セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

戦国BASARA3 プレイ日記11

礼
昨日20時頃拍手&コメントをお寄せ下さった方
ありがとうございます。
鶴姫のお話は笑い一杯の楽しい話でしたね。
一番の難点はおっしゃるとおり、雑魚での爽快感が足りない、ですね。
思いっきりなぎ倒すのが楽しいのに、鶴姫はちょっと地味な戦いになっちゃいますよね。


戦国ドラマ絵巻モード 長曾我部元親
家康は何故変わってしまったのか?
留守中に部下や国を襲われ全滅したその場所に、残されたのは徳川の旗。
これはRPGでよくある「勘違い」というオチではないのだろうか?
とりあえず、対決する方向に行くようです。

烏城の戦い
偶には金吾さんではなくて、天海様を追いかけてみましょう。
げ、おたずねものに瀕死にされた。
ドクンドクン。
葛籠で回復して、天海戦へ。
うーむ、青葛籠はないし、武将も居ない。
お陰で報酬も寂しい。

厳島の戦い
毛利から一時停戦の提案。
その真意を知るべく出陣。
毛利さんの案を飲み、とりあえず一時停戦することに同意。
でも、全てが片付いたらやっつけるからな!

使者を家康に送ったものの、使者は殺されてしまいました。
部下が見たというのなら、間違いはないのでしょうね。
一体、家康はどういうつもりなのか。

戸次川の戦い 思い出編
立花さんは四縛で網に閉じ込めて、ひたすら三覇鬼。
出会った場所で倒したぞ!

月山富田城砂丘戦、耳川潜伏戦
ここは特筆することはありませんでした。
あ、虎は網に入らなかった。

大阪・冬の陣
秀吉の敵だった元親が何をしに来た、と最初は敵対モード。
大谷さんが事情を聞いて、三成に「会ってやれ」と口添え。
三成と会うと、「家康は俺が倒す!」
協力、と言う考えはないようです。
戦闘中は、互いの不幸の主張。
撃破後、西軍入りを希望したアニキ、裏切りは許さないという三成。
「絶対だからな」を何度も言う三成くんがちょっと可愛く思える今日この頃。

上田城攻水戦
いつだって背後を遅う卑怯者

関ヶ原の戦 残影
忠勝も網に入らなかった。
地味に三覇鬼の連発で頑張りました。
そして、今度は政宗&小十郎が合流する前に小十郎の元に急ぎ、網に押し込めてまた頑張る。
勿論、政宗も網。
ついに家康と対面。
が、どうも家康には四国の件も、使者の件も知らないようです。
でも、「憎しみは自分は受け止める」と特に何も言わず、そのまま戦いに。
戦い終了後も何も言わなかったと思う。
そうなの、またエンディング中に、電話があったのよ!!!
結局、誰の仕業だったのだろう・・・。

元就さんが追加されました。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター

右サイドメニュー