FC2ブログ
ラジアント・ヒストリア プレイ日記13
ラスボス戦の前にサブイベントの回収を。
正伝6章で刻印『スカラで待つ者』の後にシグナスに戻っていなかったので、そこでのイベントを回収をすっかり忘れていました。
あとはバトル付きの『次なる強敵』→『勝利者への道』とその流れの『剣士のスカウト』と報告忘れの『傭兵のスカウト』。

そして、一番最後まで残ったは『時を刻む剣』。
攻略サイトによれば、ラスボスより強い敵が出るとか。
でもお薦めパーティーならレベル60以下でも倒せるというので、挑戦してみました。
お薦めメンバーのストックのレベルは58,アトは55,エルーカは47です。
装備やアクセサリーは魔防が上がるものとステータス異常耐性がつくように空のしずくを選びました。

VS マスターの隠れ家
1戦目。
ええと、どこが隠れ家なんでしょう?
どう見てもクモなんですけど。
1回目はやたらと麻痺になってしまったのでリセット。
2回目はエルーカがよく死んだので、リセット。
3回目は麻痺になったり、死んだりしましたが、これまでよりマシなので続けました。
アトのトラップが使えないので、ダメージを与えるのはストックとエルーカの仕事。
でも、タイミング的にエルーカがアイテムで回復することが多かったです。
やっと倒して、これからが本番。
連戦です。
VS マスター・ヴァンクール × 4
4人もいるのがとにかく辛い。
一応、敵のメイン攻撃はパワーダウン。
しかし、4人とも素早しし、そこそこの頻度で現れる通常攻撃とマジックスペルが侮れない。
エルーカなんて2発当たったら死ぬよ!
あと、睡眠攻撃も回復のタイミングを逃すことになるので辛いです。
攻撃はアトの「○星陣」→ストックの○アサルトのみ。
が、なかなかアサルトまで持ち込めない。
とにかく回復が忙しい。
で、攻略サイトでエルーカがお薦めになっている理由は、攻撃2回無効化の「ディバインライト」があるから。
エルーカはとにかくせっせと自分→アト→ストックでかけていく。
たまに睡眠にかかって、使えないと苦しい。
運が悪いとエルーカを起こす→死ぬを繰り返すことも。
そして、エルーカの前に自分達が死にそうになったりも。
そんな時は景気よく守護の種Sを使用。
これで生き残る。
かなりの時間を掛けて1人目を倒す。
が、1人減ったくらいでは大して楽になりません。
2人になったら、やっと余裕が出て来ます。
1人になったらもうこちらの物。
勝利は目前。
はあああ。やっと勝ったぞ!
1時間ぐらい戦っていた気がする。

これでやっとラストバトルへ行けますよ。

正伝最終章 エルンスト
刻印で一気にラスボス部屋手前に。
ラスボスのハイスもストックを愛していた(ネタバレになるから2人の真実の関係は書かない)からこその行動なんですよね。
ラスボスはRPGのお約束の連戦ですよ。

VS 黒示録&シャドウ
シャドウは通常攻撃、アイテム、スキルを封印してきますよ。
かかるのは1人だけなのが救いですが、全員が何かしら封印されてしまうことも。
あ、メンバーはストック、アト、マルコです。
マルコは回復出来、前後左右に移動させることができるので外せない。
黒示録は単体ではダメージを与えることが出来ません。
シャドウを同じグリッドに飛ばして攻撃していきます。
シャドウは黒示録が倒れるまで何度でも呼んでくれます。

VS アポクリファ
ラスボスはでかいのお約束。
1段階目は大人しく上と同じ封印技を。
2段階目はステータス異常攻撃をやってくるので、アトにポラリスを使わせました。
HP0にする前に次の段階へ。
3段階目
グラウンドゼロが脅威。
アイテムを惜しみなく使う!
前段階で減らされたマナバーストは溜まったキャラから使っていく。
パーティー内でチェンジも使い(アトやマルコの複数回物理攻撃を先に使わせコンボ数を稼ぐ)、ここで一気に大ダメージを狙います。
おお、久しぶりにマーベラスを見た気がする。
3人ともタイミングがちょっとずつ違ったので、これを3度やったらちょうど撃破完了。

エンディングへと。
やっぱりストックは・・・と思ったら、最後の最後でほお。
とりあえず今回の儀式は成立し、時間を稼ぐことは出来ましたが、根本的なところが解決していないので、まだまだこれからという感じ。
でもサブイベントの結果の幾つかのお陰で、いずれ真の救いの道が現れるのでは?という雰囲気でした。


終盤のストーリーの先が気になってくるところから、ダンジョンが厳しくなるから進みたくても進めなくてざんねんでしたが、やっとEDを見られて満足。
しかし、携帯ゲーム機でありながらラスボス戦~ED終了まで1時間近くというのはどうなんでしょう?
あ、もっとレベルを上げろってこと?


さあ、これでマイソロ3が心置きなく出来ますよ!

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2011/02/15 11:09 】 | ラジアント・ヒストリア | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ラジアント・ヒストリア プレイ日記12
異伝第6章 愚行
アリステル
魔剣ヒストリカを持って、刻印「魔人」に戻ってきて、「剣を抜く」を選ぶと再びヒューゴ戦
VS 信仰者ヒューゴ
なんで!
1回目ではあんなに弱弱だったのに、今回は強いのよ。
しかもアリステル上級兵2体の援軍を呼びます。
この上級兵を放っておくと、上級兵もまた援軍を呼びます。
1度目はヒューゴ狙いでやっていたら、とんでもないことになってしまいました。
リセットして、2度目はちゃんと先に上級兵を片付けました。
ヒューゴの全体攻撃がちょっときつかったです。

ヒューゴが倒れたことで、争いは無くなりました。

異伝最終章 ハイス
しかし、真の黒幕ハイスはその望み-世界滅亡-の為、グランオルグ王宮の王族の間に忍び込み、操魔の力を押さえ込んでしまいます。
そして、ハイスはそこにやってきたストックに、帝国跡地に来いと告げ去って行きました。

帝国跡地
終盤になってダンジョンが出てくるようになりましたね。
今回も結構な長さ。
ボス戦も2回。1回目のVS シャドウ(獣)&シャドウ(石)×2はいきなりボス戦だったので(直前のセーブポイントなし)、ロッシュとレイニーので挑むことになってしまいましたよ。
トラップ最強なのに。

途中で出会ったハイスはストックに問いかけます。
「この世界は救うに値するのか」と。

最下層ではハイスから驚くべき事実を明かされました。
そして、自分と同じ境遇のストックに自分の味方になれと誘いをかけます。
が、ストックは断り、
VS 破導の者ハイス&シャドウ×2
シャドウが邪魔っ気なので、そちらから倒す。
ハイスもさっさと倒したいのですが、アイテムを盗めず、トラップに放り込めない。
盗むのが辛い1戦でした。

ハイスは、ならば儀式を行えないようにエルーカを殺す、と去って行きました。
普通のRPGなら、こういう儀式がなくせるように道を探す、という展開になるのでしょうが、ストックは今までのニエ達の大切な人を守る為にという思いに共感し、覚悟を決めてしまっていますよ。
少々納得がいかない。

さて、ハイスがエルーカを殺しに行ったので、ハイスが考える「ストックが初めてエルーカに会った場所」ではない所でエルーカに会っていないか考えます。
その地点まで戻って、エルーカを助けます。

刻印「アトのいのり」
アトがシャーマンとしての力を使ったのを、偶然通り過ぎ見たエルーカと出会った場所です。
しかし、この時点にハイスも。
VS 破導の者ハイス&シャドウ
ここのハイスはまた違う物を持っているのかな。
邪魔なシャドウを片付けて、せっせとスティール。
また盗めるまでにダメージが。

ここでエルーカを殺すことは出来ませんでしたが、儀式を止めさせる為に執念を燃やすハイス。
諦めずに更に時間移動。

正伝最終章 エルンスト
正伝と異伝の流れが頭の中でゴチャゴチャしてき始めましたよ。
王族の間奥の儀式の間に向かったハイスを追いかけます。
最深部手前で、RPGではよく見かけるパターン、最後の扉の封印を解く為の戦闘が4回。
1戦ごとセーブや回復が可能なので辛くないですよ。

VS 死神パロミデス&ピュアアイス×2
VS 武王ガーランド&サイレントソウル×2
VS モリビト
VS 双剣ビオラ&浮遊石×2&ノーブルフレイム×2
1度戦ったボス達が、黒示録の力を与えられた上で襲ってきます。
モリビトと石っぽいやつ以外はトラップ責めで余裕。

この後、エルーカが合流して(ディアスとセルバンはまだ生きて諦めていなかったけど、ハイスの単純な罠にかかってお亡くなりというイベントがありました。所詮3流の小物だったのか)、いよいよ最後の戦いです。

でも、その前に終わっていないサブイベントを回収してきます。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2011/02/14 16:35 】 | ラジアント・ヒストリア | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ラジアント・ヒストリア プレイ日記11
異伝第5章 試練
砂の砦
正伝でエーテリオンを入手して戻ってくると、イベントが変更。
ストックがエルーカにエーテリオンを差し出すと、「もしかしてあなたは操魔の力を持っている?」とストックが白示録を所持しているのではないかと、聞いて来ます。
「提供者から口止めされているだろうけど、こちらもある程度事情を知っている」というエルーカに真実を告げるストック。
その様子を見たアトが、二人の間に割って入ってきます。
アトもストックの何かを知っているようだけど、ずっと黙っているのですよね。
一体なんなんだろう?
エルーカの兄とストックが似ていることに何か関係があるのかな?

そんな3人の元に黒示録の所持者からの刺客が。

VS シャドウ(剣)&シャドウ(弓)&シャドウ(杖)
ちょうどマナブーストが溜まっていたので一気に使って連携を。
グリッド移動が出来るのがストックだけなのでちょっと不自由。

異伝第6章 愚行
エーテリオンを使う場所は王宮の地下。
砂の砦からグラン平原を経てグランオルグへ。

グランオルグ
地下水路から王宮、そして地下書庫へ
しかし、操魔を行う場所には既に敵の手が。

VS 重魔動兵甲式
ちょうど仕掛けていたトラップの上に浮遊石が現れて、出たと当時に消えたよ。
ラッキー。
のこり1個は放っておいて、ボスを狙います。
これもトラップでせっせとダメージ。
最後に浮遊石を倒して終了。
うーん、アトのトラップは強いなあ。
彼女の打たれ弱さだけが心配なところ。

ロッシュ達本隊との合流に街中を急いでいると逃げだそうとしているディアスと遭遇。
エルーカのせいで権力を失うことになってディアスは逆恨みで襲ってきます。
でも、戦うのは彼の手下。

VS ゴールド&サファイア&ディアス守護隊×2
ゴールドとサファイアは人ではなく獣ですよ。
獣まで配下にいるとは侮れないわね、ディアス。
後ろの守護隊二人は、ダメージを受けていない自分達をせっせと回復する不思議な動き。
獣は嫌いなの?
攻撃力的にやっかいな獣を順番に。
横に2グリッドのゴールド、縦に2グリッドのサファイアのせいで、トラップをしかけられる場所に限りがあって、アトを入れたのは失敗だったかも。

グランオルグ勢を片付いたら、今度はアリステルの方。
「ヒューゴの為ではなく、国民を納得させるために戦う」というビオラと対決。

VS 双剣ビオラ&ガード兵器×2
いつものトラップ作戦でやれば問題無し。
時折、攻撃無効の技を使って来るので無駄になってしまいましたが。

アリステル
諸悪の根源ヒューゴをなんとかしなければ話になりません。
特殊研究室から地下研究所へ。
地下研究所は一本道だけど長い。
地下10階でやっとヒューゴに会えますよ。
フェンネルの研究成果を利用して、操魔の力を手に入れたヒューゴは、ストックも力を受け取りともに世界の為に、などと言ってきます。
ここで「力を受け取る」「剣を抜く」の選択肢。
前者を選ぶと予想通りパラレルED。
わあ、こんな所まで戻されるの!面倒。
なんで選択直後に戻してくれないかなあ。
スキップしまくり、ここまで戻って「剣を抜く」。
すると
VS 信仰者ヒューゴ
力を手に入れた割りには弱いなあ、と思っていたら、復活。
操魔の力で怪我を負う前に戻ってしまう、ということらしいです。

近くで瀕死のフェンネルに問い詰めると、ヒューゴが使った魔剣の力さえあればなんとかなる、ということ。
その魔剣は、既に力を失い、側に落ちています。
この魔剣に力を戻す為に、時間移動。

刻印「新たな同盟先」からセレスティアへ。
そこでエルムに話しかけるとサブイベント「エルムの友」の続きが発生し、魔剣に力が戻ります。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2011/02/12 20:00 】 | ラジアント・ヒストリア | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ラジアント・ヒストリア プレイ日記10
異伝第4章 凶報
刻印「新たな同盟先」
獣印を手に入れてここに戻ってくると、「フォルガと組む」を選んだあとのガフカとのイベントに変更が。
これを持つのなら、説得も叶うだろうと、ガフカの案内でフォルガを目指します。

フォルガ
イトリア荒野から深淵の森を通り抜けフォルガへ。
族長の家に行き同盟を申し込みますが、これまでの経緯から簡単には「うん」と言って貰えません。
をいをい。獣印があれば信じてくれるのではなかったの!
彼らの信頼を手に入れるためにスカラに捕らわれているサテュロス族の人たちを助けることになりました。

異伝第5章 試練
スカラ
宿屋でロッシュが奪還の作戦を皆に伝えます。
ストック、マルコ、レイニーはその準備のために、兵隊から制服を強奪に。

VS アリステル中級兵×2&アリステル上級兵
まあ、これはいつも通りまとめて魔法をかける手順で楽勝。

ロッシュの作戦で、サテュロス族の人たちの解放に成功。ついでにアリステルの兵に制圧されていたスカラも解放されました。

このままイベントでフォルガまで戻り、同盟も成立。
砂の砦からグランオルグを目指します。

砂の砦
もはやアリステル兵ではないので、ここの人達も敵。
出口でボス戦。

VS 重魔動兵&カノン×2
カノンはストックのファイアであっさり壊れます。
あとはステータス異常攻撃を回復しつつ地道に攻撃。時折、大ダメージが来るからHPは高めに保ち、回復優先で戦いました。
戦闘後、イベント。
勝利に勢いづいて、先走った兵を「すぐに連れ戻そう」か「態勢を整えよう」の選択肢。
ここでは刻印が発生しなかったけど、前を選んで良かったのだろうか??
兵の近くまで行くと、アトが「これ以上追いかけてはダメ!」と言い出します。
ストックも何かイヤな感じを受け、皆に下がることを指示。
すると先の兵と敵兵が砂になってしまいました。
アリステルの兵器でマナを奪われたようです。

このままでは、この先に進めません。
どうしたものか。
これに対抗するにはグランオルグ王家に伝わる「エーテリオン」が必要だとか。
しかし、これは女王プロテアが持っており、どうにもなりません。
そんな中、アリステルから休戦の申し出。
「休戦を受け入れよう」にするとパラレルED。
「休戦は受け入れない」にしても手詰まり。
こちらで手に入らないのならあちらで、と歴史移動。

正伝第6章 革命
刻印「試練を越えて」
「プルート族を待つ」を選ぶと今度はともにグランオルグへ攻め込むイベント。
入口でどのように突破するか、相談していると中からレジスタンスの面々が開けてくれました。
砂の剣のイベントをやっていなかったら、止まってしまうところだった。
サブイベントもしっかり終わらせつつ、ストーリーを進めないといけないわね。
王宮の謁見の間に行きプロテアに退位を迫るエルーカ。
現れたディアスもあっさりプロテアを見捨て、去って行きました。
それでも親衛隊の皆さんはプロテアに従い襲ってきました。
VS プロテア親衛隊(青)&プロテア親衛隊(赤)&グラン重装甲兵×2
親衛隊が地味に強く(体力的に)、時間がかかりましたよ。
女王を追い払って、エルーカが新たな女王となりました。
そして、ストックにエーテリオンが必要な気がすると、渡してくれました。

止まっている異伝に戻ります。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2011/02/11 18:40 】 | ラジアント・ヒストリア | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ラジアント・ヒストリア プレイ日記9
マイソロ3が発送されたから怒濤のように進めるよ。
あ、連動サイトが、傭兵登録をしないと見られなくなっている!
今日は結果が見られないわ。

正伝第5章 勝利
イトリア荒野
バリスタを倒しつつ、ディアスが居る所へ向かいます。
ディアスとまずは論戦。
結局はこうなる訳ですが。
VS 死神パロミデス&ガードナー
おまけ?のガードナーが鬱陶しい。カースや回復のグリッドを作ってきます。
パロミデスはグリッド2つ分の大きさだから、移動させても回復グリッドから追い出せない。
数回失敗して、学んだのはガードナーを倒すまでパロミデスに手出しをしない方がお得ということ。
パロミデスの攻撃はダメージが大きいので、パワーレイズの後は防御に徹する。
あとは地道に攻撃して、アイテムをつぎ込んで勝ちました。
後で攻略サイトを見たらもっと簡単に倒せたらしいですよ。

シグナス
ディアスに勝利しましたが、グランオルグが脅威なのは変わらない。
ストックは女王の暗殺を提案し、実行に向かいますが、エルーカの先を見据えた意見を聞き、彼女のブルート族と同盟を結ぶという意見に従うことに。

正伝第6章 革命
スカラ
ブルート族のベルガに会い、同盟の意志を伝えるエルーカ。
しかし、彼ら一族の多くは人間不信。
そんな彼らに認められるように、試練を受けることになりました。

試練を受ける前に、街で砂の剣を手に入れたので、関連イベントをすませました。
珍しくそこそこの長さのあるイベントで、時間がかかりましたよ。

深淵の森
イトリア荒野を通り抜け森へ。
1度通ってしまえさえすれば、ワールドマップでスカラまで戻れるので、入る前に1度宿屋へ。

ウォルフ遺跡
初めてダンジョンっぽいところに来ましたよ。
が、方向音痴の私でも遭難しないぐらいのレベルです。
マップは狭いので、敵を避けることはあまり出来ません。
素直に当たっておく。
MP回復アイテムは山ほど持って歩くことにしておいてよかった。
奥で試練の前に、黒示録の持ち主と関わりのありそうな敵が登場。
VS シャドウ
毒耐性のアクセサリーを付けていても毒状態になるのね。うん、確かに無効ではないからな。
炎に弱かったので、ストックとレイニーの炎攻撃でさくっと倒す。

そのまま奥の像を調べると、今度こそ試練です。
あ、さっきの戦闘の後セーブしていないよ!
VS モリビト
溜めていたマナバーストを全員分一気に使用して、1回目のコンボで半分近くのダメージを与えました。
後は地道に。
試練を終えると獣印を入手。
これでブルート族に協力を求められます。

ベルガに話しかけると、選択肢。
「ブルート族を待つ」か「自分たちが先行する」か。
多分、後ろがパラレルと予想して、選ぶとその通り。
ヒストリアに戻されてしまいます。

そのついでに、止まってしまった異伝に戻りますよ。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2011/02/10 10:05 】 | ラジアント・ヒストリア | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ