セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

ストレンジ・ジャーニー プレイ日記21

グルース
ノロノロ進めています。
ゲーテ2人ののメギドが恐い!
ソースがぺろっと出てくるまで連れて歩こうとすると、いつまでも弱い仲魔ばかりになるのよ。
お陰で、パーティーは雑魚戦でもズタボロ状態。
1周目で普通に作れる仲魔は全部作ろうという野望は捨てようかしら。

ここのワープ床はそこまで複雑ではなかったので、思ったよりもすぐにマンセマットに会えました。
早速こちらの窮状を訴えるゼレーニン。
昔は、天使たちの歌によって人々の心を救うことが出来たけれど、神の御心から離れた今の時代の人間を救うことは出来ないと言うマンセマット。
代わりにその力を授けることは出来る、つまりどちらかが天使となり力を行使すれば、というお話に。
どうしますかって。
お断りだい!
天使になりたくないぞ。
「黙っている」を選択するとゼレーニンが立候補。
彼女の行いを褒め称えるマンセマット。
そして、その力を授けると、ゼレーニン変身!
中身だけでなく、服も変わった。
しかし、メガテンの天使はいつも胡散臭いなあ。
なので、ゼレーニンは「光の力で生まれ変わったわたしの姿は…?」と言う質問には「何も問題はない
」と答えてやりました。
「綺麗」とか「神々しい」とか、その服を見ると、とても答えられない。

そんなゼレーニンをレッドスプライトに連れ帰ると、クルー達の反応は真っ二つ。
特に悪魔化したヒメネスは否定的。
とりあえず人間同士争わずすむよう、ゼレーニンに任せることに。

ジャック部隊基地に向かい、ゼレーニン一曲ご披露。
するとその不思議な歌の力により、ジャック部隊残党たちは次々にゼレーニンにひれ伏さんばかりに投降。
ゼレーニンのことを「様」付けで呼んでいますよ!

ジャック部隊に捕らえられた悪魔たちを解放。
その悪魔たちの長は、感謝はしないけれど、敵対はしないということで悪魔全員連れて、幻視の世界のへ行くと去ってきました。
ヒメネスは、その悪魔達に付いていき、その様子を探りに行くことに。
ゼレーニンはマンセマットへ報告に。
主人公はレッドスプライトに帰還。
このセクターを出るために、先ほどの悪魔たちに協力を求める、と言う話となり、ヒメネスのお土産のフォルマを使い、隠れ場Bに潜り込み、探しに行くことになりました。

悪魔の長を発見。
しかし、条件はジャック部隊の殲滅。
それはちょっと・・・「少し、考えさせてくれ」と答えて一時保留。
ヒメネスは殲滅賛成、ゼレーニンは自分の歌の力でここの悪魔を押さえ込み突入を提案。
レッドスプライトのクルー達は主人公に一任と人任せ。
ええい、Lawルートだから、ゼレーニンに一曲頼む!

ゼレーニンの歌声に屈し、扉の封印が弱まり、解除。
その時、ゴア隊長の幻覚が。
ゴア隊長は一時期、記憶喪失?になっていましたが、現在の自分の状態を把握したらしい。
超進化形態『ユーバー・ゲシュタルト』とかいう者になったらしいです。
それでも意識はシュバルツバース調査隊長としてあるようです。
人類を救うために、このシュバルツバースの「母」を全員倒すようにと指示。
後はウロボロス、ティアマト以外のマーヤーとメムアレフを倒せば、人類は救われる?
ゴア隊長から通信が入り、マーヤーの居場所を特定。
また、ワープ床に踊らされています。
しかも出てくる悪魔が全部恐い!

ついでに、ピクシーの依頼のオベロンとティターニアをナンパ中。
く、全然振り向いてくれないよ。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター