セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

KH BbS プレイ日記14

アクア編、反射神経が鈍いおばさんには辛い。
涙が出そうよ。
とにかくコンティニューの嵐。
レベル上げをした方がいいのかなあ。

ついでに暑くて、長々書く気力が湧かないので、あっさりモードで。


ドワーフ・ウッドランド(アクア編)
アクアが降り立って、まず出会ったのは、泣き崩れるドワーフ達。
彼らを変えてくれた白雪姫が毒リンゴを食べて深い眠りについてしまったそうです。
毒リンゴを食べさせた女王の部屋にいけば、何か分かるかも。
といことですが、魔物が居る城にいくのは・・・。
1人のドワーフが名乗りをあげますが、アクアが代わりに行くことを申し出ました。

相変わらず、雑魚で苦労します。
2,3体なら平気だけど、それ以上に囲まれるとどうにもなりません。
大人しく走り抜ける。

城に着くと1人の男性に遭遇。
かつて会った白雪姫に会いたいようでしたので、ドワーフの小屋を教えてあげました。
城の中も危険がいっぱい。
相手をしにくい敵は無視して、走り抜ける。
でも、宝箱の回収は忘れない!

鏡の間に入るとイベント。
待て、そこにはセーブポイントがあるだろう!!
セーブさせて!!!
させてくれず、すぐにマジックミラー戦です。
やり方はテラ編と一緒で大丈夫です。
ただ、この部屋でボス戦用にデッキを変えようと思っていたのに、それが出来ず、ケアル1個で厳しい戦い。
案の定、失敗。
コンティニューでデッキをセットし直すことを選ぶ。
が、こんな前に戻されるの!
地下広間入り口まで戻されました。
デッキをセットし直したら、走り抜ける。
部屋に入る前に回復もすませる。
そして、再戦。
通常状態が意外にやりにくい。
特にコンフュの追加効果がある攻撃が困る。
分身して2列に並ぶのは前方に移動すれば全く問題無し。
輪になったら、本体を見つけて攻撃すればすぐに解除されるので、この時が攻撃の狙い目。
が、2、3度目は本体を見落として、火の玉を幾つも受けて失敗。
4度目はすぐに見つけて、余裕で回復出来たので、なんとか撃破完了。
あ、コマンドボードで取ったクラッカーファイガがかなりお役立ちでした。

役目を終えたと鏡は消滅。
結局手がかり無しで、小屋に戻りましたが、王子様のキスで白雪姫は目を覚まし、めでたしめでたし。


エンチャンテッド・ドミニオン(アクア編)
妖しい光を目にしたアクアは、それがある魔女の城へ。

広間に行くとマレフィセントがヴェンにあること無いことを吹き込んでいる最中でした。
「信じてはダメ」とアクアは乱入し、ヴェンとお話。
マスターの帰還命令は聞く気がないようで、ヴェンに逃げられてしまいました。

マレフィセントは懲りずに、今度はアクア相手にあれこれと。
テラが闇に堕ち彼女に力を貸したこととか(随分都合が良いように端折っているわね)、ゼアノートと協力関係にあることをかなりはっきりと話して聞かせてくれました。
アクアも彼女に協力をするようにと勧誘しますが、きっぱりお断り。
すると、落とし穴から牢屋へ送り込まれてしまいました。

牢屋には先客。
オーロラ姫を助けようとやって来たフィリップ王子でした。
自己紹介をすませると、3人の妖精がやって来て、2人を出してくれました。
そして、オーロラ姫を助けるべく、ともに協力して魔女の城から脱出することに。
妖精さん、どうせなら周りの雑魚もーーー。
祭壇の間のイベント雑魚戦は、マグネを使うことで乗り切れました。
が、門の敵がーーー!
下に居る奴らを倒している間に、上からの矢が当たって死ぬーーー。
もう何度やり直したことか。
上からの矢が当たらない辺りまで引き寄せて戦う作戦で。
でも、ある程度倒すと寄って来てくれない。
戦う→端による→回復→戻る
を繰り返して、やっと王子から「こっちだ!」の合図。
近付いて□→○で城壁を破壊して上の段に。
上の段では、マグネを使用し1グループの敵を倒す→再びマグネが使えるようになるまで待つ→使用可能になったら移動、という感じで。
スイッチ操作して、扉の向こうに。
扉の向こうも今の作戦で、そして再び城壁破壊→スイッチ操作でやーーーーっと脱出。
マグネの素敵さを改めて思い知った。

森のセーブポイントまで無事到着。
城に向かうと、怒ったマレフィセントが城を茨で覆うイベントがあり、戦闘開始。
マレフィセントドラゴン戦
王子も一緒に戦ってくれます。
適当に攻撃していたら、ファイアブリッツか何かの勢いでドラゴンの後ろに回り込んでしまいました。
が、これは良い!
ブレスが当たらない。
え、何?王子が呼んでいるけど、そっちに行けない。
やがて空を飛び出すドラゴン。
すると王子が再び「こっちだ」
近付いて□→○でジャンプ後、ドラゴンの背中に乗ることができました。
おお、攻撃し放題。
あ、落とされた。
クラッカーファイガやファイアを撃っていたら、また王子が呼んでくれたので、いそいそと近付く。
再びドラゴンの背中でやり放題。
あと一息と言う所で落とされましたが、ホントにあと1撃状態だったので、降りてきたときに急いで△。
無事撃破完了。
王子がとても頼もしかったです。
ありがとう。オーロラ姫と幸せにやれよ。

姫の元に向かった王子を見送り、アクアは負けたマレフィセントと対峙。
「光がある限り闇は存在する。闇に飲まれ自分の力となる者が必ず現れる」と負け惜しみを言ってマレフィセント退場。
でも、KH2では最後に、良い所を見せてくれるのよね。
そんな彼女はツンデレさん?

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター