セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

KH BbS プレイ日記3

不思議な塔(テラ編)
ミッキーに遭遇しますが、特に会話もなく。
イェン・シッドのミッキーについての話しぶりを聞くと、本編とは違ってやんちゃなお年頃ってやつのようです。
テラは仮面の少年がアンヴァースを操っていた、という噂を報告。
それを聞いたイェン・シッドは「アンヴァースとゼアノートの失踪には何か関係があるかも」とテラにゼアノート捜索を命じます。
ん?
イェン・シッドに会いに来たのは、鏡が言った場所の特定のためじゃないの?
元々エラクゥスからもゼアノート探索は命令されていたのだし。

謎の荒野(テラ編)
闇の回廊を移動していると、そのゼアノートから声が届く。
声に導かれてやってきた荒野で、ゼアノートと再会。
そして、仮面の少年ヴァニタスとヴェントゥスの関係を聞かされるのでした。
ヴェントゥスを救うために闇の部分として切り離されたヴァニタスは、ゼアノートに封印されていたが、封印を解き、世界に闇をばらまき、アンヴァースが発生したことを、悔恨混じりに聞かされたテラ。
すっかり信じて、ゼアノートにヴァニタスを倒すことを約束しました。
ゼアノートはかなりの演技派ね。

レイディアントガーデン(テラ編)
ゼアノートがヴァニタスが次に現れる場所と予想したレイディアントガーデンへ。

時々懐かしいBGMがかかりますよね。
レイディアントガーデンのBGMは好きだったなあ。

降り立つと早速アンヴァースに襲われます。
そして、もはや私の中のお約束、イベント雑魚戦で死ぬ。
なんででしょうねえ??
2回目は余裕の勝利。
戦う前にゼアノートの姿を見かけたので、彼が行った方に進みます。
住宅街で本を落とした?マーリンを追いかけお届け。
生憎と彼の物ではありませんでしたが、力を感じると見てみるとお約束のプーさんの絵本。
またミニゲームの地獄か?
と思ったら、コマンドボードだけでした。
でも、あるのよね、ミニゲーム。
出来るだけ頑張ろう。

マーリンの家を辞し、外に出ると巨大なアンヴァースを発見。
追いかけていくと、別々に追いかけてきたアクアとヴェントスと合流。
トリニティアーマー戦。
アクアとヴェントスの2人も参戦で結構楽です。
最初のアドバイス通り、まずは手足を壊して、本体に。
手1つと本体になったときどっちが本体か迷って、しばらく本体を攻撃していました。
ダメージを与えていないのに気付いて、あわてて手にロックオンするハメに。
無事倒して、3人で感動の再会。
ヴェンは話もそこそこに、ディズニータウンの永久入場パスをくれた。
人に心配させておきながら、どこ行っていたんだよ・・・。
「保護者と行きなさいって言われた」と言うヴェンにテラは微笑ましく思うも、「帰れ」とお叱りも忘れず。
そして、テラは逆にアクアから「テラが訪れた世界を見てきたけれど、テラは闇に近付きすぎている」と言われ、アクアがエラクゥスからテラ監視の命を受けていたと知り、ショックを受け2人と別れて、去って行く。

そんな傷心のテラの元にブライグと名乗る男が現れ、キーブレードを渡せと要求する。
ゼアノートを人質に取っている、とも。
マスター・ゼアノートともあろう方が、お前ごときに捕らえられるはずがない、と答えますが、ま、念のため。
と、ゼアノートが捕らえられているという城外庭園に。
あ、ホントに人質になっている。
ええ!もしかして彼が悪人というのは、私の思いっきり勘違い???
心配無用でした。
「自分のことを気にするな。お前や仲間たちが~~」と言い立て、さり気なく誘導しているわ。

ブライグ戦。
ああ、こういう攻撃してくる13機関の人、いたねえ。
狙撃で高所に居たときは、壁に当たらないようにひたすら逃げ回りました。
逆さになったときも攻撃が届かないので、逃げ回り。
それ以外の時に、△ボタン連打で攻撃。
今回は、かなり危なかったです。
使いたいときにケアルが使えないこともあったしね。
辛くも勝利。

結局、テラは闇の力を振るいブライグを追い払う。
が、闇に堕ちてしまった自分は、もはや行く所もない・・・。
そこに囁かれるゼアノートの甘い言葉。「ならば我が弟子に迎えよう」
そして、テラはゼアノートの「光と闇の均衡。そのバランスこそが心のあるべき姿。バランスを崩すヴァニタスを倒せ」という言葉に従い、ヴァニタスを求め出発することに。

出発直前、ヴェンと再会。
なにやら自分の最期を予想するようなことを告げて、ヴェンとお別れ。

キングダムハーツの世界では明らかに善=光、悪=闇の二元論だよね。
メガテンでニュートラル好き私としては、ゼアノートの「そのバランスこそが心のあるべき姿。」に賛同したい気持ち。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター

右サイドメニュー