セーブしますか?

別名「主婦ゲーマーのゲーム日記 MC2」。 世間に隠したゲーム好きな気持ちを爆発させています

Entries

VP-咎を背負う者- プレイ日記1

3ヶ月ちかく積んでいます、やっとプレイ開始です。
でも、TOWRM2が届いたら止めるかもしれないけど。

では、プレイの様子など。

OPムービーが綺麗です。
公式サイトで見てはいたけど、感動。
ちょっと音が良くないのが気に掛かりますが、DSだからこんなもの?

Prologue
主人公ウィルフレドが傭兵として勤めているオルーウェン要塞に魔物が攻めてきます。
この要塞で、バトルの基本を教えてくれます。
戦闘はいつもと違いS・RPGで、マス目移動。
戦闘が開始するといつものヴァルキリープロファイル。
戦闘時までに敵を攻撃できる範囲にいる仲間全員が攻撃に参加し、キャラと対応するボタンを押して、攻撃。
連携してHIT100を越えると決め技を使えるのも同じ。

1戦目は幼なじみのアンセルと同じ傭兵のグェンダル、ヒューゴーの4人で。
最後にイベント。
倒した魔物にアンセルが近付くと、起き上がって再び攻撃をしてきました。
アンセルを庇い攻撃を受けるウィルフレド。
薄れ行く意識の中、不思議な声を聞くのでした。
目を覚ますと、さっきの声は??とあまり覚えていない様子。

2戦目はアンセルと2人だけ。
ここでは「敵を挟んで攻撃するとおまけがあるよ。」と教えて貰えます。

3戦目
強力な魔物2匹に狙われます。
その時「何故、羽を使わない!」という声が頭に響きます。
そう、この前死にかかった時に、戦乙女への復讐心でいっぱいになっていたウィルフレドと契約した冥界の女王の声。
女神の羽を使えば、必ず戦いに勝利できる。
ただし、その力の源は仲間の命。
仲間の命を奪う度に、その羽は黒くなっていき、真っ黒になった暁には咎人の剣となり、戦乙女を討ち果たすことが出来る!
使わないと多分、話が進まないので、さっさと羽を使用しました。
するとアンセルは即死はせずに、能力アップ!
ついでにバトル音楽が普通の時と違って「Confidence in the domination」になりましたよ!
ちょっと!これは燃える!!
戦いが終わるとアンセルが死亡。
仲間が駆けつけ、慰めの言葉をかけられると「自分のせいじゃない!」と叫んでウィルフレドは要塞を去るのでした。

そんなウィルフレドの元に1人の女がやって来ました。
名はエリス。
冥界の女王ヘルの僕だそうです。
羽は1年以内に黒く染め上げなければ力を失うので、その手伝いをしてくれるそうです。
まずはその咎の元になる仲間を集めることとアドバイス。
仲間を集めるのが恐いじゃないの。


Chapter1 焦がれたもの
アヤタラの森
たまたま通りかかったウィルフレドを追っ手と勘違いし弓を向けてきた少女シェリファ。
誤解は解けるもののすっかり巻き込まれ、追っ手と戦うことになりました。

今回からはカルマの目標値が設定されるようになりました。
要はオーバーアタックを頑張ればいいと。
あとは羽を使ってもカルマを稼げるそうです。

無事、街に着きシェリファから事情を聞きました。
アルトリア国の暗殺者だったそうですが、脱走してきたそうです。
2人連れの方があやしまれないからと同行を頼まれましたが、お断り。
しかし、エリスから「仲間にして命を捧げれば」と言われ、追いかけて同行を申し出ました。
ここまで書き忘れましたが、ウィルフレドが戦乙女を復習しようとした理由。
父がエインフェリアに選ばれ戦死。その為、家計は苦しく妹は病で死んでしまった。
ということらしいです。
私は逆に戦死してからエインフェリアになるものと思っていたよ。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ペンタ

Author:ペンタ
ゲームが大好きなおばちゃんです。
好きなジャンルはRPGです。(というか、アクションなど反射神経が必要な物は出来ない)
『主婦ゲーマーのゲーム日記』でゲーム話や読書の記録を更新中

最近の記事

Tree-Comment

つぶやき

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

カテゴリー名の後の()内はタグで分けられています

ブログ内検索

FC2カウンター