セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

KH BbS プレイ日記4

ディズニータウン(テラ編)
降り立つと目前を走り抜けるアンヴァース。
追いかけようとしたら、側にいたチップとデール、ミニーから怒られました。
テラが居たその場はレースコースだったのです。
そして、現在レース真っ最中。
じゃ、どうやってアンヴァースを倒せばいいのか。
レースに参加すればいいじゃない。
ということで、彼らのルール違反ばかりをするキャプテン・ダークを懲らしめてというお願いと、アンヴァース討伐という一挙両得、一粒で2度美味しいという流れに。

レース参加前に他のマップを見て歩きます。
う、またミニゲームが・・・。
アイス屋さんはここにあるのね。
今まで集めていた材料を取られたけれど何も出来なかった。
地下からからくり部屋に。
仕掛けはサンダーだろうと思って当てましたが、動かず。
針が少し動いたということは、をたくさん当てる必要があるのかな?
デッキを全てサンダー系にして当てまくると無事動き出しました。
この仕掛けを利用して、移動すると・・・移動すると・・・移動できんわ!
すぐ落っこちちゃう。
もーーー!
と何度も挑戦していると、長男が寄って来て、手元を覗きました。
「友達が簡単って言ってたやつね。」
そうか、そうか簡単か。
じゃ、
「×ボタンがジャンプで、□がグライド。で、あの手が幾つもある先にきっと宝箱で、こっちの上に上がるのが次のマップなのよ、多分。
 よろしくね!
と手渡す。
「どれどれ・・・・・・着いたけど。」
早っ!
隣のマップにも行って貰って、そのままピンボールも遊ばれました。
ついでに雑魚戦もミニゲームも遊ばれました。
よし、ミニゲームは任せよう。

さて、手元に帰って来たら、レース参加。
アクセル踏みっぱなしで、ショートカットを利用して3度目で勝利。
(1度目はショートカットが分からず、2回目はゴール寸前体当たりされて負け、3回目は同じくゴール寸前で体当たりを受けそうになりつつもゴール)
アンヴァースとの直接戦闘はなく、これで終わり。
テラは今までは目的のためだったら闇に堕ちてもいいと思っていたけれど、ルールの中で目的を達成することも出来ると、なんか今更感のある感想を持ってこの地を去って行きました。


オリンポスコロシアム(テラ編)
降り立つと、見るからに弱そうなハークがアンヴァースに襲われていました。
助けると賞賛を浴び、彼から闘技大会参加を薦められる。

ちょっと興味が出たテラはさっそく闘技場に。
するとお約束のハデスのお誘い。
闇を支配し大きな力を得る方法教えてやると、テラの闘技大会エントリーを。
まずは制限時間内にアンヴァースを全滅させろというのが10回戦。
が、1度目は10回目で、以降は3,4回目で失敗しまくり。
攻撃を跳ね返すタイプとか、地面に潜るタイプが主な敗因。
あと量が多い場合ね。
デッキを見直して、魔法を多めに入れておきました。
マグネも買いました。
リベンジスタンプもいつもより多めに使いました。
これで、何度目かの正直でやっと10戦勝ち抜き。

決勝戦へ。
決勝戦・謎の兵士戦。
また横で見ていた息子が、「こいつザックスだろ」と突っ込み。
やっていない割りにはよく知っているわね。

ここは適当に○△で勝てました。(デッキは変えています)
これを見ていたハデスは対戦相手に闇の力を与え、心を操り始めました。
操られた兵士戦。
強力な連続攻撃がきついです。
1度目は回復が間に合わず失敗。
2度目は用心にケアルラを2つ入れて。
連続攻撃を受けて言う最中にケアルラの準備。
他の攻撃の隙を付くようにして攻撃することで、何とか勝利。

ザックスの心を取り戻すと、テラから英雄と賞賛されました。
え、どこがどこの英雄に似ているの?
声が格好いいところ?
意外にメンタルが弱い所だろうか。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター