FC2ブログ
プリンセス クラウン プレイ日記13
ポートガス編
グラドリエル編以外は短いストーリーですが、一際短かったです。

魔女イライシャに仇であるデーモンの行方を問うポートガス。
しかし、魔女は魔界の者を占うことが出来ないと、彼の問いに答えられませんでした。
それを聞いて去っていこうとするポートガスに、竜ハインデルが3つの魔法石を集めており、それと引き替えに知りたいことを教えてくれる、という話を聞かせます。
ポートガスは、その1つ海の魔法石を手に入れる為に、キャプテンドレイクが遺した財宝を探すことにしました。

リィランド
酒場で、キャプテンドレイクのお宝の在処を示す海図を持っているので、探す為に船を出してくれる人募集中なお爺さんに出会います。
そこにいた船乗り達は誰も信じませんでしたが、ポートガスはお爺さんとともに財宝探しに向かうことしたのでした。

宝島の洞窟
宝がある島の海域は人が近づけないと噂される場所。
それは、近づくと幽霊船が現れるからでした。
ということで、海域近くでポルターガイストと戦闘。
初めての操作で、なかなか思ったように攻撃が当たらず苦労したというのに、連戦。
倒すと、近くの人形に乗り移って、再度バトル。
レベルは最初から20あるけど辛いよ!

慣れていないのに連戦のボス戦。
しかし、セーブポイントは当然無く、島に上陸。
魔物で危険だからとお爺さんと仲間を船に残し、先に露払いに向かいます。
宝島の洞窟の中には宿屋が有ります。
あれ?ここ人は近づけないのでは・・・。あ、ゴブリンだからいいのか。
お宝ルームに着いて、海の魔法石を見つけると、待ちきれなかった様子のお爺さんがやって来ました。
が、そのお爺さん、実は、ビックフックが化けた姿だったのです!
ビックフットの姿に戻り、海の魔法石を奪って去ろうとすると、キャプテンドレイクの幽霊が現れ、宝を奪おうとする二人に襲いかかってきます。
ビッグフットはポートガスのせいにして逃げやがりましたよ。
ビックフットは戦闘中、ユグドラシルの実を落としてくれるのが救い。
まったく、開始早々、ボス戦ばかりで辛い・・・。

倒してビックフットを追いかけようとしましたが、部屋の出口を塞がれています。
どうしたものかと考えていると成仏しそうなキャプテンドレイクが、力を使って外まで送ってくれました。
自分の船を呼んでいたビッグフットを船に乗って追いかけると、今度は盗賊→ビックフックとまだバトルが続くのでした。
倒して、海の魔法石を取り返しましたが、「お宝は?」と問いかける部下達に答えられないポートガス。
そこへドレイクの霊が「これがなければ海賊をやってられないだろう?」と金貨の雨を降らせてくれるのでした。

無事、海の魔法石を手に入れたポートガス。
ハインデルに会う為に、リィランド→カドゥパドゥ→ネルトへ向かいます。
カドゥパドゥ商人エリアで、商人さんがカバンを1000Gで売っていました。
開始早々、そんな大金持っているかい!
泣く泣く先に進みます。

神託の洞窟
海の魔法石を持参した為、すぐにハインデルはポートガスの質問に答えてくれました。
ポートガスの探すデーモン・シャドウは、結構すぐ近くにいましたよ。
ネルトとカドゥパドゥの間の魔の森の塔にいるそうです。

魔の森の塔
ここに行く前に、お金を稼いでカバンを買います。
ボス戦に備えて拾った魔法石を温存しまくって、既にパンパン状態。
拾いものができるように、2,3個の空きを作って行ったり来たり。
4個目のカバンを手に入れた所で、塔に乗り込みました。
真ん中辺りに宿屋があるのが救い。
そして、エンカウント率も低めで助かった。
ポートガスが一番操作しにくい気がするので。
頂上に着くとシャドウと会う前にイベント。
何故ポートガスがシャドウを仇と狙うのかが分かります。
若かりし頃の恋人が、こいつに魔石に変えられてしまったのですね。
回想が終わるとシャドウ登場。
む、こいつHPが多いぞ。
この時の為に温存していた魔法石、カバン2個分を次々にぶっ放し、凍結や石化したら通常攻撃をちょこっと、と言う具合に戦って、終了。
もう、このゲーム、私には魔法石ゲームです。アクションRPGではありません。
倒すと、シャドウの体内にあった魔法石が散らばり、その1つから恋人ファーラスの姿が浮かび上がりました。
これを持ってポートガスは海に帰っていきました。
おしまい。

4人の物語を終えると最後の物語が出現。
3つの魔法石を手元に集めたハインデル。
それを見つめ、己の運命を思います。
考え込んだ彼は、小さな女王にその決断を委ねることに。
夜眠るグラドリエルに呼びかけ、彼女を女神の神殿に連れて行きます。
そして、魔法石の由来-闇の神との争いで、女神は心を4つのドラゴンに分け与え、世界を見守っていると。
そして、3つの魔法石は、その竜達の死んだ姿であると。
ハインデル自身を倒すと彼は魔法石となり、4つの魔法石が揃うと女神の復活が叶うと言います。
ハインデルを倒すことにためらいを覚えるグラドリエルですが、ハインデル自身は覚悟を決めたようにグラドリエルに戦うことを促します。
グラドリエルの荷物はラストバトルの時のままですね。ツンドラの魔法石が2個残ってた!!!
あと聖なる魔法石が4個と回復アイテムどっさり。
これだけあれば、余程ダメージを受けない限り大丈夫!!
と挑みましたが、ツンドラの魔法石が無くなってからが、大変でした。
回復アイテムがあっても、妨害される!!!
何度か再プレイを覚悟しましたが、なんとか倒すことが出来ました。

4つの魔法石により女神は復活を遂げ、また平和な世界が訪れるのでした。
そして、エンディングが始まります。
それぞれのその後の姿が描かれます。
プロセルピナは相変わらず、エドワードは騎士に、ポートガスは国を出ることに(腐れ縁のビックフットも)。
そして、グラドリエルは、皆が寝静まった夜。
アーリアと共にプロセルピナがいたずらしていると思われる話のあった場所へ。


さすがに、アナログスティックが使えないくらい昔のゲームは辛かった。
画面の端になると、どうにもこうにもならないで、ボコボコにされることもありましたね。
あと、敵がアイテムを落としても、割と早くにゴブリンが持って行ってしまうのですよね。
アクション下手には魔法石という手助けアイテムがあるのは助かりましたよ。
なかったら、クリア出来なかったね、きっと。

ちょっとアクションゲームに疲れたので、しばらくはアクションはなしがいいな。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2014/06/23 22:21 】 | プリンセス クラウン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
プリンセス クラウン プレイ日記12
プロセルピナ編
魔女のお仕事はいたずらして世間の皆様を困らせること。
魔女のおばあさんから、プロセルピナの野望である大魔女になる手始めとして、まずは魔女になれるよう修行に出るように申し渡されました。
プロセルピナは、まずは手始めにナッツビルの人の姿を変えてやろうと、従者として与えられたゴブリンのガブリエルと共に意気揚々と出発です。

ゴブリンマーケット
カバンを売っているゴブリンがいます。
全財産の300Gを払い購入。
カバンが大きければ、拾ったアイテムをたくさん持ち歩けますからね。

ナッツビル~古びた小屋
子供達に「妖精と遊べるように翼をつけて魔法をかけてあげる」と騙して、夜に村の外に来るように指示。
そして、やってきた子供をアヒルとカエルに姿を変えてやりました。
一仕事の後、ゴブリンマーケットに飲み物を買いに。ゴブリンジュース26Gを買うお金は途中の戦闘で貯まっていました。
良かった。こんな端金で話を進められなかったらどうしようかと。
アジトにしている魔女の小屋に戻ると、グラドリエルが乗り込んできていました。
今度は立場を変えてバトルですが、これって負け戦闘?
まだ操作に慣れていないせいもあって??、非常に時間とエリクシルの実を使って勝利。
でも、最後に気を抜いて、不意打ちで負け。
仕方なく子供達を元に戻して、小屋を飛び出して行きます。

魔女の小屋
グラドリエルへの復讐を胸に魔女のおばあさんの所に戻ったプロセルピナ。
何か良い方法は無いかと相談します。
しばし考えた魔女は、魔法の薬で大人になって魔力を増やして、大きな魔法を使えばいいと提案。
「大人になって国中の人をカエルに変えてやる!」と意気込みますが、肝心の大人になる薬の素材は自力で集めて来ないといけないと言われて、げんなり。
ですが、グラドリエルの復讐の為、頑張ることに。

薬の素材集め
集める素材が多いので、早々にカバンを増やした方が良いと思い、まずは2個目のカバン500Gの為の資金集め。

魔女の小屋~ゴブリンマーケット
ひたすらここを往復。
ゴブリンが腕輪や宝石、マナのしずくを落とします。
宝石とマナのしずくはまずは星々の魔法石とバルカンの魔法石に。(ゴブリンが落としたのはルビーだと思う。エメラルドはカエルだったかも) 
カエルからはムシの粉も集められて一石二鳥。

ここで集めることが出来た物:ムシの粉×8、星々の魔法石、バルカンの魔法石、マナのしずく×5

ゴブリンマーケット~ カドゥパドゥ
500G貯まり、カバンが3こになったので、移動開始。次のカバンの為の700Gは、素材を集めているうちに貯まることに期待。
ドランゴラとどちらを先に行こうか悩みましたが、絶対ドランゴラではドラゴンと戦わないといけないと思い、先にこちらに。

途中で会ったドードーから葉のまるい草を手に入れましたが、 カドゥパドゥ商人エリアのおじさんが6Gで売ってくれるので、残りは買いました。
ここで集めることが出来た物:葉のまるい草×5

ゴブリンマーケット~ ドランゴラ
ミルクはローグローブにあるはずですが、そこまで行くのに、ドランゴラを経由していく方が良いのか、カドゥパドゥを経由していく方が良いのか。
とりあえずドランゴラに行ってみました。
途中の道のバーバリアンからアメジストをゲット。

ドランゴラでは村人の話を聞いて、村の外に出られるようにします。
外ではドラゴンと戦いピンチとなっている傭兵が。傭兵がかなりダメージを与えている為、これなら私でも、とドラゴンに向かうプロセルピナ。
なんかグラドリエルやエドワードよりプロセルピナの方が戦いやすい気がするぞ。
あまり苦労することなく撃破。
助けたお礼にドラゴンの肉を寄越すように要求します。
さすが魔女です。
イベントが終わって、もう1度話しかけると更にもう1個ゲット。
なんという容赦なさ!
村に引き返す途中で更にドラゴンとエンカウント。
しかし、先程あっさり勝ったのとは打って変わって大ピンチが訪れます。
マナのしずくを手に入れたら、使って納品に使おうと思っていた最初から持っているツンドラの魔法石を泣く泣く使用。
ドラゴンの肉が手に入ったから、良しとするよ。
一度村でセーブして、もう1度外へ。
ドラゴンが確かサファイアを落としたはずと、ドラゴン登場を期待します。
すぐに出て来たドラゴン、期待通り途中で落としてくれました。
そして、それを拾おうとすると、ドツボにはまって瀕死状態。
なんとか生き延びて、無事村に帰れました。
ここで集めることが出来た物:ドラゴンのにく×3、トールの魔法石、ツンドラの魔法石(マナのしずくは買いました)

ゴブリンマーケット~ カドゥパドゥ~ ローグローブ
上のアイテムを届けて、ゴブリンマーケットまで戻ってくる間にお金が貯まったので、カバンを購入。
そして、結局、このコースでローグローブへ。
グール怖いので、セメタリスを避けて行きましたよ。

カドゥパドゥ~ ローグローブの間でダイヤモンドを拾ったような?(メモ忘れた)
ローグローブの山羊の小屋の山羊はお留守。
妹が山羊を連れて行ったとか。村人と話して、迷いの森へ。
ケンタウロスがミルク、落とすのですよね・・・。
助ける必要なくない??
一応、最奥まで行って、妹を迷わせていたマイコニドと戦闘。
はっきり言って、ここまでの雑魚の方がずっと強いです。
あっさり倒すと、村に自動帰還。
お姉さんがいくらでも持って行って良いよと言ってくれますので、遠慮無く。

魔女の所に戻ってカバンの中を減らしたら、ゴブリンジュースを買って(1個は既にイベントで買ったのを納品済み)、戻りました。
ここで集めることが出来た物:しぼりたてミルク×5、、聖なる魔法石(マナのしずくは購入)、ゴブリンジュース×8

ゴブリンマーケット~ ドランゴラ~セメタリス~パンプキンハウス~封印のほこら

セメタリスの中ではやっぱり出たよグール。
しかし、このグールがオニキスを落としてくれるのです。

パンプキンハウスで精花草の種の話が聞けます。店主のハロウィンが持っているらしいですが、肝心のハロウィンはいません。
封印のほこらに行くと、ハロウィンは今まさに死者の王のお食事となるところでした。
死者の王と話を付け、彼が満腹になるように食べ物を運ぶことになりました。
おべんとパンは、既に持っていました。ドードーが落とした卵から作っていたのよ。
やきもろこし、これも途中でひろったトウモロコシを焼いていた。
エリクシルの実も拾ったのをもっていたので、3個はあっさり終了。
ここまで進めたので、まずは安心の為、セメタリスから旅の魔方陣でカドゥパドゥに行ってセーブ。

さかなは確かグールが持っていたはずとセメタリスに出入りして粘る。
さかなを手に入れる前に、生肉を手に入れましたよ。ラッキー。
何度目かの正直で手に入れて、焼きに戻ってからお届け。
死者の王を満足させたら、ハロウィンを解放してくれ、ハロウィンはプロセルピナが欲しがっていた精花草の種をプレゼントしてくれました。

ここで集めることが出来た物:ゴルゴンの魔法石、精花草の種

全てのアイテムをおばあさんに渡すと大人になる薬ができます。
早速飲むと、ぽんっとナイスバディの大人になりました。
よし、これなら勝てる!とグラドリエルを探しに向かい、見つけ勝負を挑むと(勿論、グラドリエルニはその姿を驚かれた)・・・薬の効果が切れ、元の姿に。
こうして、プロセルピナは大人になるまで、グラドリエルをやっつける為に大人になる方法を模索したそうです。
大人になったプロセルピナは大魔女となったそうです。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2014/06/21 22:42 】 | プリンセス クラウン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
プリンセス クラウン プレイ日記11
エドワード編
グラドリエル編に比べてずっと短いストーリーでしたよ。
彼がグラドリエル編で出て来た時の前後だけを追っています。

竜を探し求めて旅をしていたエドワード。
開始早々、アイスドラゴンとの戦闘。
レベルはいきなり15からです。
ドラゴンと戦うのは苦手だから、開始早々ゲームオーバーになるのではないかと心配しましたよ。
慎重に戦って、ちゃんとストーリーを進めることが出来ました。

父ゴルゴダが魔人となった理由を知る為にハインデルに会うと、太陽の魔法石と引き替えと言う回答。
それを持つブラックドラゴンを探しに行くエドワード。
カドゥ・パドゥの戦士エリアで聞いたブラックドラゴンの目撃情報を元にドランゴラを目指します。
エドワードの操作に慣れていなかった為(という言い訳)、セメタリスに行く途中のグールに負けてしまいましたよ・・・。
グール、手が長すぎ。

ドランゴラ
ドラゴンのいると思われる山の話を聞いたら、村の外へ。
そして、山道でグラドリエルと会うところですね。
グラドリエルを逃がして、ドラゴンと戦闘。
そうか、ドラゴン探しが目的なので、ボス戦がドラゴンになる率が高いのね。
ドラゴンは空を飛んで降りてきた時の風圧がやっかいです。
せっかく着地地点近くにいても遠ざかってしまう。
倒して ドランゴラに戻ってくると、ブラックドラゴンは今度はカドゥ・パドゥの方に向かったという目撃証言。

カドゥ・パドゥ
戦士長からティタニア湖のセイレーンの事件を聞かされ、解決に手を貸してくれるように依頼されます。
ティタニア湖まで行って、オンディーヌと出会い話を聞いていると、魔女に依頼されていた例の盗賊がやって来てます。
盗賊の呼びだしたタランチュラとバトル。
さすがに蜘蛛相手のバトルは慣れた。普通に戦って終了。

一度追い払って、その後にグラドリエル登場。
ここのイベントは前見たやつですね。
グラドリエルを見送った後、盗賊がドッペルゲンガーを連れてきて、グラドリエルの姿を取らせ、そのドッペルゲンガーにエドワードを騙させ、オンディーヌから引き離させます。
町近くまでおびき出された所で偽者と気づき、引き返えそうとしてドッペルゲンガーと戦闘。
倒した後、そのまま急いで戻ると今度は盗賊のバーバリアンと戦闘。
2連戦ですが、これはまだ可愛いもの、と後で思い知らされます。
事件解決を戦士長に報告して、次なるブラックドラゴン目撃情報を元に移動。

ネルト→いにしえの洞窟
今度こそブラックドラゴンのご登場です。
この時とばかり、温存していた魔法石を使い、勝利。
無事、太陽の魔法石を手に入れ、外に出ると、お城の方角から火の手が上がっているのが見え、急ぎ城下町へ向かうエドワード。
そして、その移動は勝手に進むのです。
セーブさせて!

ヴァレナディン城下町
町に人の姿はありません。当然、宿屋も道具屋もお留守ーーー(涙)
少女を助けて、デーモンと戦闘。
勿論、セーブポイントはまだ復活しない。

ヴァレナディン城入り口。
城を襲うデーモンと戦闘。
あと一息で倒せそうな所で、完全に嵌められてしまい、身動きが出来ない状態。
画面の端っこで戦ったら、危ないと分かっていたけれど、魔法石拾いたかったから、つい・・・。
すっかり本末転倒でゲームオーバー。
ブラックドラゴンからやり直しだよ!
2度目は慎重に、かつアイテム惜しみをせずにここまでクリア。
城内に入ると、またあったよ!ボス戦。
今度はゴーストでした。
ゴーストはポルターガイスト的な攻撃をするから嫌よ。回避ボタンを押すのを心がけ、頑張りました。
ええと、お父さんと再会イベントやらグラドリエル編でもみたお父さんの最期のイベントがありましたが、そんな事はもうどうでもいい気持ち。
早くセーブさせて!心を落ち着かせさせて!

父の居場所を聞くつもりでしたが、その父とは会うことが出来ました。
しかし、何故魔人となったのか、しかも魔人となっても女王を守ろうとしていた、また最期に自分に剣を遺そうとした、その理由が分からなかった為、これをハインデルに聞くことに。

神託の洞窟
太陽の魔法石と引き替えにゴルゴダの魔人化の真相を聞くことができました。
また、父が自分に託そうとした魔剣グレイブニルについて聞けました。
魔界への入り口にあるというその剣と、それが封じている魔界への入り口を開放する為に、その場に向かいます。

魔界
魔界への入り口があるアーソントゥラへは、オンディーヌの水がある所に自由に移動出来るという力で連れていって貰います。
オンディーヌの見送りを受け、魔界を目指します。
入り口ダンジョンを出て、魔界への扉の所で魔剣を手に入れ、悪魔ブラッディと戦闘。
その後、グラドリエルがやって来て一緒に魔王の塔に入ろうとすると、スカルグが現れるので、グラドリエルを先に行かせます。
ここはグラドリエル編にありましたね。
スカルグと戦っていると、魔王に何かあったらしくスカルグは離脱し、塔へ向かいました。
それを追いかけるエドワード。
頂上にいけば、既にグラドリエルがシドラエルを救出完了の状態。
2人とともに脱出していると、塔の外でスカルグに追いつかれ、戦闘。
ブラッディとの戦いの後、ちゃんと塔内でセーブできているので、安心して戦えますが、自力で通常攻撃で頑張っていたら全快されてしまいました。
ええい、ラストかどうかわからないけれど、景気よく魔法石使うよ!
持っている魔法石をどんどん使っていきます。HP回復を安心してできるように、ツンドラや石化の魔法はタイミングを見計らいながら温存気味に使用。
倒すとエドワード編は終了しました。

ボス戦が濃いけど、時間的には短いお話しでした。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2014/06/20 19:45 】 | プリンセス クラウン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
プリンセス クラウン プレイ日記10
グラドリエル編
魔王の塔
やっとこさっとこ最上階に到着。
最上階にいたのは魔王ヴォーグロドではなく、魔書ラルヴァ-実は光の神ガイアによって封印された闇の神ラルヴァ-に取り憑かれたリヨンでした。
闇の神の復活の為に画策するリヨンは、神の封印を解く為にグラドリエルの王冠を狙い、ネクロ・サマンサを差し向けてきます。
ネクロ・サマンサときたら、まあ、動きの活発なこと。
鈍くさい私には、とてもその動きを捉えて、攻撃なんてできません。
となれば、あれですね、あれ。魔法石。
このゲーム、後半になると魔法石がなければクリア出来る気がしませんよ。
倒すとヴァレナディン城へ自動で戻ります。
良かった、また歩かされなくて。

さて、もう1つの闇の神の封印を解く鍵となる王冠を持つヴォルガ国王に忠告に向かうことにしました。
しかし、グラドリエルの祖父ではあるのですが、父が出奔して婿に来たという事情の為、交流はなく、会うのが難しいらしいです。
それでもヴォルガへ向かうことにます。

ですが、その前に。
アーリアのドロップが全部揃っているかチェック。
するとあと1つ取れていないことが分かりました。
ということでサブイベント。
カドゥ・バドゥの戦士長と魔術師長のイベント。
戦士のダンジョンと魔術師のダンジョンに行って、仲直りさせたらユニットドロップが手に入ります。
ところで、キュアドロップの効果に今まで気付いたこと、ないのですけど。
戦うのに必死で気付かないのかしら。

ストーリーに戻って
リィランド
いつもの水夫さんにヴォルガへ送ってくれるようにお願い。
北方の海ではセイレーンの妨害で船が進めなくなるいらしく、躊躇っていましたが、頑張ってくれるようです。
「いいでしょう」という返事をくれました。
が、やっぱりセイレーンに襲われ先に進むことは困難となりリィランドに戻ることに。
船を下りて、町に戻っているとポートガスと再会。
「海賊である自分なら」と言う彼の船に乗せられ、再び海へ。
また船が襲われますが、海賊の皆さんが戦ってくれます。
グラドリエルの所にも1人現れるので戦闘。
魔法石を使わないで頑張ったら、すごく時間がかかってしまいましたよ。

サゴン
船が着くのはここ。王都はまだ先。
まずは安心の為に宿屋でセーブ。
じゃ、買い物、と思って外に出たら!
ネクロ・サマンサが再び登場。でも戦うのはカオティックアイ。
良かった、こいつなら一応は普通に攻撃を当てることが出来ないこともない。(物語も終わりだというのに、いまだ間合いを広く取りすぎて空振る)

ソード鉱山
ヴォルガ城目前の出口で、ネクロ・サマンサが待ち受けていました。
自力での攻撃は難しいのですが、あまり魔法石を持っていないので、自力で頑張りました。
お城でボス戦があると思うの。
が、回復アイテムをどんどん使ったことを考えると、やっぱり魔法石を使っていた方が良かったのかもしれない。
ボス戦があったら、足りないかも。
グラドリエルが魔の力に染まってきた、という意味深な言葉を残してお亡くなり。

ヴォルガ城
時既に遅く、リヨンは城に入り込み(正面入り口からとは礼儀正しい。空から飛び込んでいかないのね)、ジャディス王の冠を奪取。
それを見たグラドリエルは、魔の力によりリヨンを追い払うことに成功。
そして、気を失ってしまったグラドリエルは夢の中で魔のグラドリエルと戦う事態に。
魔のグラドリエルは自分の回りに魔法石がたくさん。
攻撃を当てると魔法石を落とすので、物理→魔法石→物理を繰り返して撃破。
倒すと、グラドリエルはこの魔の姿に変身できるようになりますが、使えるのが実はほんの一時。
だって、ボス戦前に王冠を奪われてしまうので、変身できなくなるのよ。

残念ながら、ヴォルガの王冠は奪われてしまいました。また、祖父として話してくれる様子もないので、帰国。
最後の酒場のイベントをすませてから、帰りました。
(サバンの旅の魔方陣はこのタイミングで使えないのだけれど、いつ使うというのだろう?)

ヴァレナディン城
ポートガスとエドワードがグラドリエルを守る為に駆けつけてくれました。
もしかして、プロセルピナも来てくれるかと思ったけれど、それは無かった。

騎士団やポートガス、エドワードを押さえてグラドリエルの元へやってきた、リヨンと戦います。
リヨンは、消えては移動して現れ、を繰り返すので、攻撃を当てるのも四苦八苦。
剣はほとんど当てられなかったですね。
仕方が無いので魔法石を使用(絶対魔王戦があると思って温存したかった。しかし、そこそこの数は落としてくれたので圧程度の手持ちを残して使いました。じゃないと死ぬ。)。
ですが、魔法も攻撃が届く瞬間に移動されることも。
リヨンを倒すこと、死ぬ前に彼の意識を取り戻すことには成功しましたが、その前に王冠は奪われ、封印は解けてしまいました。

異空間へのゲートに飛び込み、最後のラルヴァ戦へ。
ただし、セーブも買い物も出来ません。
ラルヴァは四つの手と頭からなりますが、下にある手にしか物理攻撃を当てることが出来ません、私には。(ごく希に頭への攻撃に成功していました)
右手→左手までは物理で攻撃、手が上に行ってしまったら魔法石。
このコンボで乗り切ろうとしましたが、最後魔法石が尽きましたね。
回復アイテムより、魔法石を優先して持ってくれば良かった。
なんとか倒すと、変形などと言う恐ろしいこともなく無事エンディングへ。

こうして闇の神を退けたグラドリエルは、母に負けない立派な女王様になりました。
おしまい。


いやあ、後半はアクションがきつくて魔法石ゲーに成り果ててしまいましたよ。
残りのキャラ、無事にクリア出来るといいのだけど。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2014/06/18 15:19 】 | プリンセス クラウン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
プリンセス クラウン プレイ日記9
グラドリエル編、夕べ終わりましたけれど、書く方がさっぱり追いつきませんでしたよ。

グラドリエル編
ヴァレナディン城(過去)
母エルファーラン女王達が魔王と戦っていた時代に飛ばされたグラドリエル。
魔物が城に進入したのを知り、急ぎ城に向かいます。
お城に入った時に見られるイベントでエドワードの父ゴルゴダが魔人になったいきさつが見られます。
これ、ある意味、クエインが原因じゃないの。
クエインは以前、「自分のせいで」と言っていたけれど、これをもっと世間(せめて騎士団内ぐらい)に言っておくべきだろう!
エドワードが気の毒じゃん!

そのゴルゴダが魔人と化して、エルファーランに襲いかかる所にちょうど遭遇。
あわやのところを止めて、グラドリエルがゴルゴダと戦闘。
そして、こおn戦闘の後は、デーモンのブラッディと戦闘。
そんなにボス戦が続くって聞いてないよ!!!
とハラハラな展開。そして、そのハラハラは一イベントの後に続くのでした・・・。
前回最後からしばらくの間、セーブポイントの間隔が長いのとボス戦が続くのが辛すぎる。

さて、戦いの後、エルファーランの窮地を救い、国を守ったということで、「勇者」の称号を貰ったグラドリエル。
彼女はそのお礼として時空の魔法石を譲って貰い、元の時代のエドワードが死ぬ前に戻るのでした。

そして、戻った先は!
エドワードが死ぬ直前と言うことは、当たり前だが、彼を殺したブラッディと今度はグラドリエルが戦うということだ!!!
魔法石がないので、泣きたかった。
四苦八苦して倒しても、まだセーブポイントたる宿屋は遠い。
エドワードと共に、魔王の塔へ向かいます。

魔王の塔
塔に入る前に、デーモン・スカルグが現れますが、「父の敵だから、ここは任せろ」というエドワードが言うので、姉を助けるべく塔の中へ。
広いー、長いー。
宿屋の場所を求めて、真面目にマップを回りました。
一体どういう配分なんだ、この置き方。
5階と7階にありました。
5階はわざわざ寄り道して、7階は本道の途中に。
まあ、雑魚も強いので2ヶ所あるのは心強いのですが、これだったら入り口付近と(魔界入り口でのボス戦後)とこの魔王の塔のボス戦前に置いて欲しかった。
最上階では、シドラエルが魔王ヴォーグロドに従い、彼の封印を解く呪文を唱えていました。
そこへ飛び込んで来たグラドリエル。
ヴォーグロドとバトルです。
雑魚戦で拾った魔法石を出来るだけ使わないで、やって来たので、最初は順調。
尽きたら・・・まあ、あれです。
攻撃当たらない(涙)、防御できない(汗)、回避なにそれ(冷や汗)、回復アイテムが落とされた!(死ぬー死ぬーーーー)
一番酷い時はHPが二桁になりましたよ。
が、どうにか生き残ってクリア。

姉を連れて外に出て、船の所まで急ぎます。
あれ?エドワードはどこ?いいの?また死んだらどうするの?
船に乗り込む前に「エドワード様・・・」なんて言っていますが、船、出ちゃったよ!

そのまま城まで戻るイベント。
お城では魔王とともにいたシドラエルから、魔王の話を聞きました。
どうやら彼も人から魔王に変えられてしまった気の毒な人だったようです。
最近、人の心を取り戻しつつあって、シドラエルはどうやら、彼に心惹かれるものがあった様子。

そして、そのまま、グリフォン襲撃までノンストップ(と言うかノーセーブポイント)で続きます。
やーめーてーーーー。

魔王を倒したはずですが、未だ魔物が襲ってくるということは、まだ魔王は健在なのか。
確認の為、再び魔王の塔を訪れることにしたグラドリエル。

遠い、遠いよ、魔王の塔。
城→城下町→リィランド→アーソントゥラ→魔界の入り口→魔王の塔ですよ!
そりゃ、魔王の塔と城が近かったら、しょっちゅう襲われてしまうかもしれないけれど!

書くのに疲れたので、ここで切ります。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2014/06/16 15:37 】 | プリンセス クラウン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ