FC2ブログ
幻想水滸伝 ティアクライス プレイ日記15
最後の書を手に入れるため、サイナスの隣に現れたサイナスに似た街へ。
しかし、一なる王は自分の結界を壊す手段になるかも知れないものを、よく放置しているなあ。
と思ったら、一応ボス戦がありました。
攻撃力は高いですが、主人公が諸刃の尖角を、クロデギルドが真・隼を使えば結構楽勝。
手に入れた12番目の書、その書が見せた元の世界の様子はいつもの戦いの様子だけとは違って、他の世界への宿星達への遺言が入っていました。
それは、マナリル達が予想したのに、「12の書を使えば、一なる王に勝てる。」というもの。
この書の世界の宿星は、それを知ったけれども間に合わなかった、とも。
本拠地に書を持ち帰り、皆に報告すると、これで勝機が見えたと、皆、やる気満々。
ホツバには他の世界の一なる王と戦う者たちにも伝えてくれと頼み、こちらは最終決戦の準備。
準備を済ませ、イベントを進めると最終決戦前夜ということで、場内風景にムービー。
こういう所が、時紡より幻水らしさを感じます。
もちろん、乗り込む前の挨拶イベントもあり。

しるべの塔の結界を解くために、各部隊1冊の本を持って出陣。
12部隊作るのかと思いきや、ここは完全にイベントだけです。
主人公部隊は作らされたけど、1度も戦闘無し。
無事結界を解いて、サイナスの街へ。
ここで数人の住民とすれ違いましたが、以前のように見咎められることもなく不思議に思う主人公。
どうやら住民達は自分にとって幸せな1日を見続け、それと無関係な人間は眼に写らなくなっているようです。
(でも、そんな世界では流通はどうなっているのだろう?ご飯食べなくて大丈夫?)

広場ではモアナが待っていて、パーティー編成を変更できるようにしてくれます。
やっぱりラストバトルは○倍攻撃スキルを持っているキャラが良いよな-、とクロデギルド、ジェイルを入れ、あとは回復、補助魔法でリウを選択しました。

しるべの塔
入って早々、ベルフレイドと出会います。
彼は他の人とは違って、主人公に気付き、話しかけてきました。
そして、主人公にもベルフレイドが繰り返す1日を見る事が出来ました。
彼の1日は、世界で最初の融合が起こった時に亡くした妻子と過ごすありふれた1日。
その1日を無くそうという主人公達に襲い掛かってきます。
「ラスボスではないにせよ、それに次ぐキャラだから」と心して戦った割には、そんなに大したことはありませんでした。
しかも同型の敵が、しるべの塔内に雑魚として出てきたよ。
あ、この辺りの雑魚は堅い割には経験値が少ない。
面倒なので、ほとんど逃げました。

今回のしるべの塔は最後だけあってだだっ広い。
「逃げる」の失敗も結構あって、戦闘画面が長く感じて苛々。
もう、敵は細かく動かなくて良いよ!

ダンジョンの中程で、セーブポイント。
そして、その部屋には何故か約束の石版が。
ただ、その石版には天魁星以外の宿星の場所が黒く焼け焦げていました。
これは・・・。ある可能性を思いついた主人公。

セーブポイントがあったので、次の部屋でボス戦かな?と思い、HPを全快させておきましたが、予想は外れ。
ただの中間地点でした・・・。
でも、きっとラスボス戦前にはあるはず!と思って、HPを気にせず突き進んでいったら、リウがHP二桁のままラストバトル会場に入ってしまったらしく、イベント開始。
なんてこった!

一なる王と対峙すると、別世界でもまさに一なる王と戦おうとしている、アトリ、異世界のマリカの声が聞こえます。
彼らも12の書を集めることに間に合ったのです。
こっちも負けてはいられない!
12の書の力で、今度は一なる王への攻撃が可能です。
ラスボスはお約束の複数形態。
第1形態は通常攻撃しかしてこないので楽勝です。
一応、天蓋・魔蓋を使っておきました。
この戦闘では、経験値が入り、全員がレベルアップして、全快。

第2形態になると、途端に攻撃力が上がります。
天蓋・魔蓋を使う前に、250近くのダメージを受けるよ!
HP的にリウが一番心配。
○倍ダメージを景気よく使って、さっさと終わるに限る。
無事、倒して3形態。
ここでは経験値が入らないので、MPが減ったまま。
今まで全く使わなかったMP回復アイテムを惜しげもなく使っていきます。
(使った事が無かったから、どの程度回復するか分からず、ちょっと無駄なターンを費やしてしまったわ。最後なんだから景気よく一番良い物から使えばいいのに、ついケチってしまう)
第3形態では、強力な全体攻撃が加わって、ちょっとドキドキモード。
次の単体攻撃がリウに来たら、まずいよ、状態です。
運良く、リウに来る事はなかったので、良かったけど。
リウがHP回復、ジェイルが合間にMP回復をやって、無事撃破完了。

ここで、一なる王が自らの正体を告白。
途中の約束の石版から予想されたように、彼は元は別の世界の天魁星。
彼は一なる王との戦いで、「宿星の命を束ねてぶつけることを選び、その後、新たな一なる王になってしまった」と。
この連鎖を止めたことを主人公に感謝して消えていきました。
(では、最初の一なる王はなんだったんだ??という疑問が出るのだけど、これに関してはさっぱり)

そして、エンディング。
本拠地にも戻ってきた、主人公達。
主人公は「人には必要ないから」と、ゼノアに真正なる一書を誰の手の届かない場所へ捨てて欲しいと託し、その力を使う事を放棄。
ゼノアはそれを愉快そうに聞いていました。(結局、彼女は何者なのかわかりませんでしたね。シリーズになれば、ジーンやゼラセのようにして出てきそうだけど)
また、一なる王が消えたため、回廊は使えなくなり、異世界との繋がりは断ち切れてしまいました。
ただ、最後に奇跡的に1度だけ繋がり、アトリと再会を果たします。
互いに未来を手に入れたことを喜び合いますが、もうこの後は会えなくなると、アトリは残念そう。
しかし、主人公はいつものごとく、「未来は決まっていない」。
また会える日が来る事を信じて、お別れです。

あとは、いつも通りのお約束の、その後の宿星達のエピソードが流れていきます。
一なる王を倒しても、主人公達はそのまま城に残り、団として活動を続けていました。
他国の人々は帰っていき、自国の立て直し。
サイナスの復興の手助けに行った人たちも。

ということで、ティアクライス、108星EDで終了しました。
うん、こっちの方が「時紡」よりも幻想水滸伝をやっている気分になれましたね。
なんで、これのシリーズで続けなかったのだろう。
機種が違うからかしら?
(まあ、キン○ダムハー○なんて、そりゃもう、あっちこっちの機種で時系列無視でシリーズ出しまくっているから、追いかけるの大変で、3DSのはスルーしたし、そういう人もそこそこいるだろうけど。)
でも、「こういう話なら、据え置き機でじっくりやりたかった」が最大の気持ちです。
いつか、本編、出るのでしょうかねえ。
ハルモニア編、見たかった・・・・。

テーマ:幻想水滸伝シリーズ - ジャンル:ゲーム

【2012/04/20 10:41 】 | 幻想水滸伝 ティアクライス | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
幻想水滸伝 ティアクライス プレイ日記14
ラロヘンガの調査
新しく現れた世界に急ぎ向かったものの、既にベルフレイドが来ており書は既に奴の手に。
ベルフレイドは、ここで自分の目論見-真正なる一書に書かれた5回の世界融合の前に、12回の世界融合を起こせれば、この世界は一なる王の世界となり、消滅の恐れがなくなる-を語り、この世界の為に、自分に抗う事を止めないかと言い出しますが、全てが決まった世界なんてまっぴらごめんな主人公は拒否。
ベルフレイドに向かって行きますが、この度もイベント戦闘で、逃げられました。
しかし、多いな、イベント戦闘。
最初のダメージ値で、すぐにイベント戦かそうではないかわかるから、無駄に行動しなくてすむけどさ。

もはや降臨まで猶予もなくなってきたこの時、アトリが会いきました。
彼の世界でも、いよいよ最終決戦が迫っているようです。
最終手段-宿星達の命をぶつける-は、取らないつもり、というアトリに、お互い一なる王を倒したら、また合おうと約束しました。
帰る前のアトリのお話が、主人公の出自に関係ありそうですね。
しかし、だとしたら、偶然にも過ぎる気が。(ゲームではこの程度の偶然はたいしたことないか)

さて、もはや猶予はならないとサイナスへ突入。
街の人々はすっかり協会の僕となり、主人公達こそ間違い、悪とばかりに向かってきます。
いくら協会に協力的とはいえ、一般人。
手を出すわけにもいかずおろおろしている所に、魔物の姿が。
街の人々は、一なる王の御使いと、むしろ崇めていますよ。

まずは、この魔物との戦闘。
次にはグレイリッジの支部長だったおっさんが、変身して「肉天使」マクートとなって襲ってきます。
名前が本当にお気の毒・・・・。

しるべの塔では、アスアド隊、クロデキルド隊、ダイアウルフ隊が固定ボス戦+エレベーターのスイッチ操作をし
つつ、先に進みます。
(後で攻略サイトを見たら、アスアドとダイアウルフは負け戦闘にした方が宝箱的にお得だったらしい・・・)
しるべの塔最上階でベルフレイドといよいよ戦い。
このゲームの3頭身キャラの戦闘突入画面。
だいぶ見慣れたけれど、こう深刻なときにはやっぱり微妙だよ。
ベルフレイドの頭でっかちさに笑いがこみ上げてくる。
そんな笑いが出てくるベルフレイドですが、攻撃は強力です。
全体回復を使えるディアドラを入れておいて良かった。
(主人公も使えるけれど、攻撃させておきたいものね)
しかし、ベルフレイドを倒しても時既に遅し。
12回目の融合が起き、ついに一なる王がこの場に降臨。
しかし、王自身は何もしてきませんよ。
じっと居るだけ。
もちろん、主人公は見た早々に向かって行きますが。
しかし、攻撃しても全くダメージを与えられません。
でも、諦めない、絶対なんとかする。
そんな気持ちに答えるかのように書が光り、力が与えられました。
すると、ほんのわずかですが、ダメージが与えられるように。(たった1ですけどね)
ですが、そんな攻撃ではどうにもならず、戦っているうちに、一なる王の持つ真正なる一書が輝いて・・・・。

目を開くと、何故か主人公はシトロ村に。
しかも、日付は自分の誕生日の前日。
広場には村人だけではなく死んだはずのディルクもいます。
皆に見送られ、リウ、マリカ、ジェイルと見回りに行って、翌日目を覚ますと、再び、誕生日前日に。
そして、翌日も。
えええ、どうやったら先に進むの!
マリカや、ディルクとの会話の選択肢をあれこれ、やりまくった結果、全部下側を選んだら先に進めました。
同じ日々が続くなか、おかしいと思い、村を出てなんとなく足を向けたのは本拠地。
本拠地に入った途端、記憶を取り戻した主人公。
すぐにリウ達もやって来て、彼らも同じように思ってここにやって来たことを告げます。
城に入ってみると、誰もいません。
他の仲間達もどこかで同じ日々を過ごしているのか。
城で待っていると、仲間たちも同じように感じたと、続々と帰ってきました。

皆の話をまとめると、一なる王の世界とは、同じ日を何度も何度も繰り返す、つまり協会が言うように先がわかる日を繰り返す単調な世界のようです。
確かに不幸にはならないけれど、未来の無い世界。
こんな世界に納得できない主人公は一なる王を倒すことを改めて皆に表明。
さて、その手段はどうするかと言う選択肢が出てきますが、ここは当然、宿星の命を使う方法はパス。
何か手段は無いものかと思っているとムバルとマナリルが、主人公が一なる王と戦っているときに、主人公が持って行っていなかったここにある分の本も光っていたという話をします。
光った後、多少なりともダメージを与えられたという事は、単純に書が足りなかったせいでは?全ての書が揃えば戦えるのでは?
と言うのが2人の見解。
一なる王を呼ぶのに12冊の書が必要だった事を考えると12冊の本を揃えて挑むというのは有りそうな話。
最後の1冊を探しに行ってみますよ。
(一なる王は書の回収をする気はないのかね)

テーマ:幻想水滸伝シリーズ - ジャンル:ゲーム

【2012/04/16 09:18 】 | 幻想水滸伝 ティアクライス | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
幻想水滸伝 ティアクライス プレイ日記13
フォートアーク
新たに仲間になったリジッドフォーク族の強力な攻撃と、ポーパス族が使える水の魔法で、砂の魔物を何とかして、この砦を落とし、ソフィアを助けるます。

部隊は3つ。
強制メンバーに数人ずつリジッドフォーク族とポーパス族が入ってますが、フリーの枠もあります。
まあ、無難にこれらの一族のキャラを埋めておきます。
ネイラ+ニムニ隊、ヴァズロフ+レスノウ隊で前哨戦をやって、主人公隊で移動。
あ、主人公隊にはソフィアを助けたいという、あまり役に立ってくれなさそうなノーヴァが強制メンバーです。
まあ、役立たずが1人いた所で、さして問題もなく戦闘は終了。
ソフィアは一応、姿は戻ったけれど、力の暴走は続きます。
しかし、そこはお約束。
父ノーヴァの捨て身の覚悟で無事、暴走が止まり、気を失った彼女を連れて本拠地へ帰還です。

意識と記憶を取り戻したソフィアから、これまで分からなかった事情があれこれと分かりました。
この世界の書である「真正なる一書」には、世界の融合は5回行われると書かれている。
で、その通りに融合が起こると一なる王が降臨し世界は消滅すると。
しかし、ベルフレイドは何らかの目的のために儀式と称して、他の融合も引き起こしているようです。

そんな話をしている所に、「大変だ-」の声。
忍び込んできたディルクがリウを捕らえて、主人公に一騎打ちを申し込んできます。
了承する主人公。
幻想水滸伝の一騎打ちといえば、あれだ。
ほら、あの画面ね。(説明の手間を省く人)
あれではないとは、これいかに!!!
いつもの戦闘画面じゃないの。つまらん。
おかげで余裕の勝利よ。
ああ、一応、ディルクがリウから奪ったスクライブの書で、主人公の星の印が使えなくなるという盛り上がりイベントはあったのだけどね。
主人公は「自分がしたいから、協会と戦うんだ!」と力強く答え、ディルクを下すと、その時。
本拠地全体が光に包まれ始めました。
これは!書の力で、ベルフレイドがこの場所に融合を起こそうとしているのです。
慌てて皆で逃げようとしても、外には出られず、トビラも使えないし、ディアドラの力も使えない。
わあーー、なんてこった!
名案が浮かばない、仲間達および主人公。
負けたまま居たディルクが、「まだ融合に使われてない書の力を使えば、世界の融合を別の位置にすることが出来る」と言いだし、ディルクは自分が持っていたスクライブの書と自身に埋められたフューリーロアの書の力(どうもクーガの思いも含んでいるようですよ)で、融合の場所を本拠地から逸らす事に成功。
しかし、ディルクは瀕死。
でも、それはディルク自身も覚悟してのこと、どうやらこうなることを予想して本拠地に乗り込んできたようです。
ディルクは「主人公や村の弟分、妹分が、星を宿す者になってしまった義務感で戦っているのではなく、自分たちの意志で世界を守ろうと思い戦っている事を知れてよかった」と言い残し、消え去ってしまいました。

そんなディルクの最後に、村の仲間は涙。
しかし、嘆いている暇はありません。
新たに融合した世界の書を早々に回収し、ベルフレイドの手に渡らないようにしないといけません。

テーマ:幻想水滸伝シリーズ - ジャンル:ゲーム

【2012/04/13 14:52 】 | 幻想水滸伝 ティアクライス | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
幻想水滸伝 ティアクライス プレイ日記12
フォートアーク
サイナスの陥落だけでなく、書を埋め込まれてしまった実の娘のソフィアを助けたいと、ノーヴァが強制加入。
まだ、仲間じゃないから装備が変えられない。大丈夫かな。

さて、フォートアークでまず待ち受けていたのはヴァズロフとレスノウ。
今度はしっかり戦えますよ。
どっちが弱いのか分からないので、とりあえずレスノウから倒してみる。
どちらも攻撃力が高いです。(お約束の仲間になるとレベルダウンだな)
倒した後に、2人と話してみると、どうやら彼らも消えた歴史を覚えているよう。
そこで、書に触れて貰うと、案の定、星を宿す者でした。
協会の非道な行いを思い出した2人は、主人公達に力を貸すと申し出てくれました。

この後、出口まで進むと、ソフィアを発見。
彼女は、書の力で、他の司書達のように砂の魔物の姿になってしまいました。
戻すために、戦おうとしても、彼女が呼び出す砂の魔物達や自身にも攻撃がまるっきり効かず、仕方がなく撤退。
砂の姿の彼女と魔物を倒すためには、リジットフォーク族ほどの強力な力が必要だと判明。
ヴァズロフの口利きで、リジットフォーク族に力を貸してくれるように説得してみることになりました。

やー、久しぶりに長いダンジョンでしたよ。
まずは砂漠に入って、来たから出てスヴァトゴル山に向かいます。
ここはすぐなんですが。
スヴァトゴル山のマップの長い事。
しかも隠し通路もあるよ!
宝箱が見えているから、もう何が何でも行くね。
しかし、分かりにくい隠し通路が一つ。
見えない部分の途中で脇道があるらしいのですが、方向キーをあれこれ弄ってもなかなか見つからない。
しかも、エンカウント率は高い、逃げるのも失敗ばかり。
これで宝箱の中身が薬とかだったら怒るよ!!
何往復目かでやっと、脇道を見つけ、無事宝箱に到着。(ちゃんと装備でした)
これで心置きなく、この山を出られる。
ほんのちょっと1本道RPGの良さを理解して、ルギエニクに向かいました。

ルギエニク
説得役のヴァズロフが長老に彼が知った真実を話をしますが、全く信じてもらえないばかりか、裏切り者呼ばわり。
仕方がないので、リジットフォーク族の祖神様にお告げをいただくと言い出します。
しかし、このお告げ、もう長い事無いのだとか。
長老は「無いのは一族が正しい道を歩んでいるから」と言うのですが、ヴァズロフはそれでも聞きに行くと言います。
祖神を奉る祭壇に向かうと神官にも信じてもらえませんでしたが、それを押しのけ祭壇に行けば、主人公がゼノアから持って行けと言われた書が光り、祭壇から祖神オルドヴォーグが出現。
声だけでなく、ご本人の登場ですよ。
オルドヴォーグは、かつて彼の世界で一なる王と戦った星を宿す者であったこと。
この世界に来た後、協会に書を奪われたため、その時を共にしていたはずの長老はすっかり記憶がなっていること。
その一族の敵である相手を奉じる相手に従うとは何事!!!
と言うと、もう皆「は、はあ」と従うばかり。
無事、協力してもらえることになりました。

テーマ:幻想水滸伝シリーズ - ジャンル:ゲーム

【2012/04/11 20:46 】 | 幻想水滸伝 ティアクライス | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
幻想水滸伝 ティアクライス プレイ日記11
新たに別世界からやってきた砂漠にも、その世界の書があるはず。
協会が手に入れられ、再び利用されるのを防ぐため、こちらもさっさと行動開始。
自在にトビラを扱えるディアドラに対抗できるようにホツバが、書を探すためにルオ・タウが強制加入。
最後の1人は、適当にレベルが低い人を入れて、砂漠からエル・カーラル跡地に向かいました。
が、そこに現れたディアドラから既に書は協会の手に落ちたことを告げられ、彼女と戦う事に。
ディアドラ戦
おまけの獣が2体います。
意外に低レベルキャラが死ぬことなく生き残っていましたが(後衛に置いておいた)、最後の最後で即死魔法?を受けて、経験値を貰い損ないました。無念。
傷ついて倒れたディアドラをから何か聞き出せないから、と本拠地まで連れ帰りました。

本拠地で治療を受けたディアドラ。
それが、自分に恨みを持っていてもおかしくない帝国出身の医師ザフラーのものと知り、最近のベルフレイドに不信感を持ち始めていた彼女は、彼女の持つ書について話し始めました。

この世界に融合されている場所は、星を宿す者達が一なる王との戦いに敗れ、終焉を迎えた世界の一部である事。
そして、彼女自身も、その融合された土地とともにこの世界に来た、別世界での星を宿す者であった事を話し出しました。
元・星を宿す者であったはずの彼女が、一なる王を呼ぼうとするベルフレイドに協力したのは、「どんなに抗っても、結局、書に書いてあるままに世界が終焉を迎えてしまう。だとしたら、戦いは無意味。」と考えていたからだと。
「それでも、書には、皆の思いが残ってる。」と言う主人公の言葉に、ディアドラは心が動いた様子です。

そんな時に、またタイミング良くやってくるアトリ。
アトリの世界では、一なる王に敗れ、次々と減っていく世界の様子に、「星を宿す者の命を一つに束ねてぶつければ、一なる王を倒せるかもしれない」と、もはや刺し違えしかないのではという流れになっているとか。
それに納得がいかない主人公の言葉を聞いて、アトリも安易にその道を選ばない事を約束してお別れ。

そうやって、アトリと話している間に、ディアドラは主人公達を手助けする事を決意。
一度訪れたところに自由にトビラを開く、という彼女の力を利用し、協会の本部へ書を奪還しにいくことになりました。

しるべの塔
ディアドラがメンバーです。おお、武器が書になっている。
が、戦闘は無し。
乗り込んで探し回る前に、ベルフレイドがソフィアに書を取り込まようとして、それを止めようとして返り討ちにあったノーヴァを見つけ、ディアドラが彼を助けるために飛び出してしまい、書を探す前に撤退。
ノーヴァから実はソフィア彼の子供であるという身の上話を聞いて、書とソフィアを取り戻すことになりました。
もうディアドラの力は使えないので、もうサイナスを落とすしかありません。
そこで、まずはフォートアークへ。

テーマ:幻想水滸伝シリーズ - ジャンル:ゲーム

【2012/04/09 13:08 】 | 幻想水滸伝 ティアクライス | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ