2周は良いかなあ。

いつか、真2をアーカイブで買おうと、新たに決意しましたよ。
明日からはKHを本格的に取り組みます。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター

右サイドメニュー