セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

戦国BASARA3 プレイ日記18

戦国ドラマ絵巻モード 織田信長
魔王が復活したというのに、お市以外は今まであまり変わらない台詞ですよ。
日本全体も赤くイヤな雰囲気になっているのに!

さてルートは赤、青、緑の3ルートが。
まずは赤ルートを。

金ヶ崎睡夢戦
何故、織田残党軍が魔王に向かって来るのですか。
素直に歓迎したらどうだね。

あとは特に何も無く
大阪・冬の陣→上田城攻水戦→背水防衛戦(信長さん、いつの間に城を手に入れたのだ)→神流川の戦い(宇都宮さんが珍しく生き延びた)→戸次川の戦い 思い出編→長谷堂城の戦い(最上さんは信長を歓迎してくれていました。なのに襲ってくるって)

ラストバトルは案の定、「烏城の戦い」。
金吾と天海の選択肢は一応ありました。
勿論、天海を追いかけましたよ。
最後は容赦ない態度で天海をざくっと。

戦国ドラマ絵巻モード 本多忠勝(2周目)
お、ここには無敵な彼から挑戦状、「直江状無敵戦」というルートが追加されています。
息子が面白がってやりたがるので、このルートは2人でクリアするということで、少しずつ上と同時並行で進めていました。
2人なので、私=忠勝、息子=信長で大胆に究極モードで。

大阪夏の陣 紅
さすがに究極はきつかった。
陣を取るのは1人でも大丈夫なのですが、佐助や幸村のボスは、2人で代わる代わる起こしあいながら乗り切りmした。
で、最後のキメを奪い合う。
武具が手に入るかの勝負です。

能島城海賊戦
鶴姫の時のマップになんとなく似ていて、船上での戦い。
手分けして運搬兵を倒し、未完の暁丸→アニキで。

川中島凍土戦
かすがと慶次を分担で。
少し強くなったか。
トドメは私が貰い庭の木をゲットです。

背水防衛陣、烏城の戦い
久しぶりに金吾さんの方を。

戸次川の戦い 思い出編
さすがに宗茂はきつかった。
最初の陣でかなり粘りましたが、周りの葛籠が無くなってしまい、半分程度までしか削り取れず。
思い出橋から遠距離攻撃しまくりましたが、あまり効いて無さそうなので次の地点に。
次の地点で私がギリギリのHPとなり、バサラゲージがどんどん上昇するようになりました。
思い出橋でバサラゲージを満タンにして宗茂の側で使用→橋に逃げ込む
を繰り返す。
2人がかりでやっと倒して、一度技と死んで起こして貰い体力を満タンにして先に進みます。
(略)思い出号は私が壊しましたが、美味しい所は取られてしまった。

耳川潜伏戦
最後を飾るは、忠勝のライバル、島津のじっちゃん。
虎が、虎がこわーーい。
忠勝だと避けるのが上手く出来ずに、大ダメージ。
それでも何とかクリア。
天下無敵となり終了。

Comment

骸いて尚の忠節、天の晴れるが如し 

 こんばんは~
 
 ホントおまけに過ぎないくらい掛け合いが無くて残念ですよね。
 とりあえず最後の青ルートを究極でプレイしていたら、暁丸に倒されてしまいました。
 これ以上LVが上がらないので、おたずね者を狩りまくって底を上げるしかないようです。
 
 忠勝って強いのはいいですが、通常攻撃に無駄が多いですね。
 以前ペンタさんが記事に書かれていた通常攻撃を最後まで出すと~という意味がよく解りました。
 あとR2は重機モード以外要らないような気がしますw

NoTitle 

こんにちは。
特に忠勝さんは起動音だけなので、寂しいですよね。
風魔の時はじいちゃんが代わりに一生懸命喋ってくれますが。

>通常攻撃に無駄が多い
そうなんですよ。最後まで使うと回って移動してしまうのが困りもの。
適当な所で止めるようにしないといけません。
同じく私も奥義は重機モードしか使っていません。
ただし、これも移動が遅くなるので、使いどころが難しいのですが。
雷撃形態愛好派です。

  • posted by ペンタ 
  • URL 
  • 2010.08/29 14:56分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター