セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

テイルズ オブ ヴェスペリア プレイ日記16

昨日拍手&コメントをお寄せ下さった方
ありがとうございます。
・・・押し間違えているかもしれない。
雑魚戦で練習したときは2回出せたのですが、以降のボス戦では出せていません。
慌てて十字キーが斜め方向右寄りになっているのかも。
とりあえず落ち着くところから?


さて、実はプレイが忙しくて、書く方が追い付いていない状況です。
なので、記憶違いで話が前後してしまうかも。
えっと、どこからだっけ。

カプア・ノールに戻って宿屋泊まると、イベント続きです。
アスピオの大地が浮上したのです。
デュークは一体何をしたのか?

町を出ようとすると、ソディアとウィチルがフレンの危機を知らせに来ました。
避難民を保護している最中、魔物の群れに包囲されてしまったのです。
急ぎ助けに向かいます。
上空から見ても、大変な魔物の群れ。
あれをどうしたらいいのか。
ユーリはリタが星喰みに対抗する武器として準備した明星壱号(命名はカロル。彼のセンスは・・・)を使い消滅させることを提案。
試験も兼ねて使ってみようと言うことで、とりあえずフレンの元へ。
魔物と対峙しているフレンの隣まで行き、事情説明。
群れの真ん中で力を解放するので、群れの中を突破する必要が。
仲間達の援護で、ユーリとフレンとラピードが群れに真ん中に向かって突進です。
次から次に襲いかかる魔物の群れ。
弱いけど毒攻撃がつらい。
回復したら、ポイズンチェックとポイズンチャームが1個ずつあったので、装備し直し。
フレンはまた逃げられたら困るので、彼にはつけなかった。
かなりの数を倒したら、やっと明星壱号解放イベント。
これにより魔物の群れは見事消滅しました。
素朴な疑問。
なんで魔物だけ死ぬの?
なんで人間は無事なの?
細かいことは考えるまい。

さて、落ち着いたところで、フレンに近況の説明。
星喰みを消すためには精霊の力が必要で、その為には世界中の魔導器の魔核全てを使う必要がある。
それを帝国とギルドの面々に話したいので、ヨーデル殿下のお出ましを頼みます。
ギルドへはユーリ達が連絡。
ノードポリカのナッツにも連絡をすませ、避難民のキャンプ地に戻ります。

キャンプ地がこんな短い間に町になっている!
帝国、ギルド代表に事情を話すと、彼らは魔導器が無くなった後の世界で、どのように魔物に対抗するかなど議論を開始しました。
後のことは彼らに任せ、そっと小屋を出て行くユーリ。
そんな彼にフレンは話がしたいと、町の外に出ることを誘います。
この度のことでは表に立つ自分ばかりが賞賛を浴び、実際の行動をしているユーリが認められていない。
「それでいいのか」と不満げなフレンですが、ユーリは気にも止めていません。
「でも!」と色々言いたいけれど上手く言えないフレンと「漢は黙って剣で語る」イベント。
!!!
あれよ、あれよという間に負けちゃったよ!
ゲームオーバー?
ではありませんでした。良かった。
二人で語り合い、町に戻って一夜明けると、出発です。
ギルド「凛々の明星」が、改良した明星弐号を持って星喰みに向かい、帝国とギルドの技術者達が地上の魔導器をネットワークで結び精霊化の準備をすることに。
ユーリの見送りをしていたフレンに、ソディアがユーリ達と行くことを薦めます。
おお、ついに彼女も一皮剥けた?
フレンも部下のことを信頼し、この結界の無い町を預けていくことにしました。
ふう、やっとフレンが正式加入ですよ。
出たり入ったり激しいのだから。
あ、装備剥いじゃおう。
む、自分戦用装備じゃないか!

格好良く町を出て行きましたが、ラストダンジョンには向かわず、各町を回ってサブイベントをやっていました。
が、昨夕コンプリートガイドを買ってきて、パラパラ見ていたら、一度ラストダンジョンのボス戦手前まで行った方が良い、ということが分かったので、お昼から突入してきます。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター