セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

KH BbS プレイ日記12

長いですが、最後まで一気に。


ネバーランド(ヴェントゥス編)
呑気に昼寝をしていたヴェントスに声を掛けてきた、フォクシーとカビーとティンカー・ベル。
一行は昨夜落ちた、流れ星を探しに行く途中とか。
流れ星!
と感激したヴェンは仲間に入れて貰うことに。
快諾してもらい出発。
一度来たマップだから、先に行かずに宝箱を回収に。
ぬぬ、急に敵が強くなってきましたよ。
ちょっとHP的にドキドキのことが数回。

目的地に着く前にピーター・パンとお目見え。
彼は、フック船長のお宝を横取りしようと誘ってきます。
2人の少年はそちらの方に魅力を感じ、ピーターと供に行ってしまいました。
ティンカー・ベルとヴェンは初志貫徹で流れ星を探しに。
ああ、これでヴェンがピーターに付いていけば、テラに会えたのだね?
ニアミスが続くなあ。

集落で流れ星発見!
って、これはミッキーが持っていた「星のカケラ」じゃないの。
皆さん、この世界に引き寄せられているのね。
でも、会えない。
そこへフック船長がやって来てティンカー・ベルと星のカケラを強奪していきました。
ついでにピーターへの言付けもくれた。
追いかける前に、雑魚イベント戦。
マンドレイクの遠距離攻撃がスタンダートの時に比べて辛いわ。
警告音がけたたましく鳴っていましたよ。

ヴェンとアクアとの思い出にふけっているとピーターがやってきてました。
事情を報告。
船長の待ち受ける、人魚の入り江に一緒に行くことになりました。

入り江に着くと砲撃の嵐。
ピーターは砲撃を止めるために海賊船に向かいました。
しかし、ティンクはテラに助け出されて自力で逃げてきましたよ。
もう船長は放っておいて、いいのではないだろうか。

そういう訳にもいかず、船長を懲らしめに。
岬にて船長とバトル。
岩場の上での戦闘。
げ、落とされた。
落とされたら海の中で、移動以外は出来ません。
攻撃され放題。ケアルが使えない!
ちょっと危なかったですが、無事岩場に登れたので、急ぎ回復。
ええい、逆に落としてやる!
どうやってかはわかりませんが、落ちてくれました。
船長が落ちるとワニの援護がありました。
戻って来た時の隙にボコボコにして、無事終了。

船長の宝箱を持ってきた2人組。
しかし中身は空っぽ。
「僕たちの宝物を入れるなんてどうかな」と言うフォクシーの提案に賛成し、皆は宝物を持ち寄り中へ。
ヴェンはテラから貰った木キーブレードを入れました。
ティンカー・ベルが「星のカケラ」を入れようと下ので、「それは友達の落とし物かも」と返却を求めて手にした途端、どこかの世界に飛ばされてしまいました。


不思議な塔(ヴェントゥス編)
おお、ドナルドとグーフィーだよ。
落ちてきたヴェンが「星のカケラ」を持っているのを見た2人に引きずられ、イェン・シッドの元に。

星のカケラを持っていた経緯を説明後、イェン・シッドは魔法を使用。
すると、見覚えのある場所で倒れ伏すミッキーの姿が映像として現れました。
「今度は自分がミッキーを助ける番だ!」とヴェンは荒野に向かいます。

が、プレイヤーはグライドを手に入れたので、取れなかった宝箱の回収。
またエンチャンテッド・ドミニオンで遭難しかかった・・・。
これでここまでの宝箱を全回収。
心置きなく荒野へ。

謎の荒野~旅立ちの地~ディスティニーアイランド(ヴェントゥス編)
物語は佳境に。
ミッキーを助けに向かったはずですが、ゼアノートと遭遇し、失った記憶が次々と湧き出てきて、すっかり混乱してしまったヴェン。
そんな彼にX(前回と同じく機種依存文字を避けて「X」で代用。間違えている訳じゃないのよ)ブレードについて語り出すゼアノート。
「エラクゥスはこの事を恐れ、ヴェンを囲っていた」と言われ、エラクゥスへの不信を煽る。
そして、「真実を問い質せ」とヴェンとミッキーを異空の回廊に放り出しました。

旅立ちの地でのイベントの前半は、テラ編では見られなかった、ゼアノートが何故Xブレードを求めるかの話が。
思っていたより私好みの動機で驚いた。
「知りたい!」という気持ちが昂じて、という奴です。
私、こういう動機の人ってつい納得しちゃうのよね。(巻き込まれる方はたまった物では無いとはわかるけど。そして、「あくまで2次元に限る」ですが。)
ほら、グイン・サーガのナリス様を思い出すというか。
「やり方は明らかに間違っているけど、「知りたい」という好奇心に勝てなかった」というパターンの悪人キャラは結構贔屓しちゃいます。

こういう追加イベント後、テラ編でのイベントに。

テラに飛ばされた先はディスティニーアイランドでした。
そこでヴァニタスと出会い、彼から自分と融合しXブレードとなるべく戦えと詰め寄られますが、当然それを拒みます。
が、再び過去のヴァニタスを取り出されたときの記憶を甦らせ、苦痛に頭を抱え込んでいるヴェンに、ヴァニタスは「ならば戦う気になるように」と「テラとアクアの最期を見せてやる」と挑発して去って行きました。

キーブレード墓場(ヴェントゥス編)
砂嵐の中の敵が戦いにくい、そして、強い。
こんなんでラストバトル大丈夫かな?
ということで、ケアルガを4つデッキに入れておいた。
あと、クラッカーファイガとブリザガとラストアルカナム(せっかく作ったから入れた。大技よりも発動時間が短めのものを入れる方がいいと思う)。

ラストバトル会場に入るとまずはムービー。
ヴェンが捕まって固まる辺りまでテラ編と一緒。
アクアが落とされたヴェンを助ける所から追加。
ここへブライグが現れ、アクアはゼアノート達の時間稼ぎに利用されます。
適当な所で斬り上げ去って行くブライグを見送り、ヴェンの方に向き直ったアクア。
その背後に現れたのはヴァニタス。
彼の攻撃で倒れ、最後の一撃を加えられようとしたとき、ヴェンは力を振り絞り起ち上がる。

ヴァニタス戦
ヴァニタスがキーブレードに乗って飛び回っているときは、とにかくひたすら逃げる。
降りてきたら、接近して、基本リベンジラッシュ。
でも叩き込まれるダメージが大きい。
遠くに離れたらシュートロックを使用。
でも、その時に受けるダメージも大きい。
4個ケアルガを入れて置いて、良かったわ。
あと一息がなかなか削れず焦りましたが、どうにか撃破。

で、一イベント。
ヴァニタスを倒したことにより融合は行われ、Xブレードが出来たもののそれは不完全な状態だった。
(理由は聞き落としたようです。)
ヴァニタスは再び融合を試みようとしますが、ヴェンはXブレードを破壊することを選び取りました。
しかし、2人の心から出来ているXブレードを壊せば、ヴェンの心も壊れる。
「それでもいいのか」と問うヴァニタスにテ「ラとアクアを救えるのなら」と答えるヴェン。
再び2人の対決。

ヴァニタス戦2回目。
1戦目より隙が多い気がしました。
HPに気をつけて戦っていれば、問題無く。

そして、ヴァニタス戦3回目。
「フィニッシュコマンドを決めろ」というお知らせ。
しかーし。
コマンド指定のものに代わっています。
回復が無い!
仕方がないのでひたすら△ボタン連打。
いやああ、警報が!
避けられてゲージが溜まってないのに!
何、この2人見合った状態?何ボタンを押せばいいの??
すっかり焦ってゲームオーバー。
2回戦からやり直しよ。
2度目もまた失敗。
3度目は良い感じに△攻撃できて、どんどんゲージが溜まって・・やった!!
やっと倒せた。
こういう風に、そして、KH2の時のラストバトルみたいに、最後のトドメは違うパターンというのは止めて。
KH2の時もダメかと思ったのよね。

無事Xブレードは破壊。
テラ(鎧状態の方)とアクアの身体は王様が回収していました。
しかし、ヴェンの心は・・・。

繋がったのはソラってことでいいのよね?
こういう終わり方されると本編が待ち望まれますねえ。
3の話は、さっぱり聞かないけどどうなっているのだろう。

やっぱりKHシリーズは先が楽しみなシリーズだなあ、としみじみと思う。
この勢いで、今一つと評判の358/2 Daysも買いたくなったわ。

うー、来週のソフトと9月の零の軌跡が出なければ・・・。
いや、これはこれで楽しみなのだけどね。


おまけ。
クリアレベルは思ったより低く35でした。
スタンダードでクリアしたテラ編とほとんど変りませんでした。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター

右サイドメニュー