セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

デビルサバイバー プレイ日記6

3RD DAY ベル・デル
正義のヒーローとばかりにCOMPと仲魔を駆使して、人助けをして回るミドリ。
そんな彼女を心配するケイスケが、彼女を説得する手助けを求めて来ました。
そして、そのまま余命が少ないこちらのグループに参加することを申し出ます。
ということで、
封鎖の外に出る。
悪魔達が望むベル・デルの復活を阻む
ミドリを説得する
の3つをやらないといけなくなっちゃいましたよ。

とは言っても、トンネルで出会ったイヅナの様子では、封鎖の外に出るのは難しそう。

そん中、再び悪魔に襲われているハルに遭遇。
救出戦闘が再び。
こっちにいると便利なトウビョウが鬱陶しい。
攻撃射程2マスが憎い。
移動範囲が広いグループが急ぎハルの横に向かい、同じ距離ならハルよりこちらを狙いってくれやすいのに救われて、無事クリア。

その後、町中でハルに何度も話しかける。
でも、他の人も気に掛かるのですが。
さて、一体どのルートに向かっているのか。

池袋でミドリ発見。
また、正義の味方になりきって、民間人を救出中。
とりあえず、救出のお手伝い。
全部の敵を倒して、これで終わりと思いきや、噂のベル・デル登場。
攻撃をしてみると、一切効果無し。
戦う機満々のミドリを説得して、とりあえず逃げることに。
敵増援の2グループは放置ですよ。
ベル・デルの吸血瘴気が恐いので速攻逃げる。
逃げ切った後、人助けの弊害を説きますが、聞き入れられず逃げられました。

で、このミドリちゃん。
もう1度、手助け戦闘が・・・。
いつになったら、言うことを聞いてくれるのか。

カイドー&ホンダ組とは、ユズの売り言葉に買い言葉で、どちらが多く悪魔を倒せるかという勝負になってしまいました。
こちらは4グループという倍の人手で余裕の勝利。
どうしても大量のマッカが必要だというカイドーの元に現れる、悪魔パズス。
COMPによらずに、一体どうやって現れたのか。
そんな謎をまき散らし、消えていきました。

短い間にあれこれイベントがあるなあ。
なんか二兎を追う者は一兎をも得ずの結果になってしまいそうよ。

九段下では偽というか脱翔門会信者とバトル。
心配したように、COMPを悪用したがる者が増えつつあります。
いくつもクラックできるスキルがあるけど、全部は無理。
S烈攻の秘法、S堅盾の秘法は最優先よね。
終盤、、翔門会信者がNPCとして参加。
お前らに経験値は渡さん!

そうこうするうちに今日の自分達の死因となるであろう、ベル・デルの出現時間が迫っています。
街で出会った怪しい男の言葉だけが唯一のヒント。
「ヤドリギがあれば、倒せるかもしれない」
ヤドリギを探し求めて、ウロウロと。
ついにヤドリギを持つ人物に遭遇。
怪しげな悪魔使いが持っていましたよ。
その悪魔使いは悪魔と戦闘中。
悪魔使いは倒さないといけないけれど、対戦中の悪魔にやられたらゲームオーバーという、3つ巴の戦い。
とりあえず、悪魔から倒していきますよ。
その後、悪魔使いと。

倒した悪魔使いからヤドリギをとりあげるという結果になってしまいましたよ。
いくら相手が怪しげとは言え、それじゃ、かつあげ・・・。

ラプラスメールに書かれていたように青山霊園にて、ベル・デルと再戦。
敵のケットシー&バジリスクチームにボコンボコンにされて、リセット。
ついでに唯一、ベル・デルにダメージを与えられる主人公グループにナラギリを入れ、 通常攻撃後、もう一度攻撃が可能できる鬼神双手を使えるようにしました。
あと、3チームはお供をさっさと倒すように。
倒し終えたら、吸血瘴気に備え、回復役と入れ替え。
これで、なんとかクリア。
主人公は速ばかり上げているから?ダメージが少なくて、ダメかと思ったけれどね。

無事、余命を延ばすことが出来た所で3日目は終了。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター